定期預金とMMF投資の徹底比較

徹底比較!堅実投資派に向いているのは定期預金?MMF投資?

これまで何度も紹介してきた定期預金MMF。果たして堅実投資派に向いているのはどちらの投資法でしょうか、ここでは徹底比較したいと思います。

定期預金とMMFには意外な共通点も

◆少額から運用可能
定期預金の中には1円から積立可能な商品や銀行があり、MMFはたいていの場合1円からの運用が可能ですから、少額からの運用という面では両投資法の共通点と言えるでしょう。普通預金では物足りない!という方が次のステップとして考える資産運用と考えられます。

◆ローリスク・ローリターン
定期預金もMMFもローリスク・ローリターンに分類できる投資法です。とりわけ定期預金は元本保証が付与されていますので、安心の運用法です。しかし、ローリスクならば、当然リターンも比例しているのが実情で、定期預金とMMFはともにローリターンの投資法となります。

定期預金とMMFにこんな違いがあったとは

◇運用資金の引出し
定期預金は自由に引出しができず、契約期間中に中途解約するとペナルティ金利が適用になります。しかし、MMFの場合、30日経過後ならば手数料がかからず自由に引出し可能になります。融通性という面ではMMFの方が有利と言えるかもしれません。

◇元本保証
上でも少し触れましたが、定期預金は銀行が破綻しても、1000万円以下の預金に関しては利息も含めて保証されますので、安全な資産運用法と断言できます。それとは対照的に、MMFは公社債の運用による投資信託ですから、仮に企業が破綻したなら大きな損失を被ることになります。その観点から言えば、MMFのリスクの方が高いと言えるでしょう。

その他の留意点

定期預金はネットバンクを含む銀行で取引するものですが、MMFは基本的に証券会社で運用します。しかし、最近ではネットバンクでも取り扱っていますから、手軽さという面で見劣りしなくなりました。

運用したい時に手軽に運用できないと、お金では買えない時間を浪費することもありますから、手軽さも比較の重要ポイントとなります。以上の点を踏まえ、自分のニーズや好み、資産運用の目的に沿って相応しい運用法を選択しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加