ネットバンクの魅力である高金利について

都市銀行と比較すると・・・ネットバンクの意外な特長とは

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも24時間取引可能なネットバンク。このネットバンクの最大の魅力は何と言っても「高金利」な点でしょう!なぜネットバンクの金利は高いのか、ネットバンクの魅力に迫ります。

ネットバンクが高金利な理由とは

ネットバンクの金利を都市銀行や地方銀行のものと比較すると、往々にして高い傾向にあります。その理由として挙げられるのは以下の通りです。

◆経費が安い
ネットバンクの特徴の一つは実店舗がないため人件費を含む経費が相対的に安い点です。人件費が安ければその分お客へのサービスに回すことができ、結局は高金利につながっているわけです。また、実店舗があるのとないのとでは様々な経費が全く異なります。

実店舗を持つという事は、店舗を大小問わず建設することになりますし、その店舗を維持するのには税金がかかります。そこで仕事をするには電気代や水道代などの経費もかかります。その実店舗を持たない=経費削減になるのです。

◆ATM設備費の削減
ネットバンクのほとんどは銀行独自のATMを持たないことがほとんどです。コンビニなどのATMを利用させてもらい、その分ATM設備費を削減しているのです。その結果、ATM手数料が無料または少額に設定でき、設備費を削減した分、金利を高めに設定できるというわけなのです。

なぜ高金利がお得?

ネットバンクが高金利な理由はだいたいお分かりいただけたと思いますが、なぜ高金利だとお得なのかがよく分からない・・・という方がもしかしたらいるかもしれませんね。金利に関する基礎知識は以前ご紹介しましたが、定期預金における金利の定義は、預金者が銀行へお金を貸すレンタル料、と言えます。
(⇒銀行の金利と利息の計算方法はこちら

長期間お金を貸した分レンタル料をたくさん貰えるというのが金利の概念ですから、金利が高い方がお得なのは言うまでもないというわけです。金利がお得なネットバンク、さっそくネットバンクで定期預金を始めるのは如何でしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加