主婦が上手に貯金ができる秘訣について

主婦に捧げる貯金術、貯めたいならこうやって貯金しよう

『生きるのにはお金がかかる・・・』

主婦の方からこんなつぶやきが漏れてくるのは、私の周りだけではないはず。ほとんど増えることもない旦那様の収入の範囲で上手にやりくりをしなければならないのですが、毎月決まった支出があり、時には予定外の出費も。そうなると今度は「今月も貯金ができないなぁ」という声が聞こえてきます。

しかし、貯金ってそんなに難しいものなのでしょうか?実はそんなに難しいものではなく、ちょっとだけコツを覚えれば、旦那様の収入が増えなくても貯金は可能です。どんな方法で貯金分を捻出できるのか、一緒に見ていきましょう。

目標を立てよう

貯金をしたいなあ・・・という漠然とした気持ちだけではお金はなかなか貯まりません。明確な目標を持つことが貯金の大切なキーポイントとなります。

【いつまでに、何のためにお金を貯めるのか】

これを明確にして下さい。マイホームの購入、子供の教育費、子供の大学進学日、老後のため・・・等々、目標となるものは何でもOKです。ポイントは貯金の目的を明確にすることです。

いくら貯める?

いつまでに何のためにお金を貯めるのか決まったら、つぎは「どのようにお金を貯めるのか」、その具体策を考えましょう。月1万円貯金のために取り分けるとしたら、その1万円をどのように管理しますか?そのまま普通預金口座に入れておくのか、それとも定期預金で運用するのか、または貯蓄預金口座をあらたに開設し、その口座に定期的に振り込むのか。

方法はいくらでもありますが、ポイントは、貯金の目的に一番合っている管理方法を採用することです。それによって、資産を上手に管理・運用することができるのです。定期預金で運用しながら貯金するなら、預入期間と銀行の選択が肝心です。銀行が異なれば金利も多少違いますし、預入期間によっても金利は変わります。

単利運用か複利運用の選択でも収益は異なりますし、自動解約と自動継続の選択も必ずしなければなりません。そうした運用方法によって貯金額も変わってくるでしょう。いずれにしろ、お金の貯め方、言い換えるならお金の運用方法が非常に重要なのです。

主婦の方の節約術は見上げたものですが、貯金術もしっかり身につけることにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加