定期預金

超お得な金利の豪ドル!でも、豪ドルの定期預金に危険性はないの?

日本円を定期預金に預けるだけが、定期預金の能ではありません。もっとお得にお金を増やすためには、豪ドルに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

豪ドルの定期預金って?

「外貨預金」という言葉を聞いたことはありますか。外貨預金とは、文字通り、日本円ではなく、外貨で預金することです。

あなたのお持ちの日本円を、豪ドルや米ドルに交換してから、預金することを外貨預金といいます。日本円と同じように、普通口座と定期預金があります。

なぜわざわざ日本円ではなく豪ドルなどの外貨預金にするのでしょうか。その答えは、「金利が高い」というメリットがあるからです。

豪ドルの定期預金の金利は高い!

日本の銀行での定期預金の金利は非常に低くなっています。大手の都市銀行では、0.03%ほどが平均的です。多少は金利の高いネット銀行では0.2%ほどとはいえ、豪ドルに比べたら高くありません。

一方、豪ドルでの定期預金では、2ヶ月や3ヶ月という短期間預けるだけであっても、年間で4%や5%が当たり前です。日本の銀行の100倍の金利はくだらない!数字ですよね。

オーストラリアは経済的に豊かな国であるために、このような金利が出せるのです。ですから、日本にいようとも、豪ドルでの定期預金を利用してお金を増やそうという人が多くなるのです。

豪ドル定期預金には危険性はないの?

とはいうものの、やはり馴染みのない外国のことですから、危険性が心配ですよね。豪ドルの定期預金には危険性はないのでしょうか。

豪ドルで高い金利で定期預金をしたとしても、その金利をすべてもらえるわけではありません。なぜなら、豪ドルから日本円に換えるときの手数料がかかるからです。

また、円高や円安の影響により、得をする時期と損をする時期がはっきりとわかれるのもポイントです。豪ドルを買うときよりも売るときの方が日本円の価値が下がっていた場合、損してしまうことになります。

ですから、豪ドルでお金を増やしたい!と思っても、為替相場や手数料を考えると、なかなか難しいのが現状のようです。

三井住友銀行の定期預金は他のネット銀行などよりも安心なのか

あなたは、大手の都市銀行、三井住友銀行の定期預金を利用したことがありますか。大手の銀行だからこそのメリットはなんなのでしょうか。また、最近ウワサの、ネット銀行と比較するとどうなのでしょうか。

三井住友銀行の定期預金の特徴

三井住友銀行の定期預金には、「スーパー定期」と「大口定期」の2種類があります。スーパー定期では1円以上から預けることができて、1000万円未満まで預けることができます。一方、大口定期では、1000万円以上のお金を預けて運用することができます。

どちらの定期預金も、1ヶ月から10年まで自由に期間を設定できるので、あなたの目的に合わせて、期間を決められるのが便利ですね。

また、定期預金ではないけれど、お金をしっかり貯めるという目的で三井住友銀行を使いたいあなたには、「積立預金」がオススメです。

結婚資金や住宅購入資金などを計画的に貯めるお手伝いを、三井住友銀行がしてくれます。手元にあると、お金はどんどん使ってしまいがちですよね。銀行に預け入れておけば、無駄なものに使わなくて済みます。

三井住友銀行の金利

現在は、どこの都市銀行でも同じような低金利を叩きだしてしまっているのが現状です。景気がよければ、定期預金の金利もどんどん上がりますが、残念ながら現在の日本では定期預金の金利はあってないような利率なのです。

三井住友銀行もそのひとつです。0.025%ほどの低金利であるために、長く預けてもほとんどお金は増えないと考えられています。

ネット銀行と三井住友銀行を比較してみる

三井住友銀行のような都市銀行とネット銀行を比較してみると、金利はネット銀行の方が高いことがわかります。ネット銀行では、店舗がなく経費を削減できるため、その分を金利に回せるのです。ですから、金利の面だけを考えると、三井住友銀行よりもネット銀行での定期預金の方が有利と考えられます。

しかし、サービスの充実度は、ネット銀行よりも三井住友銀行の方が高いといえるでしょう。窓口でのていねいな接客はネット銀行にはのぞめません。また、歴史のある三井住友銀行の信頼感はなにものにも代えがたいですね。

