ネットバンクの概要と一般銀行との違い

どうせ定期預金をするなら、こんな銀行で運用するのはいかが?

定期預金を始めるのに欠かせないこと、それが利用する銀行の選択です。銀行を選択し口座を開設しなければ定期預金は始められません。そこで考慮したいのが、定期預金を運用する上で重要な選択肢となる【ネットバンク】です。ネットバンクとは一体何なのか、具体的に見ていきましょう。

ネットバンクとは

ネットバンクとは、ネット上にある銀行のことで、たいていの場合実店舗を持たない、或いは持っていたとしても数店にすぎません。ネット上にある銀行を通称ネットバンク、又はネット専業銀行と呼ばれています。

ネットバンクと、一般の銀行のインターネットバンキングは別物であることも理解しておきましょう。ネットバンクはあくまでもネット上にメインバンクがある銀行ですが、一般の銀行のインターネットバンキングは、ネットを介して自分の口座での取引を行なうことです。

また、一般の銀行のネット支店というのもありますが、便宜を図る上で設立された支店で、基本的サービス内容は実店舗と変わりません。あくまでも支店がネット上にあるだけですから、一般の銀行のネット支店とネットバンク(ネット専業銀行)には相違があり、その区別もしっかりしておきましょう。

金利がお得なのはどっち?

定期預金を始める上で、やはり気になるのが「金利」ですね。では、一般の銀行の金利とネットバンクのではどちらの金利が高いのでしょうか?一般的に金利が高いのはネットバンクと言われています。ネットバンクの大きな特長は、実店舗がほとんどないため人件費があまりかからず、その分高めの金利を設定できる点です。

金利だけを比較するならネットバンクが有利ですから、その点を考慮して口座開設・定期預金の運用を行なうと良いでしょう。

その他ネットバンクの優位性とは

上述したように、人件費がかからない分その他のサービスにも力を入れることができるのがネットバンクの強みです。ネットバンクは実店舗がない代わりに、提携銀行のATMを利用してお金の預入や引出を行ないますが、そのATM利用時の手数料が無料、またはかなり少額に抑えられています。

ですから、トータルでの利用コストがかからない点は、ネットバンクの優位な点と言えるでしょう。

実店舗がなく、パソコンの画面上だけで取引をするのはどことなく不安を感じたり、或いはセキュリティ面でのリスクを指摘する方も少なくありません。しかし、それらセキュリティ面での技術も向上し、ネット犯罪に巻き込まれるようなことはほとんどありませんから、安心して利用できる状況が整っていると言えるでしょう。

それらの点をふまえ、優位性のあるネットバンクでの定期預金を一つの選択肢として考えることをオススメしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加