その他の運用・投資方法

定期預金とは志向の違う積極的投資法、FXとはどんな投資法?

リスクの観点から言うと、定期預金は最大級と言って良いほどローリスクで安全投資ですが、投資法は定期預金がすべてではありません。その他に数えきれないほどの投資法が存在し、自分の投資目的、自分のニーズや好みに応じて選択しなければなりません。

ここで紹介したいのは、FXこと外国為替証拠金取引です。定期預金とは志向が全く異なる投資法で、言うなれば積極的な投資法であると言えるでしょう。では、FXがどんな投資法なのか、その概要をご紹介したいと思います。

FXとは

FXは外国為替証拠金取引のことで、差金決済取引の一種です。外貨の現物を実際に売買するわけでなく、買値と売値の差額で差益を決定します。

最大の醍醐味は?と聞かれれば、大部分の方はレバレッジと言うかもしれません。レバレッジとは‘てこの原理’のことで、FX取引においては少額の証拠金を担保として多額の外貨取引を可能にします。日本国内において、個人が取引できる最大レバレッジは25倍と規制されています。

簡単に言えば、アメリカドル100万円分の取引をしたい時、4万円の証拠金をFX業者に預ければ100万円分のアメリカドルの取引ができる、これがレバレッジの仕組みです(レバレッジ25倍のケース)。少額投資ということで人気を集めています。

レバレッジはコントロール可能

レバレッジは選択性です。1倍で取引もできますし、10倍、20倍のレバレッジでも取引はできます。25倍のレバレッジで固定しているFX業者は少なくありませんが、FX口座内金額を多くすればするほど「実効レバレッジ」が低くなり、実質低レバレッジでの取引可能となります。

リスクを抑えて取引したいなら、低いレバレッジで取引することや口座内金額を多くすること、また取引通貨数を少なめにすることによってコントロール可能です。

スワップ金利でコツコツ稼ぐこともできる!

各国の金利が異なることから、FX取引のように2か国の通貨を取引することによって「スワップ金利」が生じます。取引する通貨によってスワップ金利は大分変りますが、基本的に毎日○○円という形で金利が付与されます。ですから、ポジションを保有する限り(金利の高い通貨を保有する時に限る)、毎日スワップ金利を受取ることができます。

FX口座内資金を多めにして急な相場変動にも対応できるようにコントロールし、余裕ある取引をすることによってコツコツとスワップ金利を稼いでいくことができるというわけです。

リスクは如何に?

100歩譲ってもローリスクとは言えないFX取引です。リターンは高いですがリスクも高い取引となりますので、未経験者が練習なしでの取引をすることは絶対避けなければなりません。リスクを取って積極的に高リターンを狙っていく投資法となります。

以上、FX取引の概要をお伝えいたしましたが、どんな印象ですか?FX投資のメリットとデメリットについては次の記事をご覧くださいね。
(⇒FX投資のメリットとデメリットを徹底検証

徹底比較!堅実投資派に向いているのは定期預金?MMF投資?

これまで何度も紹介してきた定期預金MMF。果たして堅実投資派に向いているのはどちらの投資法でしょうか、ここでは徹底比較したいと思います。

定期預金とMMFには意外な共通点も

◆少額から運用可能
定期預金の中には1円から積立可能な商品や銀行があり、MMFはたいていの場合1円からの運用が可能ですから、少額からの運用という面では両投資法の共通点と言えるでしょう。普通預金では物足りない!という方が次のステップとして考える資産運用と考えられます。

◆ローリスク・ローリターン
定期預金もMMFもローリスク・ローリターンに分類できる投資法です。とりわけ定期預金は元本保証が付与されていますので、安心の運用法です。しかし、ローリスクならば、当然リターンも比例しているのが実情で、定期預金とMMFはともにローリターンの投資法となります。

