貴方の資産運用に最適の定期預金は

多様な商品が発売されている定期預金、貴方の資産運用に最適なのは?

資産運用に最適な定期預金

資産運用として挙げられるのが、まず、預金と言えましょう。預金でも、単に長期間下ろさずに普通預金で預けておく方法もありますが、金融機関の商品には必ず資産運用に適した商品があり、その中で最もポピュラーなのが、定期預金であると言えましょう。

現在は、中央銀行(日本銀行)の超低金利政策の影響で、定期預金に付く金利も非常に低いのが現状です。しかし、普通預金よりは、ある程度の長期間預け入れしておくと、定期預金の方が金利が高く設定されます。

定期預金の開設は1万円からOK

定期預金を開設する場合、預ける事の出来る最低金額は、金融機関により異なりますが、大多数の金融機関は、1万円単位から定期預金を開設する事が可能です。普通預金より、定期預金は中途解約の時期が長く設定されており、何時でも中途解約出来ないと言う点が、普通預金との大きな相違点と言えます。

例えば、月々1万円づつ定期預金をした場合、1年で12万円プラス金利が付きます。金融機関によっては、半年経過すれば中途解約して、資産運用に充当する事が出来る商品も多く発売されています。1年間経過して12万円プラス金利がつけば、中途解約して、いざと言う時に資産運用に充てる。定期預金は、この様な使い方も可能です。

中途解約も可能

しかし、折角定期預金を開設したのならば、ある程度金利が付くまで待ってから、預金を解約する方が、資産運用には適しています。何万円も定期預金に入金しまってはいざという時に不安だという人は、1万円程度の金額で、中途解約の出来る定期預金を開設して、懐具合により、追加入金をする事をお勧めします。

この様に、一口に定期預金と言っても、金融機関によって様々な商品が発売されています。中途解約の予定が生じる可能性のある人は、中途解約が可能な商品を、満期まで待てると言う人は金利の高いタイプの商品を、それぞれ、自分自身に合った商品を選択する事が、定期預金を上手く資産運用に充てる手段と言えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加