個人投資家が手掛ける株式投資の概要

投資法は千差万別、その中で際立つ株式投資の真相に迫る!

『お金を動かしてお金を生みだす』

これは、私の一友人の名文句ですが、言い換えれば、無駄な体力を使わずに資産運用で収入を得れば、これほど楽な仕事はない、という意味でこの言葉を語ったようです。私もそのことには完全に同意します。

資産運用法の中で重要な位置を占めるのが、株式投資です。株式投資とはどんな投資法なのか、その概要をここでお知らせいたします。

株式投資とは

各企業は、経営のための資金を得る方法として株式を上場させ、株式を売りつけた資金を有効活用して仕事を営むわけですね。その上場された株式を購入し、インカムゲインまたはキャピタルゲインでの利益獲得を狙うのが株式投資です。

インカムゲインとは、企業からの配当金による利益を指していて、キャピタルゲインは株式価格の変動による利益を指しています。インカムゲインの資産運用をしたいなら、ある程度の期間株式保有が必須となりますが、キャピタルゲインは株価が上がった時売却することによって利益確定となりますので、比較的短期間での利益獲得を狙うことが可能です。

株はどこで買える?

上場株式は証券取引所で売買されますが、一般の個人がそれを売買するためには証券口座の開設が必須です。つまり、個人が証券取引所で直接売買するというよりも、証券会社が窓口となって取引するという言い方が正しいかもしれません。

しかし、証券口座を開設したなら、自分で好きな時に売買することが可能になります。とりわけネット証券口座なら電子的取引がメイン取引となり、リアルタイムでの株式売買が実現できるというわけです。今ではネット証券が主流となり、多くの個人投資家がインターネットを通じて株式売買に参加しています。

株式取引での利益獲得方法

株式投資での利益獲得方法は、上述したように2通りの方法がありますが、運用方法によって株式保有の目的も変わってきます。

インカムゲイン:主に配当金での利益獲得が狙い。株式保有数が増えれば会社の経営に参加することも可能。インカムゲインが株式取引の目的の場合、保有日数は長くなり長期運用とも言われる。

キャピタルゲイン:主に株価変動による利益獲得が狙い。会社の経営参加を目的とはせず、あくまでも利益獲得のための株式保有が目的。株価が低いところで買い、上がった時点で売却することにより利益確定となるので、早いときは1日内での売却をすることも。そういったトレードをデイトレーダーとも言う。

以上、株式取引の概要を説明いたしましたが、だいたいお分かりいただけたと思います。長期運用またはデイトレードなのか、キャピタルゲインまたはインカムゲインでの利益獲得が狙いなのか、これらの違いで取引方法が変わるということをよく覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加