貯金のための銀行口座利用法

銀行口座を使いこなせ!銀行口座の使い方で貯金額が変わる!?

銀行口座には幾つも種類があるのはご存知かもしれませんが、それら口座を使い分けるのは貯金のキーポイントです。どの口座をどのように利用すれば良いのかセオリーをご紹介しますので、参考にされて下さい。

普通預金・定期預金・貯蓄預金

銀行の主な口座に、普通預金定期預金、貯蓄預金の3種類が存在しますが、この3つの口座を上手に使いこなすのが貯蓄の第一歩となります。

普通預金と定期預金については以前もご紹介しましたが、普通預金口座は基本的にお金の出し入れが自由、その分金利は低く設定されています。それとは対照的なのが定期預金口座で、預入期間・預入額が契約時に決められ、契約期間中は原則中途解約不可となります。その分金利は高く設定されています。

貯蓄預金口座は、お金の出し入れは基本的に自由ですが、口座内残高の下限が設定されており、その条件を満たすと普通預金より高めの金利で利息を受け取ることができます。文字通り貯蓄用として利用するのに便利な口座となっています。

どうやって使いこなす?

普通預金口座は、給料振込用口座とし、公共料金や電話料金、クレジットカードなどで利用する口座振替用として併用可能です。定期預金は、余裕資金を運用するのに利用するのがセオリーですが、預入期間中は引出しができません。期間中利用予定のないお金を定期預金口座に入れることにしましょう。

そして貯蓄口座ですが、毎月一定額を普通預金口座から貯蓄預金口座に移し、少しずつ貯金していくのが非常に効果的です。口座を分けるとお金が増えていくのが見て取れるので、貯金に対する認識が高まります。また、うっかり使ってしまったりすることも避けられますから、貯金は貯蓄預金口座に毎月振り返るのが貯金のポイントです。

ペイオフのことも考えよう

普通預金・定期預金・貯蓄預金すべての口座が同じ銀行だと、お金の移動などがとても便利です。しかし、一つ注意点ですが、3つの銀行口座の合計額が1000万円を超えていると、万が一の場合名寄せの対象となります。

3口座合計額が1000万円を超えてしまうなら、定期預金または貯蓄預金口座を別の銀行の口座で運用することにしましょう。そうすれば万が一銀行が破綻したとしても、ペイオフの対象外になることはありません。

以上のように銀行口座を使いこなし、コツコツと貯金をしていくことにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加