定期預金とMMFにこんな違いがあったとは

◇運用資金の引出し
定期預金は自由に引出しができず、契約期間中に中途解約するとペナルティ金利が適用になります。しかし、MMFの場合、30日経過後ならば手数料がかからず自由に引出し可能になります。融通性という面ではMMFの方が有利と言えるかもしれません。

◇元本保証
上でも少し触れましたが、定期預金は銀行が破綻しても、1000万円以下の預金に関しては利息も含めて保証されますので、安全な資産運用法と断言できます。それとは対照的に、MMFは公社債の運用による投資信託ですから、仮に企業が破綻したなら大きな損失を被ることになります。その観点から言えば、MMFのリスクの方が高いと言えるでしょう。

その他の留意点

定期預金はネットバンクを含む銀行で取引するものですが、MMFは基本的に証券会社で運用します。しかし、最近ではネットバンクでも取り扱っていますから、手軽さという面で見劣りしなくなりました。

運用したい時に手軽に運用できないと、お金では買えない時間を浪費することもありますから、手軽さも比較の重要ポイントとなります。以上の点を踏まえ、自分のニーズや好み、資産運用の目的に沿って相応しい運用法を選択しましょう。

安全投資と呼べるのか?MMF投資のメリットとデメリットを検証!

定期預金と同じくらい安全投資とは言われるものの、MMF投資の真の姿を理解していないのであれば、手を出すのは適切とは言えません。MMFのメリットとデメリットをしっかりと頭に入れることにしましょう。

MMFのメリットは

◆金利
MMFの利率(定期預金の金利にあたる)は、銀行での普通預金よりも一般的に高く設定されています。ですから、普通預金でお金を眠らせたくないという方には、考慮すべき選択肢の一つになることでしょう。もちろんノーリスクではありませんから、運用したい資金のうちどれくらいの割合をMMFに充てれば良いか、という観点で考えると良いでしょう。

◆融通性
MMFは運用を始めてから30日以上経過したなら、解約手数料無料でいつでも出し入れ自由となっていることがほとんどです。ですから、定期預金のように縛られたくない、けれども普通預金より高金利で運用したいという方にはMMFは向いているかもしれません。

◆少額投資
たいていの場合、一口1円から運用可能です。もちろん運用額に応じて分配金が付与されますので、1円運用しただけではあまり効果のない資産運用ですが、少額から始められるということでメリットと言えるでしょう。身近な投資法と言えそうです。

◆手軽さ
一昔前は証券会社でしか購入できなかったのですが、最近では銀行でも運用できるMMF。ネットバンク口座を開設して、定期預金と併用して資産運用するのも一つの選択肢になるかもしれません。

MMFのデメリット

◇元本保証
MMFは公社債を運用する投資信託ですから、元本割れはほとんどない投資法と言われています。ですから、実質元本保証とも言われていますが、企業が破綻すれば元本の保証はありません。損失を被る可能性もあるMMFですから、その点には要注意です。

◇ローリターン
リスクがあまり高くない分、投資としては物足りないリターンと言えるでしょう。投資というよりも、普通預金よりはまし、くらいの気持ちで運用するのがベストでしょう。

以上のように、MMFにはメリットとデメリットが混在します。確かに手堅い投資法と言えますが、リスクがないわけではありませんから、トータルで考えて必要なら利用すれば良いでしょう。

こんな投資法があったのか、知っておいて損はないMMF投資とは

手堅く投資するなら定期預金と考えがちですが、さらに選択の幅を広げるために「MMF」についての知識を深めておいて損はないようです。以下、MMFの概要をお伝えできればと思います。

MMFって何?

