定期預金

定期預金とは志向の違う積極的投資法、FXとはどんな投資法?

リスクの観点から言うと、定期預金は最大級と言って良いほどローリスクで安全投資ですが、投資法は定期預金がすべてではありません。その他に数えきれないほどの投資法が存在し、自分の投資目的、自分のニーズや好みに応じて選択しなければなりません。

ここで紹介したいのは、FXこと外国為替証拠金取引です。定期預金とは志向が全く異なる投資法で、言うなれば積極的な投資法であると言えるでしょう。では、FXがどんな投資法なのか、その概要をご紹介したいと思います。

FXとは

FXは外国為替証拠金取引のことで、差金決済取引の一種です。外貨の現物を実際に売買するわけでなく、買値と売値の差額で差益を決定します。

最大の醍醐味は?と聞かれれば、大部分の方はレバレッジと言うかもしれません。レバレッジとは‘てこの原理’のことで、FX取引においては少額の証拠金を担保として多額の外貨取引を可能にします。日本国内において、個人が取引できる最大レバレッジは25倍と規制されています。

簡単に言えば、アメリカドル100万円分の取引をしたい時、4万円の証拠金をFX業者に預ければ100万円分のアメリカドルの取引ができる、これがレバレッジの仕組みです(レバレッジ25倍のケース)。少額投資ということで人気を集めています。

レバレッジはコントロール可能

レバレッジは選択性です。1倍で取引もできますし、10倍、20倍のレバレッジでも取引はできます。25倍のレバレッジで固定しているFX業者は少なくありませんが、FX口座内金額を多くすればするほど「実効レバレッジ」が低くなり、実質低レバレッジでの取引可能となります。

リスクを抑えて取引したいなら、低いレバレッジで取引することや口座内金額を多くすること、また取引通貨数を少なめにすることによってコントロール可能です。

スワップ金利でコツコツ稼ぐこともできる!

各国の金利が異なることから、FX取引のように2か国の通貨を取引することによって「スワップ金利」が生じます。取引する通貨によってスワップ金利は大分変りますが、基本的に毎日○○円という形で金利が付与されます。ですから、ポジションを保有する限り(金利の高い通貨を保有する時に限る)、毎日スワップ金利を受取ることができます。

FX口座内資金を多めにして急な相場変動にも対応できるようにコントロールし、余裕ある取引をすることによってコツコツとスワップ金利を稼いでいくことができるというわけです。

リスクは如何に?

100歩譲ってもローリスクとは言えないFX取引です。リターンは高いですがリスクも高い取引となりますので、未経験者が練習なしでの取引をすることは絶対避けなければなりません。リスクを取って積極的に高リターンを狙っていく投資法となります。

以上、FX取引の概要をお伝えいたしましたが、どんな印象ですか?FX投資のメリットとデメリットについては次の記事をご覧くださいね。
(⇒FX投資のメリットとデメリットを徹底検証

貪欲に利益を狙っていけ!高金利の定期預金で賢く資産運用

日本には地銀を入れると数えきれないほどの銀行があるわけですが、それら銀行を隈なくチェックしていると、意外にもユニークな定期預金があるのです。あなたの家の近くの銀行も、何らかの面白い定期預金を取り扱っているかも・・・!?ここでは、よく見かけるユニークな定期預金商品をご紹介します。

子供がいる人必見!

子供がいる人限定の定期預金を取り扱っている銀行がありますが、子供の人数に応じて金利がアップしていくというユニークな定期預金もあります。たいていの場合、預入期間は1年、最低預金額は10万円となっていますが、複利運用が可能なケースもあり、意外にもお得な定期預金となっています。

保険証や住民票などで子供がいることや子供の年齢確認が求められますので、銀行の商品に応じて必要な書類を準備して定期預金を始めましょう。

誕生日が近い人必見!

