積極的投資法のFX取引についてご紹介

定期預金とは志向の違う積極的投資法、FXとはどんな投資法?

リスクの観点から言うと、定期預金は最大級と言って良いほどローリスクで安全投資ですが、投資法は定期預金がすべてではありません。その他に数えきれないほどの投資法が存在し、自分の投資目的、自分のニーズや好みに応じて選択しなければなりません。

ここで紹介したいのは、FXこと外国為替証拠金取引です。定期預金とは志向が全く異なる投資法で、言うなれば積極的な投資法であると言えるでしょう。では、FXがどんな投資法なのか、その概要をご紹介したいと思います。

FXとは

FXは外国為替証拠金取引のことで、差金決済取引の一種です。外貨の現物を実際に売買するわけでなく、買値と売値の差額で差益を決定します。

最大の醍醐味は?と聞かれれば、大部分の方はレバレッジと言うかもしれません。レバレッジとは‘てこの原理’のことで、FX取引においては少額の証拠金を担保として多額の外貨取引を可能にします。日本国内において、個人が取引できる最大レバレッジは25倍と規制されています。

簡単に言えば、アメリカドル100万円分の取引をしたい時、4万円の証拠金をFX業者に預ければ100万円分のアメリカドルの取引ができる、これがレバレッジの仕組みです(レバレッジ25倍のケース)。少額投資ということで人気を集めています。

レバレッジはコントロール可能

レバレッジは選択性です。1倍で取引もできますし、10倍、20倍のレバレッジでも取引はできます。25倍のレバレッジで固定しているFX業者は少なくありませんが、FX口座内金額を多くすればするほど「実効レバレッジ」が低くなり、実質低レバレッジでの取引可能となります。

リスクを抑えて取引したいなら、低いレバレッジで取引することや口座内金額を多くすること、また取引通貨数を少なめにすることによってコントロール可能です。

スワップ金利でコツコツ稼ぐこともできる!

各国の金利が異なることから、FX取引のように2か国の通貨を取引することによって「スワップ金利」が生じます。取引する通貨によってスワップ金利は大分変りますが、基本的に毎日○○円という形で金利が付与されます。ですから、ポジションを保有する限り(金利の高い通貨を保有する時に限る)、毎日スワップ金利を受取ることができます。

FX口座内資金を多めにして急な相場変動にも対応できるようにコントロールし、余裕ある取引をすることによってコツコツとスワップ金利を稼いでいくことができるというわけです。

リスクは如何に?

100歩譲ってもローリスクとは言えないFX取引です。リターンは高いですがリスクも高い取引となりますので、未経験者が練習なしでの取引をすることは絶対避けなければなりません。リスクを取って積極的に高リターンを狙っていく投資法となります。

以上、FX取引の概要をお伝えいたしましたが、どんな印象ですか?FX投資のメリットとデメリットについては次の記事をご覧くださいね。
(⇒FX投資のメリットとデメリットを徹底検証

このエントリーをはてなブックマークに追加