定期預金を始める前にすべきこととは

ここから運用が始まる!定期預金の前に必ずすべき事とは

定期預金の基礎を学び定期預金とは何かだいたい習得することができました。さて、いざ定期預金を開始!というにはちょっと早すぎます。定期預金で資産運用するには、その前に必ずすべきことがあるのです。それは・・・

◆銀行の比較
◆金利の比較

以上2点を比較し、現在考え得る最高の状況で定期預金を始めることにしましょう!

銀行の比較

銀行を大きく分類すると、都市銀行などの一般銀行とネットバンクの2つに分類できるというのは、ご存知かもしれません。
(⇒ネットバンクの定期預金とは

どちらの銀行の方が金利が高いかだけでなく、どんなキャンペーン金利が実施されているか徹底的に調べましょう。キャンペーン金利を抜きにすれば、ネットバンクの方が往々にして金利が高い傾向にありますが、キャンペーン金利に関しては各種各様です。

一般の銀行、ネットバンクに関係なく高金利のキャンペーンが時折実施されますし、ユニークな定期預金商品も提供されます。そうしたキャンペーン金利とキャンペーン商品を徹底的に洗い出し、自分のニーズに一番合っている銀行で定期預金を始めれば良いのです。

金利の比較

金利は常に上下するもので、経済状況も密接に絡んできますし、季節要因も考慮しなければなりません。現在の各銀行の金利を比較するだけでなく、ここ1年ほどの金利状況をグラフ化し、運用開始時期としてベストな時期を判断しましょう。

各銀行の金利を調べグラフ化するのは簡単な作業ではないかもしれません。しかし、定期預金の収益は金利にかかっています。金利の高低が手元に入ってくる利益に直接影響を及ぼしますし、日本の金利状況はお世辞にも良いとは言えません。低金利が続く中で、少しでも高い金利の銀行で預金を行なうのが、賢明な資産運用となるのです。

ちょっとの努力が利益という見える形で返ってきますから、しっかり金利の比較を行うことにしましょう。

以上、銀行と金利の比較のポイントお分かりいただけたと思います。定期預金を始める前にそれをしっかり行うことが賢明な資産運用のコツとなりますので、先ずは比較調査を行い、それから定期預金を始めることにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加