ある地方銀行では、誕生日を満期とするスペシャル定期預金を取り扱っています。定期預金を始めてから初回満期日(誕生日)を迎えると、その後は元本と利息を合わせての自動継続となります。複利運用ではありませんが、複利運用と同じ効果のある自動継続定期預金ですね。
(⇒複利運用と同じ効果が?自動継続にご注目!

銀行にもよりますが、誕生日ごとに店頭表示金利に0.1%を上乗せした金利での定期預金となりますから、1年定期預金の金利が0.025%ほど(2012年1月現在)ですから、0.1%上乗せってけっこう大きいと思います。100万円を1年間預けて250円の利息が貰えるところ、0.1%上乗せは+1000円ということです。

注意点!

ただし、これら地方銀行のユニーク定期預金のほとんどは、窓口のみ対応となっており、ネットを通じての利用は不可となっています。一番近い銀行に行っても、1年後に貰える利息より交通費の方が高いのでは全く意味がありません。

肝心なのは、家の近くの銀行で取り扱っているお得な定期預金を探すこと、またはネットバンクが提供するお得な金利の定期預金を始めること。これが重要ポイントとなりますので、お忘れなく。

他の銀行とは一味違う、日本が誇るゆうちょ銀行の定期預金とは

今ではゆうちょ銀行という名前ですが、ゆうちょ銀行の歴史は明治時代から始まっており、日本が誇る老舗の銀行と言えるでしょう。詳細は以前の記事をご覧くださいね。
(⇒貯金、預金と日本の歴史の関わりについて

ここでは、ゆうちょ銀行が取扱う定期預金の中から、代表的な商品をご紹介したいと思います。

定期貯金

預入金額:1000円以上1000円単位
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
利息:預入期間3年未満は単利運用、3年以上は複利運用で計算
満期時の取扱:自動解約、元利自動継続または元金自動継続の中から選択

こうしてみると、他行と条件はほぼ同じ、あえて言うならば、預入金額が1000円単位である点に相違が見られますね。

自動積立定期貯金

通常貯金(一般の銀行の普通預金口座にあたる)から自動で毎月積み立てる定期預金、それが「自動積立定期貯金」です。詳細は以下の通りです。

預入金額:1000円以上1000円単位
積立金額:1000円以上/回(1000円単位)
積立期間:最初の積立日から6年以内
利息:預入期間が3年未満のものは単利、3年以上の場合は半年複利で計算

毎月少しずつ貯金したい方、貯金して且つ運用したい方には向いている商品です。

まだまだある他の定期預金商品

上では2種類の定期預金をご紹介しましたが、他にもまだまだ商品はあります。例えば・・・

◆担保定期貯金
◆満期一括受取型定期貯金
◆ゆうちょ年金定期
◆ニュー福祉定期貯金

などなど種類は豊富です。それぞれの定期預金商品をよく調べ、自分のニーズや今後のフィナンシャル・プランに合った商品で貯蓄・運用することにしましょう。

ゆうちょ銀行は、国のバックアップがあると思うだけで安心の銀行・・・と感じる方もいるでしょう。しかし、今後はさらに民営化が進んでいくかもしれません。どの銀行で定期預金するにしろ、金利を含む様々な角度で銀行を調査・比較し、最善と思われる銀行で定期預金を始めれば、納得の資産運用となるでしょう。
(⇒金利がお得なのは、間違いなくネットバンク!

ただ定期預金するのってつまらない・・・じゃあこんな運用はいかが?

