円預金と外貨預金の徹底比較

円定期預金と外貨預金ならどっちが安全?どっちがお得?

資産運用をする上で注目せざるを得ないのは・・・

・リターン
・リスク

の2点です。収益が高い方が良いのは言うまでもありませんが、一般的にリターンとリスクは比例します。それを踏まえ、円定期預金と外貨定期預金ではどちらが安全で、どちらがお得なのか、ここで各項目を徹底比較していきたいと思います。

元本保証

ご存知の通り、円預金は元本保証があります。定期預金を中途解約したとしても、元本割れすることはありません。しかし、外貨預金に元本保証はありません。各国の為替レートが関係するため、元本保証がないのは当然と言えば当然なのですが、元本保証がなければ返還額が元本を大きく割れる可能性があるわけです。

実際、リスク面で円定期預金より上をいく金融商品はほとんどないでしょう。手堅く運用したいならば、円預金は確実は手法です。

預金保険制度

バブル崩壊後の日本で、いくつかの金融機関が破綻しました。そうした経験を踏まえ、日本でもペイオフ(預金保険制度)が設定されました。銀行が破綻しても1000万円以下の預金と利息は保証されるのがペイオフの主な役割です。

円預金は預金保険制度の対象となっています。しかし、外貨預金は対象外となっていますから、万が一の場合、運用資金がすべて返還不能となることもあり得るのです。資産運用としては大きな痛手となるのは当然ですから、この面を比較すると円建て預金に大きな強みがあるのは間違いありません。

金利

金利が定期預金の主な利益となりますが、日本の金利は他国と比べてかなり低く、定期預金で得られる利息にも限りがあります。しかし、外貨預金は、円の金利でなく運用通貨の金利の利息が受け取れます。金利の高い通貨で運用すれば、かなりの利息を受け取れますから、金利面では外貨預金の方が有利でしょう。

為替リスク

円預金には関係のない話ですが、外貨預金には為替リスクが存在します。満期時のレートが外貨預金を始めた時のものより円安なら「為替差益」を得られますが、その逆ですと「為替差損」が生じます。為替相場は常に変動し、相場が荒れることもしばしばありますから、為替リスクは大きなデメリットと言えるでしょう。

実際、為替がこれから必ず円安に向かうとは断定できません。そうすると、金利が高いのは大きな魅力ではありますが、外貨預金はリスクがかなり高く、安全な運用がかなり難しいかもしれません。

以上、円建て定期預金と外貨建て定期預金を比較しましたが、印象はいかがでしょうか?リスクを覚悟でハイリターンを狙いたいなら「外貨預金」、しかし手堅く確実な資産運用がお好みならば「円建て定期預金」がオススメです。熟考してから運用方法を決定しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加