退職金をもっと増やす!退職金を定期預金に預けるポイント

長いこと一生懸命汗水たらして働いた結果もらえる、大切なまとまった金額のお金。それが退職金ですね。退職金の運用は、どうするのが賢いのでしょうか。

退職金を定期預金に預ける

退職金というまとまったお金は、タンスのこやしにするのはもったいないですね。できることなら大切に守ってもらいつつ、少しでも増やしたいものです。

退職金は、銀行などにとっても、とても大切にしたいものです。なぜなら、退職金のようなまとまった金額を手にする機会は、よっぽどのお金持ちでない限りは、ほとんどないからです。

一般的な生活の人でも、まとまった金額を手にすることのできる退職金は、銀行にとっても多くのお客さんを取り込むことができるチャンスでもあるのです。

退職金で金利キャンペーン!

というわけで、退職金の時期になると、多くの金融機関はキャンペーンを行います。退職金を受け取って1年以内にそのキャンペーンに申し込めば、特別金利で、一般的な金利よりも高い金利がつくのです。

たとえば、みずほ銀行の場合、一般的な定期預金であれば、0.025%から0.250%ほどの間の金利を受け取ることができます。その一方で、退職金キャンペーンの時は、1.4%ほどの高金利で優遇されます。桁数の違う金利で、かなりお得になりますよね。

退職金を定期預金に預けるには

優遇された金利で退職金を定期預金にするには、一手間余計にかける必要があります。条件は、退職金をもらって1年以内であるということと、本当に退職金であることを証明する源泉徴収票などの提出です。

また、アンケートを記入する必要があったりする場合もありますので、時間に余裕を持って銀行に問い合わせをするのがよいですね。

さらに、退職金特別金利がつくのは、短い期間限定だということも多いです。数カ月後にはもともとの金利に戻ってしまうことがあります。気をつけましょう。

三菱東京UFJ銀行の「自動つみたて定期預金」って何が便利なの?

三菱東京UFJ銀行の定期預金を利用したときに、迷った経験はありませんか。「定期預金」と「自動つみたて定期預金」のふたつの商品があるからです。

どちらも、三菱東京UFJ銀行の定期預金。とてもよく似ています。あなたの場合は、どちらを利用したほうがお得なのでしょうか。

三菱東京UFJ銀行の自動つみたて定期預金って何?

あなたが定期預金を行う目的はなんでしょうか。金利がつくために、お金が少しでも増えるからでしょうか。または、将来のために、お金を少しでも貯蓄しておきたいからでしょうか。

三菱東京UFJ銀行の「自動つみたて定期預金」は、一般的な定期預金よりも、あなたの目的をお手伝いしてくれることでしょう。

自動つみたて定期預金の特徴は、毎月決まった金額を自動的に定期預金にしてくれるということです。普通口座に振り込まれるあなたのお給料の中から、指定した金額分、つみたててくれるのです。ですから、「自動」「つみたて」と名前がつく定期預金なのですね。

自動つみたて定期預金の金利はどう?

自動的につみたてできるならば、無理なく貯蓄ができそうですね。しかし、気になる金利面ではどうなのでしょうか。

現在の日本では、どの定期預金も利息はあまりつかないのが現実です。なんと、三菱東京UFJ銀行の普通口座での金利も、定期預金の金利も、ほぼ変わらないのです。普通口座が0.02%くらいの金利なのに対して、定期預金は0.03%ほどです。せっかく定期にしても・・・という感じかもしれませんね。

自動つみたて定期預金でも、残念ながら、同じことです。お金を大量に増やすというよりも、貯蓄目的で自動つみたて定期預金を利用した方がよいかもしれません。

自動つみたて定期預金はATMでも可

町中に多くある、三菱東京UFJ銀行のATM。平日の日中であれば、三菱東京UFJ銀行のATMからかんたんに自動つみたて定期預金の手続きができます。

また、普通口座から定期預金への振替もかんたんにATMでできます。さらに、「今月はたくさんつみたてしよう!」という時にも、ATMで自動つみたて定期預金に追加入金できます。

ちなみに、自動つみたて定期預金にも、定期預金にも、三菱東京UFJ銀行のカードはつかないので、普通口座のカードを忘れずにATMに行ってくださいね。

ゆうちょの定期預金を120%上手に使う方法を解説!

え?ゆうちょの「定期預金」「定額貯金」?専門用語が多くてよくわからない!そもそもゆうちょだとなにがいいの?基本的な疑問にわかりやすくお答えします!