『特典付き』『おまけ付』

こんな言葉に意外と弱い方は少なくないようですが、実は定期預金にも意外な特典、おまけ付の商品があるのをご存知でしたか?特典付の定期預金をオススメするサイトではありませんが、こんな商品もあるのか・・・という観点で参考程度に知って頂ければと思います。

特典付定期預金とは

地方銀行でよく見かけるのが「懸賞付き定期預金」です。必ずお金がもらえるというわけでなく、あくまでも懸賞、運試しといったところでしょうか。各銀行の商品にもよりますが、預入期間は1年、最低預金額10万円以上、というものがあります。

しかし、金利は0.025%ほどですから、一般の定期預金と金利は大して変わらない若しくはネット定期の金利よりは、もしかしたら低いかもしれません。あくまでも「おまけ」に過ぎず、懸賞が当たれば儲けもの、当たらなくても最低限の金利は獲得できる、というように見ておけば間違いないでしょう。

特産品が当たる定期預金も

ある地方銀行の懸賞付定期預金では、現金の懸賞だけでなく地元特産品があたるキャンペーンを展開しています。こちらも預入期間は1年、最低預金額10万円、金利は0,025%となっていますから、あくまでもおまけは客寄せに過ぎず、金利自体は至って普通の定期預金と変わらないでしょう。

その他には、商品券や温泉ツアーやちょっとした食品が当たる定期預金もあります。そうした特典付定期預金も、預入期間は1年、最低預金額10万円以上、金利は0.025~0.03%となっています。

結論はこうだ!

特典付定期預金も悪くはありません。もし当たらなくても最低限の資産運用は可能です。もし懸賞が当たったら何よりうれしいと思うのですが、懸賞だけを狙ってそれら定期預金を始めるよりも、資産運用の一つの手段として利用するか否か考えるべきでしょう。

そうした特典付定期預金は、地方銀行をはじめ色々な銀行で開催され、季節ごとに様々な商品がラインナップされますから、時あるごとにチェックしておくと良いタイミングで定期預金を始められるかもしれません。
(⇒キャンペーン金利のチェックも怠るな!

満期がきたら終わり?いや、こんな方法で定期預金を運用できる!

定期預金には預入期間があって、満期がきたらそれで運用期間が終わる。これが基本的な道理ですが、運用の仕方は実はいろいろあるのです。定期預金で資産運用するなら、以下の方法が参考になりますから、最後まで読んでくださいね。

自動解約か自動継続

定期預金を始めるときに、たいてい自動解約或いは自動継続のいずれかを選択することができます。自動解約とは、満期を迎えて定期預金が終了、利息を加えた元本すべてが普通預金口座に振り込まれます。

それに対して自動継続というのは、満期で終了することなく継続して定期預金を行なうものです。継続の度に金利が設定されるので、その時の金利状況を反映したもので定期預金を継続することが可能です。

利息はどうなる?

自動継続の場合、利息はどうなるのでしょうか?利息を加えて預金を継続するのか、それとも利息抜きで元本のみ定期預金を継続することになるのでしょうか?これは銀行にもよりますが、たいていの場合選択制となっています。ですから、利息分だけでも手元に残したい場合は「元金自動継続」を選択、元本と利息の両方を継続して定期預金したいなら「元利自動継続」を選択できます。

言うまでもありませんが、少しでも利益を増やしたいなら「元利自動継続」を選択すべきです。いわゆる複利運用の効果がありますからね。ネットバンクの場合、たいていネット上で自動継続を解約することができますから、何か資金が必要になったら自動解約に切り替えればOKです。
(⇒定期預金の複利運用の詳細はこちら

以上のように、定期預金にはいくつもの選択肢があるのです。預入期間だけでなく『預け方』が運用の大切なポイントとなります。金利動向をふまえ、賢明な定期運用を始めることにしましょう!

