定期預金の利息が高めのネット銀行

定期預金の利息はネット銀行の方が高いって本当?なぜなの?

定期預金の利息がとにかく低い!そんなうわさを、あなたは聞いたことがありますか。

定期預金の利息は現在どのくらいなのでしょうか。高い利息でお金を預けることはできないのでしょうか。

定期預金の利息は現在このくらい!

定期預金をするとなると、まずは思い浮かぶのは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの都市銀行かもしれませんね。名前が売れていて、大変大きな銀行なので、定期預金も安心して預けられそうです。

しかし、それらの都市銀行の定期預金の利息は、現在、非常に低いのです。預ける年数によっても多少は違いますが、どの都市銀行も横並びで「0.02%」「0.03%」くらいというのが現実です。

景気のよいオーストラリアのドルの定期預金の利息が「5%」「6%」はくだらないということを考えてみると、日本の定期預金の低金利にはため息が出てしまいますね・・・。

しかし、外貨定期預金にしなくても、日本の銀行の中で多少は金利が高いところがありました。

ネット銀行だと利息が高め

最近主流になりつつあるネット銀行。あなたは、利用したことがありますか。

各種手続きやお金の管理をネット上ですべて行うことができる、忙しい現代人に合わせた銀行。それがネット銀行です。「セブン銀行」や「ソニー銀行」など、一度は耳にしたことがある銀行の名前ばかり。

店舗型の銀行に比べて、無店舗で銀行を営業しているネット銀行の方が金利が高めにつくというのです。

さきほどの都市銀行の金利と比較してみましょう。ネット銀行の利息は、各銀行によって多少は違いますが、「0.2%」「0.3%」など、ひと桁も違うんですね。ひと桁違えば、長くたくさんあずければだいぶ違ってきますよね。

ネット銀行はアヤシイ?なぜ利息が高いの?

しかし、窓口のないネット銀行ときくと、なんとなく怪しげ・・・なイメージを持ってしまいませんか。その上に金利も高いとなると、おいしすぎる話なのでは?なんて思ってしまうかも。

でも、心配する必要はありません。ネット銀行は、店舗がなく、したがって、人件費なども節約できます。専門のATMもなく、提携ATMでのみ手続きができるために、機械を新しく作る費用もそこまでかかりません。

いろいろな経費を削減しているからこそ、ネット銀行はそのぶんを利息に回すことができるのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加