定期預金

為替相場の動きで一喜一憂!?外貨預金のメリットとデメリット

前回の記事では、外貨預金の概要とその特徴を簡単にご説明いたしましたが、ここでは外貨預金のメリットとデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。長所と欠点を理解していないと、痛い目に遭うことも・・・。

外貨預金のメリット

◆為替差益
円預金にはない最大の魅力、それが為替差益です。為替差益とは、為替価格の変動による収益のことです。例えば、ユーロ建て預金をしたとしましょう。1ユーロ95円だった時に1万ユーロの預金を始め、満期を迎えた時には1ユーロ115円となっていました。そうすると、(115-95)×?10,000=200,000円の収益を得ることになります。

実際、ここ数年でユーロは大きく変動し、円高だった時は100円をきり、現在(2013年1月)1ユーロ115円ほどですから、もし底値圏でユーロ建て預金を始めていたとしたら、かなりの収益を上げたことになるわけです。これが外貨預金の醍醐味です。

◆高金利
円建て預金はあくまでも日本の金利状況によって金利が設定されますので、お世辞にも高金利とは言えません。しかし、外貨預金は運用通貨の金利で運用しますので、金利が高い通貨を選択すればかなりの高収益を期待できます。通貨によっては年利7%~10%というものがありますから、資産運用として大きなメリットとなります。

デメリットに注意!!

◇為替差損
上述したように、為替差益を狙える外貨預金ですが、反対に為替差損が生じる可能性もあります。つまり、満期時の為替レートが預入れた時よりも円高の場合、為替差損となります。為替相場は常に変動しますので、為替差益が必ず得られるとは限らず、リスクの高い金融商品です。

◇為替手数料
外貨預金を始めるとき、そして満期時、必ず為替手数料が発生します。銀行と通貨によって手数料は異なりますが、これが安くありませんので、為替差益をあまり得られなかった場合、金利分が手数料で相殺されるケースも・・・。為替手数料が大きなデメリットとなるでしょう。

◇預金保険対象外
円預金の場合、万が一銀行が破綻しても1000万円以下の預金と利息分は保証対象となりますが、外貨預金には預金保険がありません。運用額が10万円でも100万円でも、銀行が破綻した場合にはすべての運用資金が消失する可能性があるということです。
(⇒ペイオフと定期預金の関係について

外貨預金はハイリスク

定期預金の一種ですから、中途解約も難しい外貨預金。中途解約できても元本割れになることがほとんどですから、外貨預金はメリットが豊富、しかしデメリットも多数あり、外貨預金はハイリスクな金融商品と言えるでしょう。ですから、外貨預金を手掛けたいなら上手に運用する必要があります。

外貨預金には魅力がありますが、円預金とは具体的にどんな相違があるでしょうか?次の記事でご紹介していますので、そちらも併せてご覧ください。それから資産運用方法を選択しても遅くはありません。
(⇒円預金と外貨預金の違いとは?

こんな違いが!?ネットバンクと一般の銀行の大きな違いとは

実店舗を持つ一般の銀行とネットバンクでは幾つか大きな違いがあり、サービス形態の異なるネットバンクを利用するのを躊躇してしまう方、とりわけ年配の方が少なくないようです。一般の銀行と比較して、ネットバンクの大きな違いは何でしょうか?それはデメリットなのでしょうか?以下、詳しく見ていきたいと思います。
(⇒一般の銀行とネットバンクの違いの詳細はこちら

ネットバンクのここが大きな相違点!

実店舗を持つ一般の銀行を利用すると、必ず預金通帳を貰えます。その通帳に、いつ、いくらの出金・入金があったか記載されるわけですが、ネットバンクの口座を開設しても預金通帳はもらえません。それが大きな相違点であり、実店舗もなく預金通帳もないサービス形態を嫌がる方がいるようです。

確かに、銀行の歴史において預金通帳は当然の産物だったと言えるかもしれません。預金通帳がない銀行は銀行じゃない!と考えるのも無理ないかもしれません。でも、ちょっと待ってください。実物の預金通帳がないだけで、通帳の代わりとなるものはきちんと準備されています。

ネットバンクの預金通帳はここにある

ネットバンクは実物の預金通帳はありませんが、実はパソコンの画面上に通帳があると言えるでしょう。ログインさえすれば、いつでも取引明細を確認することが可能です。しかも、一般の銀行の預金通帳よりもさらに詳しく記載されていますので、ネット上の預金通帳に慣れれば、実際はこちらの方がお得なのです。

