定期預金

定期預金の金利と日本銀行が密接な関係にあるって本当?

『定期預金の金利と日本銀行が密接な関係にあるって本当?』

本当です。簡単に言えば、日本銀行が決定する政策金利が定期預金の金利を決めています。金利と日本銀行がどんな関係にあるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

日本銀行の役割とは

日本銀行は、日本の銀行の銀行となっています。というのは、日本の民間銀行は中央銀行に当座預金口座を持っているわけですが、この口座を通して日本銀行とのお金のやり取りをしています。日本銀行にお金を預けたり、お金を借りたりするので、日本銀行は「銀行の銀行」と言えるわけです。

そもそも日本銀行の役割というと、景気を調整したり物価を安定させたり、または日本経済の成長を維持することが主な役割となります。この目的を果たすために、民間銀行との取引を活発に行うことによって金融政策を実施しているわけなのです。

日本銀行は政府とも深いつながりにありますが、基本的には政府とは別の機関です。というのも、政府が日本銀行を牛耳り金融政策を行なうことのないようにするため、日本銀行の公共性を保つように組織されています。もちろん、日本政府との意思疎通がなければ日本の経済動向の行き先に混乱が生じますから、密接に連絡を取り合い、連動して金融政策を行なっていることに違いはありません。

日本銀行と定期預金の金利の関係

日本銀行の役割は上の通りですが、では、日本銀行と定期預金の関係はいかがでしょうか。上述したように、日本銀行は民間銀行にお金を貸したりするわけですが、その時は金利がかかります。

この金利がいわば日本銀行の政策金利となるのですが、この金利が民間銀行の金利に間接的に影響を及ぼしているのです。つまり、日本銀行が民間銀行に貸す際の金利が、定期預金の金利に影響を及ぼしているというわけです。

日本銀行はやみくもに金利を決めるわけではありません。有識者たちで話し合い、その時の経済動向やインフレ・デフレ状況によって金利を決めています。ですから、日本銀行が決める金利は定期預金の金利に影響を及ぼすだけでなく、日本の経済全体に大きな影響があると言えるでしょう。

以上、日本銀行と定期預金の金利の関係の概要をご紹介しましたが、お分かりいただけたでしょうか。金利の基礎を知ることによって今後の定期金利による資産運用法を賢く立てられますから、金利の基本と日本銀行との関係を覚えておきましょう。

不景気になると注目される国債投資、そのメリットとデメリットとは

定期預金と並んで手堅い投資法として注目される「個人向け国債」ですが、国債投資にもメリットとデメリットが混在しています。それをきちんと把握した上で資産運用をしていくことが、資産増加のカギとなります。

個人向け国債のメリットとは

◆元本保証
個人向け国債は元本保証ですから、中途解約を行なっても元本割れすることはありません。株式投資やFXなどは元本保証がありませんから、リスクの高い資産運用法と言えますが、個人向け国債は正にローリスクな投資法と言えるでしょう。
(⇒定期預金の元本保証についてはコチラ

◆国が保証している債券
国債の発行元は日本政府ですから、日本が債務を果たすべき債券となりますので、とても安心のできる資産運用となります。各企業も「社債」というものを発行し資金調達を行ないますが、一企業と一国が保証するのでは規模が全く異なりますので、安心感が異なりますね。

個人向け国債のデメリットに要注意!

◇デフォルト
国が破綻しないとは100%言い切れません。実際、過去にはアルゼンチンやロシアがデフォルトしましたから、同じようなことが日本で起こらないとも限りません。もちろんその可能性は今のところ大きくありませんが、国が破綻するような状況や要因には要注意です。

◇中途解約にはペナルティー
個人向け国債は中途解約が可能ですが、解約をすると定期預金と同じくペナルティー金利が課せられます。数回分の金利に相当する金額が差し引かれての元本返還となりますから、数年かけて地道に稼いだ利息がほとんどなくなる可能性もあります。中途解約してのペナルティーはデメリットとなりますね。
(⇒定期預金のペナルティー金利とは

◇金利上昇リスク
金利が上昇するのは嬉しい話では・・・?と思うかもしれませんが、個人向け国債の3年と5年ものは固定金利ですから、金利が上昇しても受取金利は変わりません。他の金融商品に乗り換えれば高金利での資産運用が可能になるかもしれませんが、国債の解約はペナルティー金利が適用になってしまいます。この金利上昇リスクのことも頭に入れておかなければなりません。

手堅い資産運用であり、「ローリスク・ローリターン」の国債投資ではありますが、以上のようにメリットとデメリットがたくさんあります。自分の資産運用計画をしっかり立てたうえで、国債投資を行なうかじっくり考慮することにしましょう。

サポート体制はどうなっている?気になるネットバンクのサービス

実店舗を持たないネットバンクですから、サポート体制がどのようになっているのか気になるところです。一般のネットバンクのサービスについて概要を見ていきたいと思います。

手数料

実店舗を持たない分、金利や手数料の設定がメリットとなっているネットバンクですが、ネットバンクを利用した場合の様々なシチュエーションでの手数料はどのようになっているでしょうか。

例えば、同じネットバンク同士での振込は無料、他行宛の振込も条件付きで無料となっています。また、ATMでの現金引出しですが、提携金融機関ATMでの預入は無料、引出は条件付きで無料となっているところが多いです。

他行宛の振込や提携金融機関ATMでの引出条件に関してですが、たいていの場合「月○○回まで無料」となっていたり、「預金が○○円以上ある場合無料」または「グレードに応じて・・・」と、条件が付されています。

ネットバンクによっては海外送金も取り扱っていますが、一般的に都市銀行や地方銀行の手数料より安くなっています。各銀行手数料は色々ですが、安いところなら数千円で海外送金を行なうことができます。

また、一般の銀行ではあまり聞かない口座維持手数料ですが、基本的にどのネットバンクでも維持手数料はかかりませんので、その点は安心です。様々な手数料を見てお分かりいただけたと思いますが、明らかに実店舗を持つ一般の銀行より全体的に安く設定されていますね。

カスタマーサービス

どのネットバンクにもたいていはオリジナルのカスタマーサービス番号があり、あるネット銀行では24時間体制でお客をサポート、銀行によっては土日は休み、しかし夜9時くらいまではカスタマーサービスによってサポートしてくれます。

実店舗がない分、何らかの方法で連絡が取れないと困りますが、その点の心配は無用です。何か困ったことがあれば、すぐに電話で問題を解決できるはずです。

以上のように、ネットバンクはさまざまな面でサポートが充実しています。そして何よりも金利が高いのが大きな魅力です。定期預金をする上でネットバンクの選択は必須と言って良いでしょう。

堅実投資と称される国債投資、その概要は?本当にローリスク?

定期預金と同じくらいに堅実投資でありローリスクと言われている日本国債投資。では、国債投資とは具体的にどのような投資法なのでしょうか?リスクの度合いはいかがでしょうか?以下、概要をご説明いたします。

国債投資とは

日本政府は国を運営するために歳出(支出)を決める権限がありますが、毎年予算案を決めるときには国債を発行します。その国債とは、国の債務、つまり国は債券を購入した人から借金することです。国が債券を発行し、債権を購入した人が債権者、債務者は国です。

日本政府が発行する国債を購入し一定の金利を受取ることを、国債投資と言います。ここでは、日本国債のことを国債と呼び、外国の債券のことを外国債と呼びます。

個人向け国債の種類

私たち個人投資家が購入できる国債は、以下の3種類となります。

◆変動10年
◆固定5年
◆固定3年

以前も少し触れましたが、金利には変動金利と固定金利があります。変動金利は、一定の期間ごとに金利が変動し、固定金利は、契約が満期を迎えるまで金利が変動しない契約となっています。

国債には変動金利と固定金利の両方があり、10年物国債には変動金利が採用されていて、半年ごとに金利が見直され変動します。5年と3年の国債は固定金利、満期まで金利は固定されているのが特徴です。ですから、金利の面では定期預金とさほど大きな相違はありません。

その他国債の特徴

興味深いことに、個人向け国債は1万円から購入できますので、初めて資産運用する方にも取引しやすい少額投資が可能となっています。

購入場所は、銀行や郵便局、証券会社などの金融機関で購入できますが、時々各金融機関は国債買付キャンペーンを実施しますから、同じ国債でもお得な取引ができる場合があります。そうしたキャンペーンに目ざとくありたいものです。

国債の債務者は国ですから、国が破綻しない限り元本は保証されますし、国が破綻することはほとんどないと言えるでしょう。ただし、ギリシャのようなほとんど破綻した状態の国の例もありますし、過去のロシアのような債務不履行が絶対に起こらないとは言い切れません。

実際、日本の借金は毎年、毎日増えていて、赤字国債の発行量は他国の比ではありません。日本の財政破綻は現実的な話と言う評論家がいないわけではありません。そうしたリスク面も考慮して国債投資に手を出す必要があるでしょう。

こんな落とし穴が!便利なネットバンクで気を付けるべきこととは

ネットバンクの特色について様々な点を挙げてきましたが、ネットバンクを利用する上で注意したい点があります。それは解約です。解約には2種類あり、それぞれデメリットがありますが、2種類の解約とは以下の通りです。

①定期預金の中途解約
②口座解約

なぜその2種類の解約に注意すべきなのか、詳細を説明していきたいと思います。

定期預金の中途解約はタブー

ネットバンクの最大の魅力は「高金利」です。一般の銀行よりも金利が高いため、多くの方に好まれるネットバンクでの資産運用法となっています。しかし、一般の銀行と同様、ネットバンクの定期預金を中途解約するのは、基本的にタブーだと思って下さい。

金利が高いとはいえ、中途解約すれば当然ペナルティ金利での解約となります。つまり、元本割れはしないものの、ほとんど利息がつかずに返金されることになるわけです。もちろん、どの時点で中途解約するかによっても返金額は変わりますが、中途解約するとそれまでの運用がほとんど意味を成さなくなります。

定期預金の基本でもありますが、満期まで運用して初めて収益を得ることが可能になります。特別な理由がない限り中途解約は避けたいものです。

口座解約の落とし穴

口座が必要なくなれば、ネットバンクの口座を解約することはもちろん可能です。使わない口座を持ち続けるのは嫌だ、という方は確かにいらっしゃいますからね。口座の解約自体は問題ありません。

しかし、複数のネットバンク口座を開設、その後解約・・・を繰り返すと、新規口座開設に時間がかかったり、最悪口座開設ができない場合があります。というのは、最近ではネットバンクの口座を利用した犯罪が増加しています。ですから、ネットバンクの口座開設に関し、各銀行は慎重になっているのです。

ですから、むやみにネットバンクの口座開設と解約を繰り返すことは避けましょう。

ネットバンクはとても便利で、これからの資産運用には欠かせないものです。定期預金という資産運用をするなら、ネットバンク口座は必須と言っても良いでしょう。そうした状況を考えると、この記事の中で考慮した注意点には常に留意する必要があります。その点を思いに留めつつ、さっそくネットバンクでの定期預金を始めることにしましょう!

定期預金の醍醐味は高金利!先ずは金利の基本を学んでおこう

定期預金を行う上で、金利が少しでも高い銀行で定期預金したいと考えるのは至極もっともな事なのですが、金利の基本について学んでおくことは、今後の定期預金という資産運用を手掛けるうえで必ず役に立ちます。ここで金利の基礎を習得して下さいね。

金利とは?

金利を定義すると、お金の借り手が貸し手に支払う利率のこと、です。例えば、銀行が一企業にお金を貸した場合、借り手であるその企業が銀行に返済する時に、金利分を加算して返済するのが一例です。また、銀行預金の場合、預金をした人が貸し手となり、借り手である銀行が一定の金利を支払うことも一例となります。

学生の時に、需要と供給という仕組みを学んだ方が少なくないと思いますが、需要が多い時は金利が上昇し、供給が多い時は金利が下落するのが経済の仕組みとなっています。つまり、景気が良い時は金利が上昇、悪い時は金利が下落する傾向にあるということです。

銀行の金利と政策金利の関係

各国の金利は、それぞれの中央銀行によってコントロールされており、日本では日本銀行がその役割を担っています。とりわけ景気を安定させるのが目的で金利を決定し、日本銀行の金融政策が日本全体の景気に大きな影響を及ぼすことになります。

余談ではありますが、ここ十年以上日本は‘超’低金利が続いており、この破壊的な低金利は日本銀行の管理によって発生しているものと言えるでしょう。もちろん、日本銀行は日本や世界の景気動向を考慮し、現在の金利を決定しているわけですから、あまり文句は言えません。

金利変動によってもたらされる現象

中央銀行によって設定される金利は政策金利とも呼ばれていますが、その政策金利が変動することによってどんな点に影響が出るでしょうか。政策金利が変動すれば、各銀行の金利も変動しますから、定期預金や普通預金の金利に良くも悪くも影響がでます。

また、金利が上昇する=景気が上向き、と考えられますので、株価が上昇する傾向にあり、逆に金利が下落すれば株価全体が下落する傾向にあります。つまり、政策金利と銀行の金利、株価、そして景気全体が連動し、互いに影響し合って市場が形成されていると言えるでしょう。

金利とは一言では語れないほど奥の深いものなのですが、定期預金をする上での金利と日本の政策金利や景気全体が絡み合っていること、お分かりいただけたと思います。これが金利の基本ですから、定期預金を始める前にしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

預金のメリット‘利息’は普通預金ではどれくらい付与される?

ここでお話しするのは普通預金の利息に関してですが、この点に関して理解を深めておくことが定期預金を成功させるステップとなりますから、普通預金に関してマスターしておくことにしましょう。

普通預金の利息とは

普通預金でお金を預けると利息がつきますが、利息とは預金で得た利益のことを指しています。一定の期間普通預金口座にお金を預けておけば、たいていの銀行では利息が付与されます。その利息額はどのように決まるのでしょうか?利息額は主に・・・

・預金額
・預入期間
・銀行が定める金利

の3つの条件を基に決定されます。最近では、預金額が多ければ多いほど利息がたくさん付くような仕組みになっていますし、預入期間が長ければその分利息も増えていきます。また、利率は各銀行で異なりますから、銀行の金利によっても利息額が変わってきます。

上記3つの条件を考慮して、普通預金口座を活用する必要があるということですね。

普通預金の金利は変動型

金利には、大きく分けると変動金利と固定金利の2種類あります。変動金利の場合、金利は毎日変動し、預金の残高に基づいて毎日利息が計算されるしくみとなっています。それとは反対に、固定金利はお金を預けた時の金利が満期まで保たれます。金利が固定されているということですね。

普通預金は通常、変動金利が採用されています。ですから、毎日の残高によって利息が計算され、一定の期間ごとに利息が支払われます。銀行によって利息の支払い時期は異なりますが、多くの場合、2月と8月の年2回が多いようです。

おさらい

以上、普通預金の利息の加算方法がだいたいお分かりいただけたと思います。預入額、預入期間、各銀行の金利という3種の要因によって利息額が決まります。ですから、普通預金をするなら、少しでも金利の高い銀行で預金をするのがお得なのは間違いありませんが、同じことが定期預金に関しても言えるでしょう。

しかし、前回も話したように、普通預金で管理するお金というのは基本的に流動的なものです。預金を全く使う予定がないのであれば、普通預金より金利の高い定期預金として預けた方がお得なのは言うまでもありません。
(⇒普通預金と定期預金を比較したい方はこちら

都市銀行と比較すると・・・ネットバンクの意外な特長とは

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも24時間取引可能なネットバンク。このネットバンクの最大の魅力は何と言っても「高金利」な点でしょう!なぜネットバンクの金利は高いのか、ネットバンクの魅力に迫ります。

ネットバンクが高金利な理由とは

ネットバンクの金利を都市銀行や地方銀行のものと比較すると、往々にして高い傾向にあります。その理由として挙げられるのは以下の通りです。

◆経費が安い
ネットバンクの特徴の一つは実店舗がないため人件費を含む経費が相対的に安い点です。人件費が安ければその分お客へのサービスに回すことができ、結局は高金利につながっているわけです。また、実店舗があるのとないのとでは様々な経費が全く異なります。

実店舗を持つという事は、店舗を大小問わず建設することになりますし、その店舗を維持するのには税金がかかります。そこで仕事をするには電気代や水道代などの経費もかかります。その実店舗を持たない=経費削減になるのです。

◆ATM設備費の削減
ネットバンクのほとんどは銀行独自のATMを持たないことがほとんどです。コンビニなどのATMを利用させてもらい、その分ATM設備費を削減しているのです。その結果、ATM手数料が無料または少額に設定でき、設備費を削減した分、金利を高めに設定できるというわけなのです。

なぜ高金利がお得?

ネットバンクが高金利な理由はだいたいお分かりいただけたと思いますが、なぜ高金利だとお得なのかがよく分からない・・・という方がもしかしたらいるかもしれませんね。金利に関する基礎知識は以前ご紹介しましたが、定期預金における金利の定義は、預金者が銀行へお金を貸すレンタル料、と言えます。
(⇒銀行の金利と利息の計算方法はこちら

長期間お金を貸した分レンタル料をたくさん貰えるというのが金利の概念ですから、金利が高い方がお得なのは言うまでもないというわけです。金利がお得なネットバンク、さっそくネットバンクで定期預金を始めるのは如何でしょうか?

円定期預金と外貨預金ならどっちが安全?どっちがお得?

資産運用をする上で注目せざるを得ないのは・・・

・リターン
・リスク

の2点です。収益が高い方が良いのは言うまでもありませんが、一般的にリターンとリスクは比例します。それを踏まえ、円定期預金と外貨定期預金ではどちらが安全で、どちらがお得なのか、ここで各項目を徹底比較していきたいと思います。

元本保証

ご存知の通り、円預金は元本保証があります。定期預金を中途解約したとしても、元本割れすることはありません。しかし、外貨預金に元本保証はありません。各国の為替レートが関係するため、元本保証がないのは当然と言えば当然なのですが、元本保証がなければ返還額が元本を大きく割れる可能性があるわけです。

実際、リスク面で円定期預金より上をいく金融商品はほとんどないでしょう。手堅く運用したいならば、円預金は確実は手法です。

預金保険制度

バブル崩壊後の日本で、いくつかの金融機関が破綻しました。そうした経験を踏まえ、日本でもペイオフ(預金保険制度)が設定されました。銀行が破綻しても1000万円以下の預金と利息は保証されるのがペイオフの主な役割です。

円預金は預金保険制度の対象となっています。しかし、外貨預金は対象外となっていますから、万が一の場合、運用資金がすべて返還不能となることもあり得るのです。資産運用としては大きな痛手となるのは当然ですから、この面を比較すると円建て預金に大きな強みがあるのは間違いありません。

金利

金利が定期預金の主な利益となりますが、日本の金利は他国と比べてかなり低く、定期預金で得られる利息にも限りがあります。しかし、外貨預金は、円の金利でなく運用通貨の金利の利息が受け取れます。金利の高い通貨で運用すれば、かなりの利息を受け取れますから、金利面では外貨預金の方が有利でしょう。

為替リスク

円預金には関係のない話ですが、外貨預金には為替リスクが存在します。満期時のレートが外貨預金を始めた時のものより円安なら「為替差益」を得られますが、その逆ですと「為替差損」が生じます。為替相場は常に変動し、相場が荒れることもしばしばありますから、為替リスクは大きなデメリットと言えるでしょう。

実際、為替がこれから必ず円安に向かうとは断定できません。そうすると、金利が高いのは大きな魅力ではありますが、外貨預金はリスクがかなり高く、安全な運用がかなり難しいかもしれません。

以上、円建て定期預金と外貨建て定期預金を比較しましたが、印象はいかがでしょうか?リスクを覚悟でハイリターンを狙いたいなら「外貨預金」、しかし手堅く確実な資産運用がお好みならば「円建て定期預金」がオススメです。熟考してから運用方法を決定しましょう。

定期預金と実は深い関係!?理解しておきたい普通預金とは

『定期預金が目的だから普通預金には興味がない』

こんな風にお考えの方はいらっしゃるでしょうか。そうだとしたら、その考えには調整が必要です。一般的に普通預金と定期預金は密接な関係がありますし、たいていの銀行ではまず普通預金口座を開設しなければ定期預金を始めることができません。

ですから、定期預金を始めるつもりでも、先ずは普通預金に関する理解を深めておくことは欠かせません。

普通預金とは?

普通預金とは、定期預金と異なり、いつでも入金・出金ができる預金口座のことです。定期預金については以前お話ししましたが、定期預金を始めるときに預入期間が決められ、その期間中は出金原則不可となっていました。しかし、普通預金に関してはそのような規定はなく、自分のお金を自由に動かせることができるのが大きな特長となっています。

普通預金口座の主な目的を挙げると・・・

・給料などの受取り
・公共料金や各種返済の口座振替
・一時的な預貯金

以上の目的のために利用されるのが普通預金口座です。

普通預金のその他特長

普通預金はペイオフの対象となっていますので、1000万以下ならば万が一銀行が倒産しても預金全額戻ってきます。それなら定期預金などせずに、普通預金口座にお金を預けて、必要な時にお金を自由に出し入れした方が良いのでは・・・?と思うかもしれませんね。

しかし、普通預金と定期預金の決定的な差は「金利」にあります。定期預金でお金を預ければ普通預金よりも収益が高くなりますから、資産運用としては普通預金より定期預金がより相応しい手法と言えるのです。

ちなみに普通預金はキャッシュカードでいつでもお金の出し入れが可能です。取引銀行に直接赴いても良いですし、最近では24時間営業のコンビニATMでも取引ができます。

これらをふまえて言えるのは、資産運用なら断然定期預金がお得ですが、流動性のあるお金を預けておきたいなら、普通預金口座での管理がベストです。この二つの口座の違いと用途をしっかり認識しておきましょう。
(⇒定期預金はこうして作れる!

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >