株式投資のメリットとデメリット

どの投資法にもメリットとデメリットが混在、では株式投資は?

前回の記事で株式投資の概要について書きました。株式投資は資産運用の手段として若い人から年配の方まで、幅広い年齢層の方に利用されています。もちろん、株式投資にもメリットとデメリットがありますから、それらを把握したうえで手掛けなければならないのは言うまでもありません。

では、ここで株式投資のメリットとデメリットについてご紹介できればと思います。

株式投資のメリット

◆運用しやすい
最近はインターネットが普及され、各証券会社もネット口座に力を入れていますので、ネット環境さえあればいつでもどこでも取引できる環境が整っています。ですから、急な相場変動に面しても売買がしやすいため、資産運用としても臨機応変な運用が可能になっています。

◆ハイリターン可
会社の経営状況や自社株買い、配当アップなど、様々な要因で株価が急騰することもあります。急騰しなくとも、会社の経営状況を見極めれば比較的容易に株価上昇を予想できます。効果的な売買を行なえば、短期間で大きなリターンを得ることが可能な点はメリットと言えるでしょう。

◆配当金と株主優待
特定の日に株式を保有していると配当金と株主優待を受取る権利を得られます。とりわけ株主優待は、各会社独自の物品や権利を各株主に送ってくれるので、配当金と同時にプレゼント感覚で優待を貰えるのは嬉しい限りです。

株式投資のデメリット

◇元本保証はない
株式投資の元本保証はありません。投資先企業がもし破綻でもしたら、株券は紙切れ同然のものと化し資産を一気に失うことになります。以前のJALが良い例でしょう。

◇相場の急変
株式市場は突如として変動することがあります。例えば、2008年のリーマンショックなどが参考になりますが、相場急変で株価が数日で半額以下になったものもあります。売りたくても売れない状況でしたから、株価がみるみるうちに下がっていくのをただただ傍観せざるを得ない状況だったというわけです。そういう観点から見るとリスクは高い運用法と言えるでしょう。

◇企業の経営状況
企業の経営状況は突然変化することがあり、予想を超えた結果になることがしばしばあります。そうなれば株価急落は免れず、今まで付与されていた配当が無配になることもあります。そうなれば資産運用としては失敗で、資産が大きく目減りすることになるでしょう。

さてどうする?

以上のように株式投資にもメリットとデメリットがあることお分かりいただけたと思いますが、株式投資も簡単なように見えて、実は奥の深い資産運用法なのですね。

ある程度リスクを覚悟してでもハイリターンを狙いたいなら株式投資はかなり有効な資産運用ですが、元本保証は譲れないというなら、手堅く定期預金で資産運用するのがベストでしょう。
(⇒定期預金にはメリットがいっぱい!

このエントリーをはてなブックマークに追加