また、必要であれば、その明細をプリントアウトすることも可能ですし、プリントアウトしなくともエクセル形式で自分のパソコンにデータとして保存することも可能です。ですから、毎月の収入・支出をデータ化してまとめることが可能になるのです。いわば家計簿をパソコン上で作れてしまうと言うわけなんです。

ネットバンクだからこそのメリット

実店舗も預金通帳もない分、ネットバンクの取引手数料(ATM手数料など)は一般の銀行のものに比べて安く設定されていますし、金利も高い傾向にあります。ですから、取引コストの面で断然お得ですし、定期預金の最大の魅力「金利」面でお得ですから、もちろん収益アップにもつながります。

ですから、実店舗や実物の預金通帳がないことに慣れさえすれば、ネットバンクはかなりお得というわけです。ネットバンクでさっそく定期預金を始めるのはいかがですか?
(⇒ネットバンクについてさらに詳しく知りたい方はこちら

定期預金の一種「外貨預金」、しかし円預金とは全く違う理由とは

当サイトでは「定期預金」について詳しく扱ってきましたが、定期預金を大きく2つに分類すると「円預金」と「外貨預金」に分けられます。これまでは主に円預金について詳細をご紹介しましたが、円預金と外貨預金は全く異なる金融商品です。今回は、外貨預金について見ていくことにしましょう。

外貨預金とは

円預金は円建て預金とも言われますが、預金をする時の口座内通貨が「日本円」であるということです。しかし、外貨建て預金とも言われる外貨預金は、口座内通貨は外貨となっています。「外貨を運用するのが外貨預金」であると覚えましょう。

各銀行は、様々な通貨の外貨預金を取扱っていますが、日本国内の銀行ならば、まず自分の円資産を運用したい外貨に両替し、その外貨を定期預金として運用することになります。

そして、運用期間が終了すると、運用した外貨を円に両替され普通預金口座に振り込まれるのが一般的です。ですから、外貨預金を始める時、そして満期を迎えた時、2度両替手数料がかかるのが特徴です。

外貨預金には更にこんな特徴が

外貨預金の大きな特長は、為替差益を狙える点でしょう。預入れた期間や金額に応じた金利を受取れるだけでなく、為替差益が大きな収益となります。

例えば、オーストラリアドルを始めた時、1豪ドル80円だったのが満期時90円だったとしましょう。豪ドル1万ドル分の預金だったならば、10万円の収益となります(為替手数料や税金含まず)。逆に、預入時1豪ドル90円、満期時が80円で豪ドル1万円分の預金なら、10万円の損失となります。

外貨預金は為替差損を念頭において運用すべき定期預金となります。

どの銀行で外貨預金を始められる?

各銀行は為替部門が備えられていますので、たいていどの銀行でも外貨預金を運用できますが、銀行によって金利や為替手数料が異なります。預金を始める前に、それらを確認してから預金を始めなければなります。

では、具体的に外貨預金にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?詳細は次の記事をご覧ください。
(⇒外貨預金のメリットとデメリットはこちら

セキュリティ対策はどうなっている?ネットバンクの安全性とは

定期預金をする時に利用する銀行として2つの選択肢があることを以前学びました。一つは都市銀行や地方銀行という一般の銀行、もう一つは実店舗を持たないネット上のネットバンク。それぞれにメリットがあると思いますが、ネットバンクを利用する上で気になるのがセキュリティ対策です。

基本的にすべての操作をネット上で行うため、安全性に関して何か問題はないのか気になるのが本音ですが、ここではネットバンクのセキュリティ対策に関して見ていきたいと思います。

しっかりしているネットバンクのセキュリティ対策

ネットバンクのセキュリティ対策として様々な方法が採用されています。

・秘密の質問
ログインする時に、通常のパスワードに加え「秘密の質問」の答えを打ち込むようにしているネットバンクがあります。口座を開設したときに秘密の質問とその答え(例えば、母親の旧姓は?・・・タナカ)を設定し、ログイン時にその答えを正しく打ち込んで初めてログインできるというシステムです。

・ワンタイム・パスワード
ネットバンクでの取引を行なう時、その時にしか利用しない一度きりのパスワード、つまり「ワンタイム・パスワード」が指定したメールアドレスに送られてきて、そのパスワードを打ち込むことによって初めて取引が可能になるシステムです。通常のパスワードと違い盗まれることがないので、安心できるセキュリティ対策となっています。

・確認メール
ログインした時や入金・出金があった時に、指定したメールアドレスに確認メールが届くシステムを採用しているネットバンクがほとんどです。不正アクセスがあったとしてもすぐに気づきますので、確認メールシステムは非常に有効です。

・取引限度額の設定
一日内で取引できる限度額を設定しているネットバンクがほとんどで、限度額を自分で設定できます。自分の利用スタイルに応じて限度額を設定できますし、仮に不正アクセスがあったとしても被害額を根本的に抑えることが可能なわけです。

結論として言えるのは・・・

以上の通り、ネットバンクのセキュリティ対策は万全を期していますので、安心して利用することが可能です。ネットバンクならセキュリティ対策だけでなく更なるメリットが豊富ですから、ネット環境を整え可能な限りネットバンクで定期預金を始めたいものです。
(⇒ネット銀行最大の特長はこれ!

定期預金は絶対安全なのか、ローリスク?それともハイリスク?

日本の大部分の方が好んで利用する資産運用【定期預金】。理由はさまざまですが、一つ挙げるとしたら「安全だから・・・」と答える方が少なくないでしょう。しかし、定期預金は本当に安全なのでしょうか?ここではハイリスクとローリスクの定義について、そして定期預金の安全性について見ていきます。

ハイリスクとは

ハイリスクとは、運用した資産が失われるリスクが高いことを指しています。往々にして、ハイリスクの金融商品はハイリターン、つまり運用額に対する収益が高い傾向にあります。言うなれば、リスクとリターンは比例の関係にあるわけです。

では、ハイリスクな商品として位置づけられている金融商品にどんなものがあるのでしょうか。以下の金融商品は、一般的にハイリスクと言われています。

◆外国株式
◆外国債券
◆先物・オプション取引
◆FX

以上の金融商品を耳にしたことはあるかもしれませんが、リスクはある程度コントロールできるもので、以上の金融商品はとても危険!と、一概には言えません。あくまでも一般論に過ぎませんので参考までに。

ローリスクとは

上記のハイリスクの真反対のローリスク。ローリスクとは、運用した資産が失われるリスクが低いことを指しています。ハイリスクの金融商品とは違い、投資した金額に対する収益は極めて高いと言えるでしょう。例えば、以下のような金融商品がローリスクとして位置づけられています。

◇定期預金
◇普通預金
◇日本国債
◇MRF

ローリスク商品ですからハイリターンは望めませんが、堅実に資産を運用したいなら定期預金をはじめとした金融商品が狙い目です。

定期預金はローリスク!

以上の通り、定期預金はローリスクですから、運用額を失うことはほぼ0と言えるでしょう。実際、定期預金は元本保証の金融商品ですし、ペイオフ制度の対象ですから、万が一の事態が生じても運用した元本すべてが戻ってきます。
(⇒ペイオフ制度の詳細についてはこちら

手軽に、手堅く、賢く資産運用したいという方に大変相応しい定期預金、さっそく銀行口座を開設し預金を始めることにしましょう。

どうせ定期預金をするなら、こんな銀行で運用するのはいかが?

定期預金を始めるのに欠かせないこと、それが利用する銀行の選択です。銀行を選択し口座を開設しなければ定期預金は始められません。そこで考慮したいのが、定期預金を運用する上で重要な選択肢となる【ネットバンク】です。ネットバンクとは一体何なのか、具体的に見ていきましょう。

ネットバンクとは

ネットバンクとは、ネット上にある銀行のことで、たいていの場合実店舗を持たない、或いは持っていたとしても数店にすぎません。ネット上にある銀行を通称ネットバンク、又はネット専業銀行と呼ばれています。

ネットバンクと、一般の銀行のインターネットバンキングは別物であることも理解しておきましょう。ネットバンクはあくまでもネット上にメインバンクがある銀行ですが、一般の銀行のインターネットバンキングは、ネットを介して自分の口座での取引を行なうことです。

また、一般の銀行のネット支店というのもありますが、便宜を図る上で設立された支店で、基本的サービス内容は実店舗と変わりません。あくまでも支店がネット上にあるだけですから、一般の銀行のネット支店とネットバンク(ネット専業銀行)には相違があり、その区別もしっかりしておきましょう。

金利がお得なのはどっち?

定期預金を始める上で、やはり気になるのが「金利」ですね。では、一般の銀行の金利とネットバンクのではどちらの金利が高いのでしょうか?一般的に金利が高いのはネットバンクと言われています。ネットバンクの大きな特長は、実店舗がほとんどないため人件費があまりかからず、その分高めの金利を設定できる点です。

金利だけを比較するならネットバンクが有利ですから、その点を考慮して口座開設・定期預金の運用を行なうと良いでしょう。

その他ネットバンクの優位性とは

上述したように、人件費がかからない分その他のサービスにも力を入れることができるのがネットバンクの強みです。ネットバンクは実店舗がない代わりに、提携銀行のATMを利用してお金の預入や引出を行ないますが、そのATM利用時の手数料が無料、またはかなり少額に抑えられています。

ですから、トータルでの利用コストがかからない点は、ネットバンクの優位な点と言えるでしょう。

実店舗がなく、パソコンの画面上だけで取引をするのはどことなく不安を感じたり、或いはセキュリティ面でのリスクを指摘する方も少なくありません。しかし、それらセキュリティ面での技術も向上し、ネット犯罪に巻き込まれるようなことはほとんどありませんから、安心して利用できる状況が整っていると言えるでしょう。

それらの点をふまえ、優位性のあるネットバンクでの定期預金を一つの選択肢として考えることをオススメしたいと思います。

満期まで待てなくなったらどうなる?気になる定期預金の解約のしくみ

定期預金には二つの種類の解約があり、一つは良い解約、もう一つが悪い解約です。可能な限り‘悪い解約’はしたくないものですが、解約について詳しく知っておくことは、これから始める定期預金という資産運用の上で必ず役に立ちますよ。

二つの種類の解約とは

定期預金の二つのタイプの解約ですが、

1.満期解約
2.中途解約

の二つに分類され、1の満期解約が良い解約、2の中途解約が悪い解約とされています。満期解約ですが、満期解約とは、定期預金を始めるときに設定した預入期間を満たし利息を満額受取り、その預金の契約が解除されることを言います。

中途解約は、契約期間を満たさずに解約することで、当初の予定であった利息を満額受け取ることはできません。基本的に元本割れはありませんが、ペナルティ金利適用での解約となり、受け取れる利息はほんのわずかとなる可能性が高いでしょう。

解約の手続の仕方とは

可能な限り途中解約することは避けたいのですが、さまざまな要因がからみ定期預金を解約しなければならない時もあります。そんな時、どのような方法で解約するのでしょうか?解約の手続きの仕方は各銀行によって若干異なりますが、通常、以下の方法で解約手続きが可能です。

1.通帳と登録印鑑を用意する
2.定期預金を開設した銀行に行く
3.窓口にて解約手続き、店員さんの指示に従い解約

基本的な方法は以上の通りになります。注意点ですが、定期預金を開設した支店のみで解約手続きが可能で、通常は他店や本店でも解約手続き不可となりますので、必ず開設した支店に足を運ぶことになります。

基本的には本人が解約申請をしなければなりませんが、家族の誰かが代わりに申請することも可能です。その場合、委任状が必要になりますので、二度手間にならないように書類を用意してから銀行に行くことにしましょう。

絶対避けたい途中解約

何度も繰り返しますが、中途解約だけは絶対避けたいものです。資産を運用するために銀行に預けたにも関わらず、途中で解約してしまうと得られるはずの収益を得られなくなってしまいます。中途解約を避けるためにも、定期預金を始める前に相応しい金額と預入期間を選択し、それから始めることにしましょう。
(⇒定期預金を始める前にこれをしよう!

あなたならどっち?株式投資と定期預金のどちらで資産運用?

株式投資のメリットとデメリットは前回の記事でお分かりいただけたと思いますが、自分の資産を最大限活用するには、定期預金あるいは株式投資のどちらが最適なのでしょうか?そのヒントを得るために、ここで定期預金と株式投資を徹底比較します。

元本保証

ご存知の通り、定期預金は元本保証の金融商品です。中途解約しても必ず運用した元本全額返還されます。しかし、株式投資には元本保証はありません。100万円投資して必ず100万円は最低限返還されるのが定期預金ですが、100万円が0円になる可能性があるのが株式投資なのです。

契約期間

定期預金を始めるときに預入金額と同時に預入期間を設定するのが一般的ですが、簡単に言えば、それは契約期間です。それとは反対に、株式投資には基本的に契約期間はありません。保有したい期間だけ保有することが可能です。配当金で定期的に利益を得たいなら、10年でも20年でも同じ株式を保有することができます。

株式投資で「塩漬け」という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。含み損が膨らんだ株式を売却せずに保有し続けることです。これは、契約期間がないからこその“芸当技術”なのです。

リスクとリターン

以前も触れましたが、リスクとリターンは比例するのが一般的ですが、定期預金は典型的な「ローリスク・ローリターン」の資産運用法です。対照的に、株式投資は「ハイリスク・ハイリターン」に分類できるかもしれません。リスクが高い分リターンも高い株式投資、短期間での資産倍増が可能な資産運用となります。

あなたはどっち?

定期預金と株式投資を客観的に比較してみましたが、あなたはどちらの投資法で資産運用したいと思われますか?個人の好みや運用目的でだいぶ変わると思いますが、無理のない方法を採用することやリスク分散を心がけることで、賢明な資産運用が可能になるでしょう。

あなたならどれくらいの期間預ける?いろいろある定期預金の期間とは

一般的に、銀行で定期預金するのは手堅い資産運用法と考えられていますが、運用の仕方で収益が大きく異なります。運用法で重要な一つの点は、定期預金の「預入期間」です。銀行によって、またその他の要因によって利率が変わってきますので、定期預金を始める前に預入期間の選択は非常に重要です。

一般的な預入期間

銀行によって多少異なりますが、一般的には1か月、2か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、5年の期間が採用されています。ある銀行では、2週間限定での定期預金を提供している時がありますが、主な期間は上の通りです。

預入期間で大きな差が・・・!

預入期間によって収益が異なると書きましたが、なぜ収益が異なるのか、それは期間と利率が比例するからです。そして預入金額によっても収益が異なります。つまり、預入金額と預入期間が増えれば増えるほど利率も上がるというわけです。ですから、定期預金を始める前に必ず選択しなければならないことは・・・

◆預入期間
◆預入金額

この二つの選択次第で、利率が高くもなれば低くもなります。

その他注意点

預入期間が長ければその分お得なのは間違いありませんが、長期間預けられるだけ預ける、というのもちょっと違います。預ける資金の用途は何か、その要因によって預入期間を決めることになりますし、資産運用の目的によっても預け入期間も異なります。

用途や資産運用の目的についてはまたいつかお話ししたいと思いますが、いずれにしろ自分のニーズに応じた預入期間を選択することになるのは間違いありません。
(⇒こんな用途で定期預金ができる!

その他預入期間に関して注意すべき点ですが、金融機関によって採用している預入期間は異なりますし、金利も違います。ですから、自分が預けたいと思う期間を決めてから、その期間の金利は幾らか各銀行を比較してみることが重要です。言うまでもなく、金利が少しでも高ければ高い方が有利になるからです。

また、ペナルティ金利についても前もって調査しておきましょう。つまり、中途解約した場合、金利はどうなるか調べておくことが重要です。中には中途解約完全不可の場合もありますので、この調査は欠かせません。

以上の点に留意して、先ずは預入期間の選択、そして預入金額を決め、それから銀行の選択をすれば定期預金を始められますよ。

指をくわえて待つな!定期預金を常に見直すのが賢明な資産運用

失われた10年を経て、日本の景気動向はお世辞にも上向きとは言えません。以前も少し触れましたが、景気動向と金利は比例の関係にあり、景気が良くなれば金利も上がり、逆に景気が下向きになると金利も下がる傾向にあります。
(⇒金利と景気は密接な関係が!

このような状況の下、定期預金で資産運用するのは手堅いと言えば手堅いですし、言い換えるならば、定期預金の金利だけで資産倍増を狙えるかどうかと聞かれれば、素直に‘うん’とはうなずけないのが実情でしょう。

では、現段階で定期預金という資産運用をする上で、どんなことに留意すべきなのでしょうか?賢明な資産運用方法とはどのようなものなのでしょうか?

定期預金を常に見直すこと!

金利が上がりそうもない状況だからと言って、お金を長期の定期預金で運用し、そのまま放っておくのは賢い資産運用法とは言えません。常にアンテナを張って、現時点での金利動向、そして今後の金利動向について予測を立てる必要があるでしょう。

例えば、3年定期預金を金利1%で預けて、2年後に金利が3%に上がったとしましょう。その場合、中途解約してでも新たに定期預金の契約を結んだ方がトータルで収益が高くなるかもしれません。これは一例にすぎませんが、ポイントは常に金利動向を把握していることです。

長期よりも短期がお得!?

前回の記事の中でご紹介しましたが、貯蓄の目的によっては長期の定期預金よりは短期の方がお得で、且つ目的に合っているケースがあります。現在の金利動向や定期預金の目的によって、長期あるいは短期のどちらかを選択することが必須となりますが、特別な理由がないなら短期の定期預金を多用する方が効率が良いかもしれません。

日本の金利は、これ以上下がることはないというほどの低金利ですから、現段階でのリスクは、定期預金中に金利が上がってしまうことです。そうなると、高金利での預金チャンスを逸することになり兼ねませんから、短期(半年~1年)の自動継続預金を利用して運用するのが最適かもしれません。

もちろん、すべての状況で短期の自動継続定期預金がベストとは言えませんが、短期の自動継続定期預金ならば、ある程度の融通が利く運用となります。さらに、元利自動継続型なら更に効率がアップしますから、今後の自分と金利の状況をふまえ定期預金の種類を選択することにしましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >