貯金をするための秘訣家計簿について

貯金するにはコツがいる!主婦が肝に銘じる貯金のコツとは

なんとか節約して貯金をしたいと頑張る主婦のみなさん、貯金するのにどんなコツがありますか?え?何もない?「なんとなく貯金しようと頑張っている」ですって?それじゃ貯まるお金もなかなか貯まらないですよ。貯金にはコツがあるのです。では、今回は主婦のための貯金のコツをご紹介しましょう。

貯金したいなら家計簿をつけよう

毎月の収入と支出をしっかり管理すること、これが貯金の第一歩です。そのためにできることは、「家計簿をつける」ことです。家計簿をつけることによって、毎月どれだけお金が入ってきてどれだけ出ていくのか、つまり家庭の中でのお金の流れをはっきり把握できます。家計簿をつける習慣を身につけましょう。

家計簿をつけるメリットとは

家計簿をつける大きなメリットは、お金の流れを管理できて予算を立てやすくなる点です。食費、公共料金、娯楽費、医療費、通信費、学費などなど、そして大切な貯金額を月の初めに事細かに設定、あとは1か月間その予算に従ってやりくりするので、無駄な出費を極力抑えることができます。

また、家計簿をつけていないと財布の中にお金があるかないか、銀行口座にお金はあるかないかで自分の資産を量ってしまうのですが、家計簿をつけていれば家族としていくらお金を持っているかきちんと把握できますし、現金だけでなくクレジットカード利用料もわかるので、総支出を管理できるメリットがあるのです。

貯金するために家計簿をつけることが如何に重要か、お分かりいただけたと思います。

注意点

家計簿を毎月つけるという心掛けは素晴らしいのですが、家計簿をつける目的を見失ってはいけません。家計簿をつけることが目的なのではなく、お金の流れを把握し、無駄や改善点があれば改善し、増やせるなら貯金額を増やす。これが最大の目的です。

貯金をして何かを購入する又は必要なものを手に入れる、この最大の目的を達成するための家計簿だということを肝に銘じて、家計のやりくりをがんばりましょう!
(⇒旦那の収入は問題ない!貯金のコツはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加