MMFはMoney Management Fundの略で、実は投資信託の一つです。投資信託については以前もご紹介しましたが、MMFは投資信託の中でも低リスクな金融商品と位置付けられるかもしれません。

投資信託について簡単におさらいですが、自分で直接資産運用するのではなく、投資をプロの投資家に委託する商品を投資信託と言います。プロの投資家をファンドマネージャーとも言いますが、ファンドマネージャーがあなたの代わりに資産運用をしてくれるというわけですね。

そして、資産運用をして利益がでたら、その利益を分配してくれますので、投資信託における利益を分配金と呼んでいるのは一つの特徴です。

MMFの投資先は、主に公社債です。簡単に言えば、企業が発行する債券を対象とした投資信託で、元本保証が付与されている債券です。しかし、企業が破綻すれば債券は紙切れとなりますから、実際には元本割れする可能性があります。企業が破綻しなさそうな債権を購入して運用するのがMMFと考えてOKです。

ですから、MMFは元本割れしにくい投資信託と言われていますので、ローリスクではありませんが、投資の初心者が初めに手掛ける投資法としては悪くないようです。

こんな方におすすめ

MMFの購入&解約手数料はかかりません。ですから、一時的に資産を預けておきたい、少しでも高金利の商品で資産を保有しておきたいという方にはオススメの商品となります。

しかし、概要を見ただけでMMFを始めるのも違いますね。投資の基本として、まずメリットとデメリットをきちんと把握したうえで資産運用を始めるべきです。

では、次の記事でMMFのメリットとデメリットを詳しく見ていくことにしましょう。
(⇒MMFの意外なメリットとデメリットとは

真の安全投資の雄はどっちだ?定期預金?それとも金?

安全投資と称される定期預金と金(ゴールド)。金投資については以前の記事で詳しく見てみましたが、ここでは定期預金と金投資を徹底比較したいと思います。現在(2013年)の経済環境で、どんな資産運用を手掛けたら良いのか参考にされて下さい。

定期預金と金(ゴールド)を徹底比較!

■金利
円定期預金のメリットと言えば金利の高さでした。預入額と預入期間によっても金利は異なりますが、利息が主な収入源となります。それに対して金投資に金利はありません。金を保有しても金利はありませんから、金そのものの価格が上がることによって収益を得られます。
(⇒定期預金のメリットとは

■投資リスク
定期預金が安心できるのは元本保証です。預入れた金額が1000万円以下ならば(同行の場合)、万が一銀行が破綻したとしても利息分も含めて元本が返還されるしくみになっています。しかし、金投資に元本保証はありません。買った後に価格が急落すれば、損失を被ることになります。
(⇒銀行預金とペイオフの関係について

■リスクヘッジ
金価格は株価と相関性が低く、金価格と米ドルは逆相関の関係にあると言われています。この関係を利用して金投資で儲けられる可能性があります。つまり、株価や米ドルの価値が下がった時、金価格が上がる傾向にありますので、相応しい時に金売買を行なえば収益を得られるかもしれません。

定期預金はリスクヘッジという観点から見ると、あまり効果はないかもしれません。リスクヘッジというよりも、安全に資産を増やしたいという方にピッタリの資産運用でしょう。

こうやって使い分けよう

定期預金と金投資の違いを様々な角度から比較してみましたが、いかがでしょうか?どちらも安全資産と言われてはいますが、安全の質が異なるようです。

◆定期預金:ローリスク・ローリターンな安全投資、資産が減ることはない
◇金投資:金融危機などが起こった時に、資産を確保するために利用する投資法、金投資自体のリスクは低くない

以上を念頭に使い分けて資産運用することをオススメします。「安全投資」の一言では片づけられない定期預金と金投資。‘安全’の背後にある様々な要因を熟知したうえで資産運用を始めることが大切です。

有事の金!絶対的な安全投資の金!でも意外なデメリットも・・・

手堅い資産運用で「有事の金」と言われるほどの金投資。定期預金と同じほど堅実派から注目度の高い金ですが、実は意外なデメリットも・・・。ここでは金投資のメリットとデメリットを一挙ご紹介致します。

金投資のメリット

◆換金性が高い
金というのは日本だけで出回っているだけでなく、世界中で利用されているものです。ですから、世界のどこでも現金と交換できるのが大きな特長です。各国の通貨と異なり、世界の中でも利用価値が高いため、国際通貨と同じ役目を果たすと言っても過言ではありません。

