定期預金

金利が同じでも受取る利息が違うのはなぜ?単利と複利の秘密に迫る!

定期預金での収益は金利にかかっていると言えますが、金利は原則変わらないものの、受取る利息が違う場合があります。なぜそんなことが起こるのか、徹底解説致します。

秘密は単利と複利にあり

定期預金の運用法には、以下の2種類の方法があります。

①単利
②複利

この2種類の運用法によって受取ることのできる利息額が異なります。単利とは、定期預金の預入期間中に元本に対してのみ利息がつくものを指していて、一方、複利とは、定期預金の期間中、それまでに付与された利息と元本に対して利息がつくものを指しています。それはどういうことなのか、複利に関する一例を挙げてみましょう。

10万円を年利5%で3年間預金したとしましょう。1年ごとの複利の場合、以下のような計算式に基づいて利息を受け取ることができます。

1年目 ⇒ 100,000円×5%=5,000円
2年目 ⇒ 105,000円×5%=5,250円
3年目 ⇒ 110,250円×5%=5,512円
利息合計 ⇒ 15,762円

以上のように、前年の利息と元本に対して利息がつく複利預金ならば、+15,762円(税金差し引かず)の収益となるわけです。単利での預金ですと・・・

100,000円×年利5%×3年=利息15,000円

という計算になりますから、複利預金の方がお得なことお分かりいただけると思います。

単利と複利の利回り

上記の例で、単利預金ならば1年の利回りは、15,000円÷100,000円÷3年=5%となり、複利預金の利回りは、15,762円÷100,000円÷3年=5.254%となります。利息計算でも利回りでも、複利預金の方がお得なことは一目瞭然です。

銀行によっては複利預金の商品を扱っていますから、サービスと自分のニーズを照らし合わせてそうした商品を選ぶのも効率の良い資産運用法となります。

ちなみに投資信託という金融商品でも複利による運用法を時折目にしますが、卓上の計算では複利の方が間違いなくお得であることを覚えておきましょう。

貯金大国日本を理解するには、貯金の歴史を知ることから始まる

貯金大国日本だからこそ、1000兆円を超える借金があってもなかなか破綻しないと言っても過言ではありません。それほど日本の貯金総額は巨額なものです。しかし、日本が破綻するかしないかに関係なく、なぜ日本は、いや、日本人は貯金が好きなのか・・・?

貯金大国日本を理解するためには、先ず日本における貯金の歴史を知ることが必要でしょう。

貯金と聞いて連想するのは・・・

日本人の多くは貯金と聞くと郵便貯金を連想します。それほど貯金と郵便の関係は密接なものと言えるでしょう。そもそも郵便貯金は1875年(明治8年)に導入されました。イギリスの郵便制度がモデルとなったようですが、イギリスの郵便局が郵便業務だけでなく為替や貯金も営んでいることから、同じ形態の郵便局が日本にも導入されたというわけです。

しかし、郵便貯金の導入当初、郵便貯金の需要は高くなく利用者はなかなか増えませんでした。しかし、小学校で貯蓄に関する道徳の授業を取り入れたりすることにより、一般人の間に少しずつ「貯蓄」という概念が普及していったのです。

国民に受け入れられた郵便貯金

その後、郵便貯金の資金運用は主に国債で運用されるようになっていきました。そして、郵便局が全国に点在しているため利便性が高く、政府の保証付きでサービス性も高いため、貯金=郵便貯金というスタイルが日本で根付いたというわけなんです。

以上日本の歴史を簡単に振り返ってみましたが、なぜ日本では貯金が浸透しているのか、貯金=郵便貯金という方程式が存在するのはなぜか、だいたいお分かりいただけたと思います。

貯金大国日本は正しい方向に向かっているのか?

貯金は日本の美徳とも考えられますが、果たしてそれは正しいのか正しくないのか、正解はありません。しかし、消費大国アメリカからすると異常と考えられる日本の貯金額。あなたはどう思われますか?

貯金はある程度大切だと思いますが、資産運用や消費も決して軽視できません。バランスが非常に重要だと思いますが、日本の資産運用レベルは決して高くありません。明治8年に郵便貯金が導入されたように、資産運用や投資に関わる画期的な変革が起こることを望みます。
(⇒日本人が一番好む資産運用法はこちら!

普通預金と何が違う?しっかり比較しておきたい定期預金と普通預金

言うなれば普通預金も定期預金も預金の一種に過ぎないわけですが、何か違いがあるのは確かです。二つを対比・比較することによって、定期預金を始めるのが正しい資産運用方法であることを確信できると思います。ここで、普通預金と定期預金を比較してみましょう。

金利

普通預金と定期預金の最大の違いは、「金利」にあるでしょう。金利に関しては以前お話ししましたが、簡単に言えば収益を決めるカギとなっていますので、金利が高ければ高いほどお得なわけです。

では、普通預金と定期預金を比較すると如何でしょうか?どの銀行でもまず間違いなく定期預金の金利の方が高く設定されています。一定期間銀行にお金を預けるだけで、普通預金の何倍もの収益を上げることが可能なのが定期預金です。

預入期間

普通預金と定期預金での大きな相違は、預入期間にもあります。普通預金は、基本的に預金の出し入れが自由ですが、定期預金は契約期間中は出し入れ原則不可となっています。やむを得ず中途解約するとペナルティ金利が適用になりますから、下手すると普通預金よりも収益が落ちる場合もあるでしょう。

普通預金と定期預金の共通点は?

金融商品の性質上、二つの預金の共通点もあります。その一つが、元本保証です。普通預金も定期預金も必ず元本が保証され、定期預金の場合、中途解約でも元本は100%返金されます。

また、銀行での預金という事で、ペイオフ制度の対象となります。ペイオフとは、万が一銀行が倒産しても、元本の上限1000万円と利息は必ず保証されます。これは普通預金でも定期預金でも同様で、二つの商品の共通点となっています。

また、銀行預金は、定期預金であってもローリスク・ローリターンの金融商品に分類されます。ですから、手堅く安心して資産運用したい方にはオススメの最適の金融商品と言えるでしょう。もちろんローリスクな分ローリターンですから、更なる収益をアップしたいならば、資産運用のポートフォリオの構成を考え直す必要もあるでしょう。

以上、普通預金と定期預金を比較してみましたが、その違いや意外な共通点にお気づきになったことでしょう。これをふまえ、あなたのニーズに最適の資産運用を手掛けることをオススメします。

有事の金!絶対的な安全投資の金!でも意外なデメリットも・・・

手堅い資産運用で「有事の金」と言われるほどの金投資。定期預金と同じほど堅実派から注目度の高い金ですが、実は意外なデメリットも・・・。ここでは金投資のメリットとデメリットを一挙ご紹介致します。

金投資のメリット

◆換金性が高い
金というのは日本だけで出回っているだけでなく、世界中で利用されているものです。ですから、世界のどこでも現金と交換できるのが大きな特長です。各国の通貨と異なり、世界の中でも利用価値が高いため、国際通貨と同じ役目を果たすと言っても過言ではありません。

◆有事の金
何度も触れている点ですが、経済環境が悪くなると資金は一気に金に流入します。それだけ金の価値は高く、しかも金を保有しても税金はかかりません。不動産などは税金を徴収されるのが一般的ですが、金にはそのような特徴はないのです。

◆需要が高い
前回の記事の中でも少し触れましたが、希少価値が非常に高いため、一定の金額を下回ることはなかなかありません。また、新興国での産業的需要がとりわけ高くなってきており、今後の価値が更に高くなる可能性があります。

金投資のデメリット

◇金利は一切ない
資産運用する場合、収入にはたいてい2種類あり、資産そのものの価値が上がり収入を得る、一方で定期預金の金利や株式投資の配当金など、権利を保有することにより得られる収入もあります。金投資の場合、金を保有し続けても金利や配当は一切ありません。

資産を長期的に守りたいという方には適切な投資法ですが、金価格の上下で収益が決まるので、これはデメリットに分類することができるでしょう。

◇為替相場の影響
金取引は基本的にドル建てですので、金相場は容易に為替相場の影響を受けます。時として金価格が急落することもありますので、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

金投資への見方

以上、金投資のメリットとデメリットを列挙しましたが、金投資にも注意点がありますから、購入して終わりというわけにはいきません。保守的に資産運用をしたい方は、金投資を検討しても良いでしょう。しかし、資産運用はバランスが大切ですから、金投資一辺倒の資産運用は如何なものかと思います。

収入は問題じゃない!経験者が語る貯金のコツ

貯金をあえて定義するならば、【収入の一部を取り分けて貯蓄すること】と言えるでしょう。しかし、2008年に起きたリーマンショックを起点に百年に一度の金融ショックが発生したと言われ、その影響を大いに受けている日本と世界経済動向です。

その環境の中、各人は収入が減り、貯金ができないとつぶやく方が少なくありませんし、逆にお金を使わずに貯金額を増やしている家庭も多いようです。貯金ができないのも困りますが、貯金をしすぎるのもちょっと違います。ここでは、バランスの良い貯蓄方法をお伝えできればと思います。

貯金ができない?

収入が少ないから貯金ができないと言い張る方がいますが、本当に収入の問題なのでしょうか?収入と支出を家計簿に書き出し、生活費諸々何にかかっているかしっかり計算してみましたか?書き出してみると、意外にも無駄が多いことが分かりますよ。まずは無駄の削減から始めましょう。

そして無駄の削減をした後で、収入と最低限の出費を割出し、月にどれくらい貯金ができるか計算することです。テキトーに貯金額を決めるのではなく、貯金の明確な目的を定めると計画性と継続性のある貯金が可能になりますよ。

貯金をし過ぎもちょっと問題

冒頭で少しふれましたが、最近は貯金額が増加傾向にあります。しかし、貯金をしていれば安心かというとそうでもありません。せっかくの資産を「ムダ」にしていることになるのをお気づきでしょうか?

日本は貯金大国ですから、資産を運用するという概念が3流以下、まだまだ浸透していません。しかし、余裕資金があるなら上手に資産運用するのが世界基準です。そのためにも、どのように資産運用するべきか学ぶ必要があると思います。

手堅く運用したいなら間違いなく定期預金です。少なくとも普通預金でお金を腐らせるのだけは避けましょうね。余裕資金の50%は定期預金で運用すれば、手堅く堅実で安心の資産運用が可能です。

その他の資金は各人次第ですが、高リスクな金融商品は簡単に資産を目減りさせ、下手するとあっという間に資産消失になることも・・・。あくまでも本人次第ですが、余裕資金の半分以上は定期預金、あとは状況次第でリスクのなるべく少ない投資法で運用するのがベストでしょう。
(⇒定期預金は本当にローリスク?

資産運用は勉強するもの

以上の通り、貯金は収入の問題ではないことお分かりいただけたと思います。収入の額が問題ではなく、収入の中から上手に貯金額を取り分け、定期預金を中心として賢く運用すること、そしてそれを継続すること。これが貯金のベースとなります。それができていなければ、お金はなかなか貯まりませんよ。

まずは貯金の基礎を習得、それから資産倍増を狙うことにしましょう。

金融危機に翻弄される前に仕込んでおくべき、人気の安全資産とは

オリンピックの公式プールは50mプールですが、あのプール3.4杯分しか発掘されていないある高価なものをご存知ですか?それは‘金’です。有事の金とも言われるゴールドですが、それほどまでに希少価値があるからこそ、人は歴史において魅せられてきたのかもしれません。

さらに金を発掘することは不可能ではありませんが、地底数千メートル以下または地上3,000メートル以上に存在しているため、プール1~2杯分あるとも言われる残りの金の発掘は困難を極めています。

希少価値があるだけでなく、産業界での需要が高まっているために、さらに注目度が高くなっているのが現状です。というのも、金は錆びないだけでなく腐敗することもなく、高い電導性もあり、コンピューター関連に電子部品として利用されています。ですから、産業的な需要が高まっており、とりわけ新興国では大いに必要とされているのです。

つまり、金を保有する或いは金関連の投資を手掛けることは、賢明な資産運用法の一つとなるわけです。では、金による資産運用についてさらに詳しく見ていきましょう。

金の魅力とは

以前は英ポンドが世界の基軸通貨だったわけですが、2013年の今も米ドルが基軸通貨として君臨し続けています。この米ドルと金は逆相関にあると言われているのですが、米ドルの価値が下がる(ドル安)ことになれば、「有事の金」の威力を発揮、金に資金が流入し金の価格が高騰します。

一般に、不景気の時は金の価格が高くなる傾向にあり、景気が上向くとリスク・オンで金は売られる傾向にあります。価格変動は比較的激しい金ですが、資産運用のポートフォリオの一部を形成するのに有効な資産だということができるでしょう。

プライム・ショックやリーマン・ショックをきっかけに金価格は高騰しましたが、これからの動向が気になるところです。アメリカや欧州の景気動向や債務状態により上にも下にも動く可能性がありますが、景気が低迷し続けるなら金の価値はますます上がっていくかもしれません。

ポートフォリオに金を組み込もう

定期預金はとりわけ手堅い資産運用法と言われていますが、定期預金だけではなく金や株式投資を含めてトータルでの資産運用を考えるのがセオリーでもあり、重要です。

資産運用は分散投資が欠かせません。リスクを少しでも抑えるために、金投資をどのように行なえるのか、少し学習しておいても損はないはずです。次の記事では、金投資のメリットとデメリットをご紹介致します。

これが一番オーソドックスな方法!上手にお金を貯める方法とは

『お金を貯めたいのだけど、もともとお金を貯めるのが下手。何か良い方法を知りたい!』

そんな方に、オススメのオーソドックスな貯金方法をご紹介したいと思います。貯金の基本を知れば、あとは自分でアレンジすることが可能ですよ。

目的別に振り分ける

たいていの場合、お給料は銀行口座に振り込まれますね。その銀行口座一つだけに資産をまとめておくのではなく、貯金したい分は他の銀行口座に振り分けることにしましょう。貯蓄用口座を作成することがポイントです。

貯金用の銀行口座を作成することがなぜオーソドックスであり、且つ上手にお金を貯める方法なのかと言いますと、貯金用口座内に毎月お金を振り込んでいくと、貯金をしている認識が強まりますし、その口座内資金が徐々に増えていくことによって、貯金をしている実感が湧くのです。

口座内の金額が少しずつ増えていくと、「この資金を減らしたくない」という心理作用が働き、貯金額が減ることなく順調に増えていくことでしょう。これが貯金のオーソドックスな方法です。早速実践してみましょう。

貯まったお金をどう運用するかが問題

お金の貯め方は難しいものではないのですが、貯まったお金をどのように運用するかの選択は難しいものです。目的額に達していないなら、少しでもお金を増やしたいというのが本音でしょうけども、かと言ってリスクの高い金融商品に手を出すのは危険です。

そこで、手堅く運用する一番の方法としては定期預金がオススメです。定期預金には様々な種類がありますから、貯金した資金をさらに振り分けてそれぞれの定期預金商品で運用するのが最善です。
(⇒ローリスクの定期預金の詳細はこちら

一般の固定金利の定期預金に加え、短期定期預金の自動継続で運用する方法、そして複利運用の定期預金も利用して資産を少しでも増やせるように資金管理することにしましょう。そうすることによって、一般の定期預金だけを利用するより、さらにお得に資産運用することが可能になります。

おさらい

ここでは上手にお金を貯める方法の中で一番オーソドックスなものをご紹介しました。貯金用口座を開設し、その専用口座に毎月貯金分を振り込む方法でしたね。そして貯まったお金を今度は定期預金で運用して、少しでも多くの利息を受け取ることによって収益を増やすことが可能になる、これが上手にお金を貯める方法でした。

ただし、実際にやってみなければお金が増えることはありません。また、言うは易く行うは難し、実行には固い決意も必要です。心の準備ができたら早速貯金を始めましょう。

メリットが豊富な定期預金、でも注意点も把握しておこう

前回の記事で定期預金の魅力とそのメリットについてお話ししましたが、注意点が少なからずともあります。その点に留意しながら定期預金を行なうなら、万全の態勢でのぞめるでしょう。

金利リスク

固定金利による定期預金の場合、契約期間が終了するまで金利は変動しません。よく言えば高金利が保証されるわけですが、悪く言えば更なる収益を逃すリスクが存在します。

というのは、数年の定期預金を組んだ場合、契約期間中に市場全体の金利が上がる可能性があります。しかし、固定金利での定期預金の場合、契約時の金利は一切変動しませんので、運用している資産での更なる収益を逃すことになります。つまり、もっと儲けられるはずだったものを儲けられなくなるというわけです。

日本の金利状況はお世辞にもよくありませんが、世界の景気動向などさまざまな要素が揃えば、日本の金利が上がる可能性もあるわけです。ですから、現在とこれからの経済状況を見極めながら定期預金を始めないと、金利リスクを冒すことになります。

1000万円以上の定期預金だと・・・

ご存知かもしれませんが、同じ銀行で1000万円以上の預金をしている場合、万が一銀行が倒産したら戻ってくるのは1000万円が上限となっています。つまりペイオフ制度があるというわけです。このペイオフ制度によって個人の資産が守られるわけですが、1000万円以上の預金をする場合には、ある程度のリスクがあることを頭に入れておきましょう。

中途解約リスク

定期預金は基本的に中途解約不可ですが、ペナルティ金利適用で解約が可能な場合もあります。銀行や商品によって変わりますので個別に確認が必要ですが、ペナルティ金利が適用になればほとんど利息は付かないと考えて下さい。

そうすると、解約までの期間の預金が水の泡になるわけです。資産運用をしていたわけですが、収益がほとんどゼロの資産運用はお世辞にも賢明な運用とは言えません。元本が保証されるとは言え、中途解約は何としても避けたいところです。

定期預金の主な注意点は以上の通りです。メリットは豊富ですが、気を付けなければならない点があるのは確かですから、定期預金を始める時期や預入額、そして預入期間を熟考してから始めることにしましょう。

ネットバンク定期預金のメリットとデメリットを把握しよう

定期預金をする場合、たいていネットバンクで定期預金するのが最善の選択であることは、前にもお伝えしました。しかし、ネットバンクで定期預金をするにしても、メリットとデメリットを常に頭に入れておかなければなりません。

では、ネットバンクの定期預金に関するメリットとデメリットを以下、順を追ってご紹介致します。

ネットバンク定期預金のメリットとは

◆金利
ネットバンクの最大の魅力は、何といっても高金利な点でしょう。結局のところ、ネットバンクに関わらず定期預金をする理由は金利が最大の目的と言えます。その金利が、一般の銀行よりも高いのですから、ネットバンクの利用を拒む理由は見当たりません。

◆手軽さ
ネットバンクは、ネット上での取引が全てです。実店舗を持たない銀行がほとんどですから、取引窓口はすべてパソコンの画面上となります。言うなれば、ネット環境さえあればどこででも取引可能であり、この手軽さ・便利さは大きなメリットと言えます。

◆各種手数料が無料または少額
実店舗がなく人件費などがかからない分、各種手数料がかなり安く、ネットバンクによってはATM手数料などを無料にしています。手数料が安くて越したことはありませんし、逆に高ければ最悪マイナス金利となってしまいますから、この点はネットバンクの強みと言えます。

デメリットにも要注意

×金利リスク
高金利の反面、金利リスクが伴います。つまり、運用期間中に金利が上昇しても、契約時の金利が変動することは基本的にありません。運用していなかったならば、さらに高い収益を得られるかもしれない機会を逸することになるかもしれない金利リスク。これは、ネットバンクだけでなく一般の銀行での定期預金にも同じことが言えます。

×手軽さ
えっ?手軽さはメリットじゃないの?と思うかもしれませんが、手軽さはある意味デメリットにもなります。あまりにも手軽なため、気軽に定期預金を始めることができます。しかし、よく考えないで定期預金を始めた結果、金利リスクに面することもあり得ますし、するべきでなかったお金を定期預金してしまうこともあり得ます。

×実店舗がない
今までの銀行の形態は、もちろん実店舗での取引、顔と顔を合わせての取引でした。ですから、ある程度年齢が上の方にとってネットバンクの操作は困難を覚えるかもしれませんし、どうしてもなじまない方がいるかもしれません。そうした点は、人によってですがデメリットと感じるでしょう。

以上、ネットバンクでの定期預金のメリットとデメリットをご紹介致しましたが、デメリットに関しては大きな問題はないと思われます。預金を始める前にすべきことを行ない、思考力を働かしたうえで定期預金を始めればOKです。その点を踏まえ、ネットバンクで口座開設し預金を始めることにしましょう。
(⇒定期預金前にこの比較は欠かせない!

投資信託と定期預金を徹底比較、あなたにぴったりの投資法を探そう

自分にあった資産運用法を探すのに最適なのが「比較」となるわけですが、前回は投資信託のメリット・デメリットをお話ししましたので、ここでは投資信託と手堅い資産運用法と言われる定期預金を比較・検討したいと思います。どちらの運用法が自分に最適なのかという角度で考えると、より相応しい選択ができるでしょう。

投資信託と定期預金の比較

◆元本保証
定期預金は元本保証が付与されており、仮に中途解約したとしても元本は必ず変換されます。しかし、投資信託は対照的で、元本保証はありません。プロが運用するとはいえ、相場の変動などで損失がでればその損失は信託した側にしわ寄せがきます。つまり出資者である個人投資家が損失を被ることになるのです。

◆少額から運用
投資信託は通常の投資ではなかなか手の出ないジャンルに少額から投資できます。日本株式だけでなく、外国株式や外国債、また不動産や金等など、さまざまなジャンルの信託商品が用意されています。それら魅力ある投資先に少額から投資できるのが投資信託の魅力です。

定期預金は、銀行にお金を預けて一定の利息をもらう、これが基本的な運用法であり、銀行にお金を預けるだけですから、投資信託のように投資対象を選ぶということはしません。

◆金利
投資信託の利率は、各商品の分配金がいくらもらえるかによって利率が決定されますが、往々にして定期預金よりも高い利率となっています。つまり、元本に対する利息の割合は相対的に高い金融商品と言えるでしょう。

◆商品の数
先ほども少し触れましたが、投資信託はさまざまなジャンルを投資対象としていますので、投資信託の商品は数えきれないほどあります。ですから、相場動向や金利動向をふまえ、より相応しい商品を探し出すことによって更なる収益アップを狙うことが可能です。

定期預金にも様々な商品があり、各銀行が打ち出すキャンペーンなどはかなり魅力的です。しかし、投資信託の商品の数に比べると少し見劣りするかもしれません。

リスクの程度を忘れるな

投資信託と定期預金を様々な角度から比較・検討しましたが、印象はいかがでしょうか?ある人は、高収益が狙える投資信託がよいなぁ!と思うかもしれませんが、大切な点を忘れてはなりません。それはリスクです。

投資信託は利率も結構高いですが、「リスクと金利は比例する」という大原則を決して忘れてはなりません。確かに定期預金に比べれば投資信託の金利は高いのですが、それだけリスクが高いということです。実際、元本保証がありません。

より手堅い資産運用をお望みであれば定期預金、リスクを覚悟で更なる収益を狙いたいなら投資信託、と考えるのがベストかもしれませんね。それを踏まえて、最善の選択ができるよう願っています。
(⇒ローリスクの資産運用No.1は定期預金!

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >