貯金を増やすためのムダ削減について

家計を助ける主婦が採用したマニフェスト~ムダ削減~

家計簿をつけて節約できるところは徹底的に節約するというのはよく分かりましたが、意外な盲点があるのをご存知でしたか?節約可能なのに節約していない点、それを以下に列挙いたしますが、その点を見直せばさらに貯金を増やすことが可能ですよ。

このムダを削減しよう!

徹底的にムダを削減すべき以下の点に留意して下さい。

◆家賃
賃貸住宅に住んでいるなら家賃を見直しましょう。住み始めた時の相場の値段で賃貸を始めたとしても、今は相場が変動しているかもしれませんし、さらに良い物件があるかもしれません。引っ越しはかなり面倒でお金もかかります。しかし、長い目で見ると結局はプラスになることがありますから、家賃の見直しは必須です。

現在8万円の賃貸住宅に住んでいるとしましょう。しかし6万5千円の物件がみつかり、敷金1か月礼金1か月、引越し代金15万円だとすると、引越しの初期費用は28万かかることになります。しかし、家賃が毎月-1万5千円ですから、1年7か月(-28万5千円)で元が取れる計算になりますね。

◆保険契約
生命保険やその他医療保険も見直してみましょう。契約時は何かキャンペーンがあって、それをきっかけに契約したということが往々にしてありますが、キャンペーン特典を除けばそれほどお得ではないということがよくあります。さらにお得な保険はないかどうか、必要な保証を維持しつつも節約の観点からもう一度考慮してみるのがポイントです。

◆通信費
今では家族各人が1台の携帯を保有することが当たり前になりましたが、家族で同じ通信会社に加入すればかなりお得になるプランがあります。家族の同意の下、通信プランを見直すことが節約になります。

また、インターネットは如何ですか?例えば、1台新しいパソコンを購入予定なら、同時にプロパイダーに加入すればパソコン代無料というキャンペーンが常時実施されています。現在のプロバイダーを解約しても違約金が発生しないなら、ひとまず解約。その後新しいパソコンを購入しあらためてプロバイダーに加入することで、大きな節約になります。

その他、様々な面で節約は可能ですから、まずは契約関係を見直してみましょう。必ず無駄があるはずですよ。

貯金が増えてきたらどうする?

以上の方法でムダを削減すれば、貯金額もかなり増えるはずです。そしたら、その貯金はどうしましょうか?銀行の普通預金で眠らしておいてはいけません、それこそ「ムダ」です。当分利用予定がないなら、数年の定期預金で運用すれば、さらに資産を増やすことができます。

定期預金にはいろいろな種類がありますから、自分のニーズや好みに応じて選択し、賢く資産運用しましょう。
(⇒いろいろある定期預金の種類、あなたのお好みは?

このエントリーをはてなブックマークに追加