ネットバンクのセキュリティ対策について

セキュリティ対策はどうなっている?ネットバンクの安全性とは

定期預金をする時に利用する銀行として2つの選択肢があることを以前学びました。一つは都市銀行や地方銀行という一般の銀行、もう一つは実店舗を持たないネット上のネットバンク。それぞれにメリットがあると思いますが、ネットバンクを利用する上で気になるのがセキュリティ対策です。

基本的にすべての操作をネット上で行うため、安全性に関して何か問題はないのか気になるのが本音ですが、ここではネットバンクのセキュリティ対策に関して見ていきたいと思います。

しっかりしているネットバンクのセキュリティ対策

ネットバンクのセキュリティ対策として様々な方法が採用されています。

・秘密の質問
ログインする時に、通常のパスワードに加え「秘密の質問」の答えを打ち込むようにしているネットバンクがあります。口座を開設したときに秘密の質問とその答え(例えば、母親の旧姓は?・・・タナカ)を設定し、ログイン時にその答えを正しく打ち込んで初めてログインできるというシステムです。

・ワンタイム・パスワード
ネットバンクでの取引を行なう時、その時にしか利用しない一度きりのパスワード、つまり「ワンタイム・パスワード」が指定したメールアドレスに送られてきて、そのパスワードを打ち込むことによって初めて取引が可能になるシステムです。通常のパスワードと違い盗まれることがないので、安心できるセキュリティ対策となっています。

・確認メール
ログインした時や入金・出金があった時に、指定したメールアドレスに確認メールが届くシステムを採用しているネットバンクがほとんどです。不正アクセスがあったとしてもすぐに気づきますので、確認メールシステムは非常に有効です。

・取引限度額の設定
一日内で取引できる限度額を設定しているネットバンクがほとんどで、限度額を自分で設定できます。自分の利用スタイルに応じて限度額を設定できますし、仮に不正アクセスがあったとしても被害額を根本的に抑えることが可能なわけです。

結論として言えるのは・・・

以上の通り、ネットバンクのセキュリティ対策は万全を期していますので、安心して利用することが可能です。ネットバンクならセキュリティ対策だけでなく更なるメリットが豊富ですから、ネット環境を整え可能な限りネットバンクで定期預金を始めたいものです。
(⇒ネット銀行最大の特長はこれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加