ネットバンク普通預金口座の振替について

ネットバンクに問う、都市銀行と同じように口座振替は可能?

定期預金をしながらネットバンク普通預金口座を上手に活用したい、というのが本音でしょう。定期預金をするには、最初に必ず普通預金口座を開設するわけですから、その普通預金口座を遊ばせているのも何かもったいない気がしますよね。では、定期預金と同時に普通預金口座の活用方法をご紹介しましょう。

口座振替で活用しよう

一般の銀行の口座振替と同じで、ネットバンク口座も振替口座として活用可能です。振替の目的は、たいてい以下の項目になります。

・携帯電話代
・クレジットカード代金
・公共料金振替

これら料金を口座振替で払えば、普通預金口座を遊ばせずに有効活用することができます。

ネットバンクの選別がカギ

しかしながら、ネットバンクの中には携帯電話料金やクレジットカード代金の口座引き落としができても、公共料金の引き落としには対応していない銀行があります。ですから、自分がどの料金を自動で引き落としたいかによって、選択する銀行が変わるでしょう。

しかし、金利も会社によって様々ですし、元々はと言えば定期預金のための普通預金口座。定期預金の金利が高くても、公共料金の口座振替が無理なら開設の意味がない・・・と思うかもしれません。定期預金の金利が高く、尚且つ公共料金の口座振替を可能にするにはどうしたら良いのでしょうか?

これならどのネットバンクを利用しても有効!

とっておきの方法は、すべての支払いをクレジットカード払いにすることです。携帯電話代や公共料金費用すべてをクレジットカード払いにし、そのクレジットカード代金を普通預金口座での引落しにすれば良いのです。そうすると、普通預金口座を有効活用できるだけでなく、もう一つの特典があります。

それは、クレジットカードのポイントが貯まる点です。定期預金で金利収入、普通預金を有効活用、クレジットカードのポイントも貯まる。これほどの有効活用方法はありません。定期預金をしながら「副収入」を得て、心も懐も温めましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加