短期間定期預金日本No.1の銀行と言えば・・・東京スター銀行

『台湾大手の中国信託商業銀行が東京スター銀行買収へ動き出す!』

2012年も残りわずかとなった12月末、以上のようなニュースが流れました。決定事項ではなくあくまでも買収に向けた動きの過程に過ぎませんが、今後の動向から目を離せない東京スター銀行です。しかし、外銀が邦銀を買収することになれば初めての話です。

さて本題ですが、今後の動きはどうあれ、東京スター銀行も各種各様の定期預金を用意しています。各定期預金の概要を以下見ていきたいと思います。

スターワン1週間円預金

預入期間:1週間
預入金額:10万円以上
年利:0.25%

新生銀行の2週間預金もかなり魅力的で独特のサービスではありますが、東京スター銀行の1週間預金も非常に魅力的です。ちょっとの間でもお金を遊ばせたくない方に最適の定期預金となるでしょう。

スターワン積立円預金

預入期間:1年以上35年以内(1カ月単位で設定可能)
預入金額:1,000円以上
年利:0.05%

毎月少しずつでも貯金を兼ねて預金したい方に向いている定期預金となります。

ラダリング円定期預金

預入期間:1年、2年、3年、4年、5年(満期後自動継続可)
預入金額:10万円以上
年利:1年0.10%、3年0.20%、5年0.40%

どのくらいの期間預金するか、金利状況や自分の懐と相談しながら期間を決めて預金したい方に向いている定期預金商品となります。必要となれば自動解約すればOKですし、さらに預金を続けたいなら自動継続すれば複利運用効果を期待できます。
(⇒定期預金の自動継続とは

その他の定期預金

・スターワン円定期預金
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
預入金額:1円以上1000万円未満
年利:3年0.30%、5年0.25%

・スターワン大口円定期預金
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
預入金額:1000万円以上
年利:3年0.30%、5年0.25%

上記のような定期預金もありますから、自分のニーズを満たしてくれるならば重要な選択肢となるでしょう。

以上、東京スター銀行の各種定期預金をご紹介致しましたが、いかがだったでしょうか?とりわけ注目せざるを得ないのは、現時点で短期間定期預金日本国内No.1の「スターワン1週間円預金」でしょう。これよりも短い期間の定期預金は存在せず、新生銀行の2週間満期定期預金よりもさらに短期間の預金となっています。

強力な金融商品がラインナップ、ネットバンク大手の新生銀行

新生銀行の定期預金商品を見てみると、強力な商品がラインナップしているのが一目瞭然です。それら商品の概要をここで紹介致しますので、最後までご覧ください。きっとあなたのニーズを満たす定期預金商品があるはずです。

パワーフレックス円定期預金

パワーフレックス円定期預金は、新生銀行の定期預金商品中で一番手軽に利用できるオーソドックスな位置付けの定期預金と言えます。

預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
預入金額:1,000円以上
満期後の預金取扱:自動解約又は元利自動継続

1000円から預金が可能ですから、とても手軽に預金を始められそうですね。

パワーダイレクト円定期預金

こちらのパワーダイレクトと上記のパワーフレックスの概要に若干相違がありまして、こちらのパワーダイレクト預金は最低必要金額が30万円~となっています。詳細は以下の通りです。

◆パワーダイレクト円定期預金100
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
預入金額:100万円以上1円単位
満期後の預金取扱:自動解約のみ

◆パワーダイレクト円定期預金30
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
預入金額:30万円以上1円単位
満期後の預金取扱:自動解約のみ

比較的大口で預金したい場合はこちらのパワーダイレクト円定期預金がおすすめです。

2週間満期預金

実は大きな人気を呼んでいる2週間満期預金ですが、2012年4月30日の時点で預入残高が1兆円を超えています。多くの人が利用していることをうかがえますね。では、2週間満期預金の概要はどのようなものでしょうか?