◆有事の金
何度も触れている点ですが、経済環境が悪くなると資金は一気に金に流入します。それだけ金の価値は高く、しかも金を保有しても税金はかかりません。不動産などは税金を徴収されるのが一般的ですが、金にはそのような特徴はないのです。

◆需要が高い
前回の記事の中でも少し触れましたが、希少価値が非常に高いため、一定の金額を下回ることはなかなかありません。また、新興国での産業的需要がとりわけ高くなってきており、今後の価値が更に高くなる可能性があります。

金投資のデメリット

◇金利は一切ない
資産運用する場合、収入にはたいてい2種類あり、資産そのものの価値が上がり収入を得る、一方で定期預金の金利や株式投資の配当金など、権利を保有することにより得られる収入もあります。金投資の場合、金を保有し続けても金利や配当は一切ありません。

資産を長期的に守りたいという方には適切な投資法ですが、金価格の上下で収益が決まるので、これはデメリットに分類することができるでしょう。

◇為替相場の影響
金取引は基本的にドル建てですので、金相場は容易に為替相場の影響を受けます。時として金価格が急落することもありますので、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

金投資への見方

以上、金投資のメリットとデメリットを列挙しましたが、金投資にも注意点がありますから、購入して終わりというわけにはいきません。保守的に資産運用をしたい方は、金投資を検討しても良いでしょう。しかし、資産運用はバランスが大切ですから、金投資一辺倒の資産運用は如何なものかと思います。

金融危機に翻弄される前に仕込んでおくべき、人気の安全資産とは

オリンピックの公式プールは50mプールですが、あのプール3.4杯分しか発掘されていないある高価なものをご存知ですか?それは‘金’です。有事の金とも言われるゴールドですが、それほどまでに希少価値があるからこそ、人は歴史において魅せられてきたのかもしれません。

さらに金を発掘することは不可能ではありませんが、地底数千メートル以下または地上3,000メートル以上に存在しているため、プール1~2杯分あるとも言われる残りの金の発掘は困難を極めています。

希少価値があるだけでなく、産業界での需要が高まっているために、さらに注目度が高くなっているのが現状です。というのも、金は錆びないだけでなく腐敗することもなく、高い電導性もあり、コンピューター関連に電子部品として利用されています。ですから、産業的な需要が高まっており、とりわけ新興国では大いに必要とされているのです。

つまり、金を保有する或いは金関連の投資を手掛けることは、賢明な資産運用法の一つとなるわけです。では、金による資産運用についてさらに詳しく見ていきましょう。

金の魅力とは

以前は英ポンドが世界の基軸通貨だったわけですが、2013年の今も米ドルが基軸通貨として君臨し続けています。この米ドルと金は逆相関にあると言われているのですが、米ドルの価値が下がる(ドル安)ことになれば、「有事の金」の威力を発揮、金に資金が流入し金の価格が高騰します。

一般に、不景気の時は金の価格が高くなる傾向にあり、景気が上向くとリスク・オンで金は売られる傾向にあります。価格変動は比較的激しい金ですが、資産運用のポートフォリオの一部を形成するのに有効な資産だということができるでしょう。

プライム・ショックやリーマン・ショックをきっかけに金価格は高騰しましたが、これからの動向が気になるところです。アメリカや欧州の景気動向や債務状態により上にも下にも動く可能性がありますが、景気が低迷し続けるなら金の価値はますます上がっていくかもしれません。

ポートフォリオに金を組み込もう

定期預金はとりわけ手堅い資産運用法と言われていますが、定期預金だけではなく金や株式投資を含めてトータルでの資産運用を考えるのがセオリーでもあり、重要です。

資産運用は分散投資が欠かせません。リスクを少しでも抑えるために、金投資をどのように行なえるのか、少し学習しておいても損はないはずです。次の記事では、金投資のメリットとデメリットをご紹介致します。

投資信託と定期預金を徹底比較、あなたにぴったりの投資法を探そう

自分にあった資産運用法を探すのに最適なのが「比較」となるわけですが、前回は投資信託のメリット・デメリットをお話ししましたので、ここでは投資信託と手堅い資産運用法と言われる定期預金を比較・検討したいと思います。どちらの運用法が自分に最適なのかという角度で考えると、より相応しい選択ができるでしょう。

投資信託と定期預金の比較

◆元本保証
定期預金は元本保証が付与されており、仮に中途解約したとしても元本は必ず変換されます。しかし、投資信託は対照的で、元本保証はありません。プロが運用するとはいえ、相場の変動などで損失がでればその損失は信託した側にしわ寄せがきます。つまり出資者である個人投資家が損失を被ることになるのです。

◆少額から運用
投資信託は通常の投資ではなかなか手の出ないジャンルに少額から投資できます。日本株式だけでなく、外国株式や外国債、また不動産や金等など、さまざまなジャンルの信託商品が用意されています。それら魅力ある投資先に少額から投資できるのが投資信託の魅力です。

定期預金は、銀行にお金を預けて一定の利息をもらう、これが基本的な運用法であり、銀行にお金を預けるだけですから、投資信託のように投資対象を選ぶということはしません。

◆金利
投資信託の利率は、各商品の分配金がいくらもらえるかによって利率が決定されますが、往々にして定期預金よりも高い利率となっています。つまり、元本に対する利息の割合は相対的に高い金融商品と言えるでしょう。

◆商品の数
先ほども少し触れましたが、投資信託はさまざまなジャンルを投資対象としていますので、投資信託の商品は数えきれないほどあります。ですから、相場動向や金利動向をふまえ、より相応しい商品を探し出すことによって更なる収益アップを狙うことが可能です。

定期預金にも様々な商品があり、各銀行が打ち出すキャンペーンなどはかなり魅力的です。しかし、投資信託の商品の数に比べると少し見劣りするかもしれません。

リスクの程度を忘れるな

投資信託と定期預金を様々な角度から比較・検討しましたが、印象はいかがでしょうか?ある人は、高収益が狙える投資信託がよいなぁ!と思うかもしれませんが、大切な点を忘れてはなりません。それはリスクです。

投資信託は利率も結構高いですが、「リスクと金利は比例する」という大原則を決して忘れてはなりません。確かに定期預金に比べれば投資信託の金利は高いのですが、それだけリスクが高いということです。実際、元本保証がありません。

より手堅い資産運用をお望みであれば定期預金、リスクを覚悟で更なる収益を狙いたいなら投資信託、と考えるのがベストかもしれませんね。それを踏まえて、最善の選択ができるよう願っています。
(⇒ローリスクの資産運用No.1は定期預金!

プロが投資するとは言え、投資信託にも正と負の面があるのをご存知?

ファンドマネージャーに投資を委託する「投資信託」。このことに関しては、前回の記事で基礎知識を得ることができましたね。しかし、基礎知識だけで安心は禁物です。投資信託にもメリット・デメリットがあり、それを踏まえて自分の資産運用を考えなければなりません。

では、以下に投資信託のメリットとデメリットをご紹介致します。

投資信託のメリットとは

◆分散投資
特定の銘柄に集中して投資する投資信託も中にはありますが、基本的に様々な銘柄を投資対象とするため、分散投資が可能となります。投資の基本は分散投資ですが、投資信託を利用するだけでその基本を達成できます。

◆少額から投資ができる
投資信託のほとんどは一口1万円から始められます。1万円から投資できるのがなぜ大きな魅力かと言いますと、個人的に1万円で投資対象となる株式銘柄は少なく、仮にFX取引での資産運用だったとしても1万円では1000通貨単位の取引しかできませんから、かなりローリターン取引となります。

しかし、投資信託であれば1万円~運用でき、運用する側のファンドマネージャーは多くの投資家から集めた資金を運用するわけですから、各人が1万円の信託でもかなりの金額を運用することになります。そう考えると、1万円からの少額投資には大きなメリットがあるのです。

◆投資のプロが運用
何度も触れていますが、信託されたお金を運用するのはプロの投資家であるファンドマネージャーが運用します。リスクや資金管理を徹底して運用し且つ効率の良い投資を行ないます。素人が運用するよりレベルの高い資産運用が可能になります。

投資信託のデメリットに要注意!

◇元本保証なし
デメリットの一つとして、定期預金のような元本保証はないという点です。プロのファンドマネージャーが運用するとはいえ、相場の変動により損失を出すこともあります。そうなると、信託したお金が元本割れして戻ってくることがありますが、それでも何か保証があるわけではありません。泣き寝入りするしかなく、それが投資信託のデメリットとなっています。

◇予定運用利率に‘騙される’
投資信託を始める前に必ずチェックすることになるのが‘予定運用利率’ですが、それはだいたいどれくらいの利益を得られるかを予想するデータです。しかし、このデータは過去の運用結果に基づいたものですから、次の運用でも必ず利益がプラスになるとは限りません。

ファンドマネージャーはできる限りパフォーマンスの維持に努めますが、いくらプロの投資家とはいえ相場の変動に勝てないこともしばしばあります。

投資信託は魅力的?

以上の通り、投資信託のメリットとデメリットを比較してみましたが、印象はいかがでしょうか?プロの投資家が運用するなら信頼できる!と思うかもしれませんが、元本保証がない点が大きな穴だと思います。本当に自信があるなら保証できるはずですが・・・。
(⇒定期預金は完全元本保証!

しかし、客観的に見て投資信託に魅力はありますから、それらを踏まえて相応しい時に相応しい額だけ利用するのが最善でしょう。

自分に頼らずプロに任せる堅実投資法、投資信託の概要とは

信用して委託することを「信託」と言いますが、投資を信託することはそのまま「投資信託」と呼ばれています。つまり、自分で運用すべき投資をプロに委託することです。これが投資信託の語意となります。では、投資信託の概要について、さらに詳しく見ていきましょう。

投資信託の概要

自分のお金をファンドマネージャーに託し運用してもらう、というのが投資信託の基礎構造ですが、さらに詳しく言うと、投資信託を手がける金融取引会社は、様々な個人投資家から資金を委託され、集まったお金で資産運用を行い、利益がでたらその分を出資した投資家たちに分配するのが投資信託という金融商品です。

ファンドマネージャーは、株式や債券など様々な金融商品で運用していくことになりますが、利益が出るとは限りません。時には失敗することもありますので、利益が出なければ分配金は受取ることができず、最悪元本割れとなることもあるでしょう。

自分で資産運用するかプロに任すか・・・どちらが正しい選択なのか正解はありませんが、セオリーから言えば投資信託の方がローリスクと考えることができるでしょう。

その他資産運用の特徴とは

投資信託と言っても商品はいろいろありますから、数百種類の中から自分の好みで選択可能です。中にはハイリスク商品もありますし、逆にローリスク商品もあります。ファンドマネージャーの腕次第ではありますが、投資信託の対象も非常に重要です。

投資信託は、定期預金の積立預金のような特徴があり、月ごとに一定の金額を信託できます。ですから、預金のような感覚で投資信託を行なえるのが大きな特徴と言えるでしょう。

また、ファンドマネージャーは、信託で集めた資産を一点に集中して運用するのではなく、分散投資を基本として運用します。ですから、リスク分散をしながらの運用となり、リーマンショックのような○○ショックでも起きない限り大きな損失は出にくい運用となるでしょう。

しかしながら、ファンドマネージャーと言っても、不完全な人間です。相場も激しく動くこの時代、時に運用が思うようにいかず損失を被るケースも多々ありますから、元本割れとなる場合もあることを肝に銘じておかなければなりません。気持ち的には貯金と同じように行なえるかもしれませんが、ある程度リスキーな資産運用となります。