ネットバンクの振込手数料と注意点

こんなお得な特長が・・・ネットバンクの振込手数料に注目!

『ネットバンクを利用すれば高金利で定期預金が可能!』

これがネットバンクの一番の醍醐味かもしれませんが、その他に注目せざるを得ない点があります。それは「振込手数料」です。

銀行同行への振込み、他行への振込、ATMを利用しての引出と預入、これら利用時には通常手数料がかかります。少なくとも都市銀行や地方銀行といった一般の銀行を利用すれば、それら振込手数料は必ずかかります。しかし、ネットバンクの一部の銀行では、それらを無料としています。

これら手数料がいくらかどうかは非常に重要ですから、更に詳しく見ていきましょう。

振込手数料はなぜそんなに大切?

以前もマイナス金利についてお話ししましたが、日本の金利はかろうじてプラスではあります。しかし、無いにも等しい程度です。ですから、マイナス金利でないにしても、振込手数料やATM手数料が利息分より高ければ、実質マイナス金利となってしまうというわけです。ですから、ネットバンクの振込手数料やその他手数料は非常に重要なのです。

また、あるネットバンクでは、条件を満たしていないと引出すのも預け入れるのにも手数料がかかる仕組みになっています。マイナス金利になってしまうだけでなく、気分も悪いですよね。自分のお金を「貸してあげている」のに、引き出すのに手数料を取るのはちょっとひどいですよね。

ですから、振込手数料やその他手数料には注目です。

定期預金を始める前にこれを比較!

ネットバンクの金利は間違いなく高金利ですが、手数料もきちんと比較しましょう。もう一度おさらいですが・・・

・振込手数料
・引出手数料
・ATM手数料

金利に加え、上記手数料を徹底比較(最善なのは手数料無料ですが)、あなたに一番合っているネットバンクで定期預金を始めましょう。
(⇒銀行も各種各様、あなたに合った銀行は・・・?

このエントリーをはてなブックマークに追加