預入期間:2週間
預入金額:50万円以上1円単位(ネットバンキングによる預入の場合)
満期後の預金取扱:自動解約又は元利継続型自動継続

余裕資金を一時的に運用したい、次の資産運用までのつなぎにしたい等々、短期間の運用に非常に便利な2週間満期預金。東京スター銀行以外の銀行では扱っていない超短期間の定期預金ですから、積極的に利用してみましょう。

その他定期預金

新生銀行のその他定期預金商品には・・・
・大口定期預金
・パワーチョイス
・パワー預金
などがありますから、自分の都合やニーズによっては貴重な選択肢となることでしょう。

新生銀行人気の理由

新生銀行の預金を引き出す時は、各提携銀行のATMでの引出になりますが、提携銀行には全国どこにでもあるセブン銀行が含まれますし、ゆうちょ銀行やその他都市銀行も含まれます。しかも、ATM手数料無料が最大の魅力でしょう。

以前も少しお話ししましたが、手数料が高いと実質マイナス金利になってしまいますが、ATM手数料が無料なら利息を純利益として受取ることが可能になります。ですから、定期預金の金利だけでなく、ATM手数料無料という強みのある新生銀行での定期預金は無視することのできない選択肢であると、間違いなく言えるでしょう。

覚悟を決めて長期の定期預金をするなら、こうして運用せよ!

銀行によって様々な定期預金商品がありますが、その中で注目したいのが長期(3年以上)の定期預金。3年以上の定期預金なら複利運用が可能な商品がありますから、単利でなく複利運用で収益率を上げたいところです。
(⇒単利と複利の違いとは

2種類の複利運用型定期預金

定期預金の預入期間は自由に選択できますが、此処では複利運用の定期預金に的を絞って考えていきたいと思います。以前もご紹介したように、長期で定期預金するなら単利よりも複利の方が断然お得です。しかし、この複利運用にも、大きく分けて2つの運用方法に分類できるのです。

◆長期(3年以上)の定期預金
◆短期で自動継続型の定期預金

この2種類の複利運用がどう違うのか具体的に見ていきましょう。

長期定期預金で複利運用!

まず、長期(3年以上)の定期預金で複利運用する方法ですが、これはご存知の通り、一定の期間ごとに利息が払われ、その利息も自動で運用されるのが複利運用です。つまり、利息にも利息が付くのでトータルでは単利よりも収益率が高くなります。

しかし、満期が来ないと利息を手にすることはできません。ですから、契約期間中はすべて銀行にお金を預けることになりますから、それをデメリットとして見る方もいるでしょう。

短期の自動継続型定期預金とは

しかしながら、上記の複利運用だけでなく、もう一つの複利運用での定期預金を考慮すると良いかもしれません。それは、短期の自動継続型定期預金です。

半年、または1年で満期を迎える短期の定期預金がありますが、満期後、自動継続でさらに半年または1年定期預金を組むことが可能です。これはただ単に自動継続の定期預金ではありますが、実は複利運用と同じ効果のある定期預金なのです。

満期を迎えると利息を含めて定期預金を継続しますので、結局は複利運用と同じことなのです。しかし、上記の長期定期預金の複利運用と違うのは、継続する度に金利が変わる点です。

上記の長期定期預金は最初に契約した金利は満期まで変わりませんが、この自動継続型定期預金は、継続の度に経済状況に基づいた金利が設定されます。ですから、どちらがお得なのかは、その時の日本と世界の経済状況をある程度考慮して判断を下す必要があるでしょう。

今後数年金利が変わりそうもないなら、長期の定期預金での複利運用を選択することが可能かもしれませんが、今後の金利動向が不安定と見るなら、短期の自動継続型定期預金で運用するのも一つの手法となります。いずれにしろ、定期預金を始める前に、どちらがお得かよく考えてから預金を組むことにしましょう。
(⇒定期預金をさっそく始めるならここを読んでから

ここから運用が始まる!定期預金の前に必ずすべき事とは

定期預金の基礎を学び定期預金とは何かだいたい習得することができました。さて、いざ定期預金を開始!というにはちょっと早すぎます。定期預金で資産運用するには、その前に必ずすべきことがあるのです。それは・・・

◆銀行の比較
◆金利の比較

以上2点を比較し、現在考え得る最高の状況で定期預金を始めることにしましょう!

銀行の比較

銀行を大きく分類すると、都市銀行などの一般銀行とネットバンクの2つに分類できるというのは、ご存知かもしれません。
(⇒ネットバンクの定期預金とは

どちらの銀行の方が金利が高いかだけでなく、どんなキャンペーン金利が実施されているか徹底的に調べましょう。キャンペーン金利を抜きにすれば、ネットバンクの方が往々にして金利が高い傾向にありますが、キャンペーン金利に関しては各種各様です。

一般の銀行、ネットバンクに関係なく高金利のキャンペーンが時折実施されますし、ユニークな定期預金商品も提供されます。そうしたキャンペーン金利とキャンペーン商品を徹底的に洗い出し、自分のニーズに一番合っている銀行で定期預金を始めれば良いのです。

金利の比較

金利は常に上下するもので、経済状況も密接に絡んできますし、季節要因も考慮しなければなりません。現在の各銀行の金利を比較するだけでなく、ここ1年ほどの金利状況をグラフ化し、運用開始時期としてベストな時期を判断しましょう。

各銀行の金利を調べグラフ化するのは簡単な作業ではないかもしれません。しかし、定期預金の収益は金利にかかっています。金利の高低が手元に入ってくる利益に直接影響を及ぼしますし、日本の金利状況はお世辞にも良いとは言えません。低金利が続く中で、少しでも高い金利の銀行で預金を行なうのが、賢明な資産運用となるのです。

ちょっとの努力が利益という見える形で返ってきますから、しっかり金利の比較を行うことにしましょう。

以上、銀行と金利の比較のポイントお分かりいただけたと思います。定期預金を始める前にそれをしっかり行うことが賢明な資産運用のコツとなりますので、先ずは比較調査を行い、それから定期預金を始めることにしましょう。

サービスが充実、ポイントも貯まる、楽天銀行の定期預金!

日本最大のネットモールを経営するだけでなく、円定期預金、外貨預金、FX、投資信託、株式取引、カードローン、住宅ローン、公営競技、BIG・totoなど様々な金融商品を取扱う楽天。その楽天は以前にイーバンクを買収し、現在の楽天銀行と名称が変更になっています。

当サイトでは、各銀行の定期預金を主に紹介していますが、ここでは楽天銀行でも取り扱われている定期預金の概要をご紹介したいと思います。

楽天銀行の定期預金の概要

楽天銀行の普通預金口座を保有していれば誰でも定期預金を組むことは可能ですが、最低預入額は1万円~と規定されています。預入期間は、1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、5年から選択可能です。

満期時の預金の取り扱い方法ですが、元利自動継続、元金自動継続、満期自動解約の3通りからの選択が可能です。いずれも契約時(定期預金開始前)に選択することになりますので、運用目的に沿って選択することにしましょう。

その他定期預金商品

元本保証の高金利定期預金がありますので、そちらもついでにご紹介しますね。

◆楽天ステップアップ預金
簡単に言うと、預入期間が長くなるほど金利が‘ステップアップ’していくという仕組みの定期預金です。預入期間は最低3年、最長8年、最低預入金額10万円となっています。満期の決定権は銀行側にあるので注意が必要です。

◆パーカッション10
これも上記のステップアップ預金に類似している定期預金です。預入期間最低5年、最長10年、最低預入金額10万円となっています。長期間預入れることのできる余裕資金がある方、または5、10年後に子供のために利用したいという方に向いている定期預金です。

楽天銀行を利用する時のポイント

楽天銀行から他行への振込をする時は手数料を取られますが、楽天銀行を給与受取指定口座にすると、月3回まで他行振込手数料が無料になります。ですから、楽天銀行で定期預金をする場合、可能な限り給与振込口座として活用することをオススメします。

銀行の各手数料を軽く見てはいけません。手数料次第で実質マイナス金利になる可能性があることは以前も話しましたが、手数料を如何に抑え、金利を如何に高くするかが定期預金のキーポイントであることをついでにお伝えしておきたいと思います。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >