金投資のメリットとデメリットとは

有事の金!絶対的な安全投資の金!でも意外なデメリットも・・・

手堅い資産運用で「有事の金」と言われるほどの金投資。定期預金と同じほど堅実派から注目度の高い金ですが、実は意外なデメリットも・・・。ここでは金投資のメリットとデメリットを一挙ご紹介致します。

金投資のメリット

◆換金性が高い
金というのは日本だけで出回っているだけでなく、世界中で利用されているものです。ですから、世界のどこでも現金と交換できるのが大きな特長です。各国の通貨と異なり、世界の中でも利用価値が高いため、国際通貨と同じ役目を果たすと言っても過言ではありません。

◆有事の金
何度も触れている点ですが、経済環境が悪くなると資金は一気に金に流入します。それだけ金の価値は高く、しかも金を保有しても税金はかかりません。不動産などは税金を徴収されるのが一般的ですが、金にはそのような特徴はないのです。

◆需要が高い
前回の記事の中でも少し触れましたが、希少価値が非常に高いため、一定の金額を下回ることはなかなかありません。また、新興国での産業的需要がとりわけ高くなってきており、今後の価値が更に高くなる可能性があります。

金投資のデメリット

◇金利は一切ない
資産運用する場合、収入にはたいてい2種類あり、資産そのものの価値が上がり収入を得る、一方で定期預金の金利や株式投資の配当金など、権利を保有することにより得られる収入もあります。金投資の場合、金を保有し続けても金利や配当は一切ありません。

資産を長期的に守りたいという方には適切な投資法ですが、金価格の上下で収益が決まるので、これはデメリットに分類することができるでしょう。

◇為替相場の影響
金取引は基本的にドル建てですので、金相場は容易に為替相場の影響を受けます。時として金価格が急落することもありますので、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

金投資への見方

以上、金投資のメリットとデメリットを列挙しましたが、金投資にも注意点がありますから、購入して終わりというわけにはいきません。保守的に資産運用をしたい方は、金投資を検討しても良いでしょう。しかし、資産運用はバランスが大切ですから、金投資一辺倒の資産運用は如何なものかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加