ゆうちょ銀行と普通銀行の違い

そもそも、ゆうちょ銀行と一般的な他の銀行はどう違うのでしょうか。

ゆうちょ銀行は、郵便局の銀行と考えてもよいでしょう。郵便貯金の民営化により、誕生したのがゆうちょ銀行です。

対して、テレビコマーシャルでもおなじみの大きな銀行、たとえば、「三菱東京UFJ銀行」とか「三井住友銀行」などのことは「都市銀行」と呼びます。

このふたつ。どう異なるのでしょうか。

まず、都市銀行があまりない地方でもゆうちょ銀行は充実したサービスを行なうということを知っておきましょう。銀行自体があまりない地域を、ゆうちょ銀行は支えています。

また、ゆうちょ銀行同士なら振込手数料がかからないことや、ATMの利用に関する手数料が無料の時間が長いことなど、手数料が抑えられるということがゆうちょ銀行のメリットです。

ゆうちょ銀行には「定期預金」はない!

銀行と名前がついていますから、そのサービスや定期預金の金利自体は、都市銀行とさほど変わりはないのですが、名前が違うことは抑えておきましょう。

ゆうちょ銀行にはいわゆる「定期預金」という名前の商品はありません。「定期貯金」と「定額貯金」なるものがあります。さて、このふたつはどういう商品なのでしょうか。

定額貯金と定期貯金の違い

ゆうちょ銀行の「定期貯金」は、他の銀行の「定期預金」とほとんど変わりがありません。1ヶ月から5年までの期間が選べます。金利も、他の都市銀行と比べてそこまでの違いはありません。

一方、「定額貯金」は、期間を決めることなく預けることができるものです。定期貯金であれば、1ヶ月から5年までの間であれば好きな期間を決めて満期日を設定することができますが、定額貯金では、その満期日を決めません。

つまり、いつ使うかわからないお金を賢く増やしたいときには、定額貯金の方がいいということですね。しかし、定額貯金も、6ヶ月は預入をする必要があります。6ヶ月過ぎたら、自由に引き出すことができます。最長で10年間まで預けることができます。

金利は、定期預金と同じように、長く預ければ預けるだけ高くなります。

みずほ銀行の定期預金を解約に行ったらこんな失敗をした!体験談

定期預金ならではの失敗。あなたなら、どんなことが思い浮かびますか。地味だけど、意外とダメージが大きい?そんな失敗を、みずほ銀行の定期預金でしてしまった体験談です。

みずほ銀行の定期預金の特徴

他の大型の都市銀行と同様に、みずほ銀行でも、「スーパー定期」や「大口定期」の他に、「外貨定期預金」や「積立定期預金」などの商品があります。

定期預金の金利が低い!といわれていますが、みずほ銀行でもそれは同様です。0.025~0.3%ほどの金利では、定期預金にしたところでほとんどお金が増えないですよね。それでも、タンスにしまっておくよりは1円でも増えて安心感も強い定期預金にするのはメリットがありますが・・・。

定期預金を解約するときには

引越しや旅行などで、まとまった金額が必要になったときに、定期預金を解約して引き出そうという方も多いでしょう。みずほ銀行の定期預金の場合は、どうやって定期預金を解約すればいいのでしょうか。

定期預金の解約のためには、通帳と、届出印が必要です。みずほ銀行だけではなく、どの金融機関も基本的に同じです。また、本人確認書類も持っていくとよいでしょう。

しかし、それだけ用意すれば大丈夫だから、と、定期預金をあてにして油断していると、いざという時に引き出せなかった!なんて、失敗してしまうこともあるのです。

定期預金ならではの意外な失敗

定期預金は、長年預ければ預けるほど金利がたまる仕組みですね。ですから、数年間預けっぱなしにしていて、どんな定期預金があったのかというのも忘れてしまった、なんてこともあります。

まだ若い人であれば、子ども時代・学生時代に、自分名義で親が定期預金にしていたものは、しっかりとは把握できていませんから、いくら自分の通帳での定期預金であったとしても、解約するのに失敗してしまうことも・・・。

Nさんは、23歳のときに初めて一人暮らしをしようとして、引越し代金を定期預金から出そうとしました。仕事の合間にやっと時間を見つけて、はんこと通帳を持ってみずほ銀行に行くと・・・なんと、「ご本人様であるという確認が取れないために解約できません」と言われてしまったのです。

なぜか。届出印とNさんが持っていったはんこが違ったからでした。親が作った通帳だったため、届出印のことまで、頭が回らなかったのですね。せっかく時間を作ってやっと窓口まで行けたのに・・・しかも、順番を30分以上待っていたのに・・・と、がっかりしてしまいました。

長期間預ける定期預金だからこそ、管理はこまめにしておきたいものですね。

定期預金の利息はネット銀行の方が高いって本当?なぜなの?

定期預金の利息がとにかく低い!そんなうわさを、あなたは聞いたことがありますか。

定期預金の利息は現在どのくらいなのでしょうか。高い利息でお金を預けることはできないのでしょうか。

定期預金の利息は現在このくらい!

定期預金をするとなると、まずは思い浮かぶのは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの都市銀行かもしれませんね。名前が売れていて、大変大きな銀行なので、定期預金も安心して預けられそうです。

しかし、それらの都市銀行の定期預金の利息は、現在、非常に低いのです。預ける年数によっても多少は違いますが、どの都市銀行も横並びで「0.02%」「0.03%」くらいというのが現実です。

景気のよいオーストラリアのドルの定期預金の利息が「5%」「6%」はくだらないということを考えてみると、日本の定期預金の低金利にはため息が出てしまいますね・・・。

しかし、外貨定期預金にしなくても、日本の銀行の中で多少は金利が高いところがありました。

ネット銀行だと利息が高め

最近主流になりつつあるネット銀行。あなたは、利用したことがありますか。

各種手続きやお金の管理をネット上ですべて行うことができる、忙しい現代人に合わせた銀行。それがネット銀行です。「セブン銀行」や「ソニー銀行」など、一度は耳にしたことがある銀行の名前ばかり。

店舗型の銀行に比べて、無店舗で銀行を営業しているネット銀行の方が金利が高めにつくというのです。

さきほどの都市銀行の金利と比較してみましょう。ネット銀行の利息は、各銀行によって多少は違いますが、「0.2%」「0.3%」など、ひと桁も違うんですね。ひと桁違えば、長くたくさんあずければだいぶ違ってきますよね。

ネット銀行はアヤシイ?なぜ利息が高いの?

しかし、窓口のないネット銀行ときくと、なんとなく怪しげ・・・なイメージを持ってしまいませんか。その上に金利も高いとなると、おいしすぎる話なのでは?なんて思ってしまうかも。

でも、心配する必要はありません。ネット銀行は、店舗がなく、したがって、人件費なども節約できます。専門のATMもなく、提携ATMでのみ手続きができるために、機械を新しく作る費用もそこまでかかりません。

いろいろな経費を削減しているからこそ、ネット銀行はそのぶんを利息に回すことができるのですね。

本人の代わりに、定期預金を解約することはできる?そのポイントは?

普通預金とは異なり、解約しないとお金を引き出すことができない定期預金。その解約方法は、意外とシンプル?

定期預金を「自動で」解約する

定期預金は、普通預金と違い、ある一定の期間を決めてお金を金融機関に預け入れることを言います。一定の期間必ずお金を預けておくために、銀行側にとってもメリットがあります。ですから、普通預金に比べて、金利が多少なりとも高く設定されているのです。

たとえば、1年間の定期預金を作ったとしましょう。1年経つと、「満期」といって、定期預金が自動的に解約されることになります。しかし、解約せずに、そのまま引き続き定期預金を預け入れることもできます。

それらのことを「自動解約」「自動継続」といいます。どちらにするかは、定期預金を作ったときに決めます。

自動解約にすれば、満期がきたときに、もともと預けたお金に利息がプラスされたものが普通預金に自動的に入れられます。

定期預金を中途解約する

その一方で、どうしてもまとまったお金が必要になってしまった場合など、定期預金の満期が来ていないけれど解約したい時。「中途解約」ということになります。

中途解約であれば、せっかく長年預けていたとしても、満期を迎えずに解約してしまうために、利息は手に入りません。ですから、得は決してしないために、中途解約はあまりおすすめできないことではあります。

家族の定期預金を解約できる?

さて、定期預金はもちろん大切なお金ですから、他人に勝手に解約されてしまっては困りますよね。ですから、定期預金は基本的にその本人が解約することになっています。

しかし、本人確認書類があれば、定期預金を解約できる場合があります。

たとえば、あなたの定期預金を、あなたの娘さんが解約する場合。あなたとあなたの娘さんの本人確認書類を用意し、また、届出印を用意すれば、定期預金を解約することができます。

本人確認書類は、保険証や運転免許証のようなものです。また、それに加えて、「委任状」を書かなければ解約できない銀行もあります。

都市銀行や地方銀行によって違うので、お急ぎの場合は、問い合わせてみるのがよいでしょう。

定期預金のキャンペーンって何が得?いつ、どこでやってるの?

賢くお金を増やしたいなら、ぜひ知っておきたい定期預金のキャンペーン。でも、利用したことがなければ、どんなものかわからず不安になってしまうかもしれませんね。定期預金のキャンペーンについてご紹介します。

定期預金のメリット

定期預金をするメリットのひとつが、金利がつくことです。家に置いておくだけでは一銭も増えないあなたの大切なお金。それを、いくらでもいいので金融機関の定期預金にすれば、利息がつき、1円でも100円でも増えてあなたの手元に戻ってくるのです。

しかし、定期預金の金利は、低いことでもはや有名・・・。最近の日本では、定期預金の低金利がずっと続いてしまっていますね。

そこで、定期預金のキャンペーンを利用しよう!と、賢い人たちは、銀行のキャンペーン情報にアンテナを張り巡らせているのです。

定期預金のキャンペーンって?

定期預金のキャンペーンは、ボーナスの時期や、退職金が出る時期など、季節ごとに、各金融機関が行うものです。

キャンペーン中は、特別なグッズをもらえたりと楽しいことがあるのですが、もっともうれしいのは、定期預金の金利が高くなるということかもしれませんね。

一般的な都市銀行の金利は、今のところ0.03%ほどです。それが、キャンペーン期間中は、1%ほどまで上がることもあり、かなりお得になるのです。

各金融機関によってキャンペーンはバラバラ

気をつけたいのは、各金融機関によって、キャンペーンを行う時期やその内容や金利がバラバラだということです。

たとえば、退職金のキャンペーンは手厚くても、ボーナス時のキャンペーンは行わないという金融機関もありますし、金利が跳ね上がる金融機関に対して、他のサービスが充実するキャンペーンを行う金融機関も存在します。

また、各キャンペーンは条件付きで行われることが多いです。新規口座開設限定ですとか、退職金をもらって1年以内の人が対象ですとか、様々です。

利用できるキャンペーンがあれば、ラッキー!前向きに定期預金を検討してみましょう。

定期預金の金利が低すぎる?!お金を増やすには定期預金はダメなのか

定期預金には様々なメリットがあります。もっともメリットを感じることのひとつが、「金利」なのですが・・・。

定期預金の金利が低い!

現代の日本国では、定期預金の金利が非常に低くなっています。社会全体のお金の流れが悪くなっていますから、定期預金の金利にも直に関わってくるのですね。

たとえば、バブル期の定期預金の金利を引き合いに出してみましょう。バブル期といえば、日本が大変に景気がよかった時期のことを言いますね。

バブル期の定期預金の金利は、4%からはよくあることで、高いときには8%を超えていた、なんていう“思い出話”もあります。

定期預金比較して金利が低い普通預金であっても、2%や3%は当たり前だったようです。

さて、現代の日本の金利は・・・どこの都市銀行も、軒並み「0.03%」ほどです。ケタがぜんぜん違いますね。定期預金に長く預けても、0.03%や0.04%にしかならないのです。

ちなみに、普通預金であっても、0.02%ほどです。定期預金とほとんど変わりがないというのも、なんとなく虚しいですね・・・。

定期預金でお金を増やすのは無理なの?

金利がここまで低いと、お金を守り、増やすことを定期預金に求めるのがバカらしく思えてしまうかもしれませんね。

しかし、バブル期とまではもちろんいかずとも、0.03%よりも高い金利で手軽に定期預金を行うこともできます。それは、今流行のネット銀行です。

ネット銀行では、店舗を持たないために、諸経費を削減できます。ですから、その分を私たちへの金利に回すことができるのです。

ネット銀行の金利は各銀行によってバラバラです。0.2%くらいのところもありますし、1%を超えるところもあります。サービスも都市銀行のそれに比べると各ネット銀行では多少異なるので、よく比較してみるといいでしょう。

とはいうものの、0.2%くらいの金利では、そこまでお金を増やすというわけにもいかなそうです。ですから、お金を増やそうとしている方たちは、株・FXや、せめてリスクが少ないと思われる国債や投資信託などを行なっているのだといいます。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >