投資信託の一種MMFの概要について

こんな投資法があったのか、知っておいて損はないMMF投資とは

手堅く投資するなら定期預金と考えがちですが、さらに選択の幅を広げるために「MMF」についての知識を深めておいて損はないようです。以下、MMFの概要をお伝えできればと思います。

MMFって何?

MMFはMoney Management Fundの略で、実は投資信託の一つです。投資信託については以前もご紹介しましたが、MMFは投資信託の中でも低リスクな金融商品と位置付けられるかもしれません。

投資信託について簡単におさらいですが、自分で直接資産運用するのではなく、投資をプロの投資家に委託する商品を投資信託と言います。プロの投資家をファンドマネージャーとも言いますが、ファンドマネージャーがあなたの代わりに資産運用をしてくれるというわけですね。

そして、資産運用をして利益がでたら、その利益を分配してくれますので、投資信託における利益を分配金と呼んでいるのは一つの特徴です。

MMFの投資先は、主に公社債です。簡単に言えば、企業が発行する債券を対象とした投資信託で、元本保証が付与されている債券です。しかし、企業が破綻すれば債券は紙切れとなりますから、実際には元本割れする可能性があります。企業が破綻しなさそうな債権を購入して運用するのがMMFと考えてOKです。

ですから、MMFは元本割れしにくい投資信託と言われていますので、ローリスクではありませんが、投資の初心者が初めに手掛ける投資法としては悪くないようです。

こんな方におすすめ

MMFの購入&解約手数料はかかりません。ですから、一時的に資産を預けておきたい、少しでも高金利の商品で資産を保有しておきたいという方にはオススメの商品となります。

しかし、概要を見ただけでMMFを始めるのも違いますね。投資の基本として、まずメリットとデメリットをきちんと把握したうえで資産運用を始めるべきです。

では、次の記事でMMFのメリットとデメリットを詳しく見ていくことにしましょう。
(⇒MMFの意外なメリットとデメリットとは

このエントリーをはてなブックマークに追加