三井住友銀行の定期預金のメリットや特徴

三井住友銀行の定期預金は他のネット銀行などよりも安心なのか

あなたは、大手の都市銀行、三井住友銀行の定期預金を利用したことがありますか。大手の銀行だからこそのメリットはなんなのでしょうか。また、最近ウワサの、ネット銀行と比較するとどうなのでしょうか。

三井住友銀行の定期預金の特徴

三井住友銀行の定期預金には、「スーパー定期」と「大口定期」の2種類があります。スーパー定期では1円以上から預けることができて、1000万円未満まで預けることができます。一方、大口定期では、1000万円以上のお金を預けて運用することができます。

どちらの定期預金も、1ヶ月から10年まで自由に期間を設定できるので、あなたの目的に合わせて、期間を決められるのが便利ですね。

また、定期預金ではないけれど、お金をしっかり貯めるという目的で三井住友銀行を使いたいあなたには、「積立預金」がオススメです。

結婚資金や住宅購入資金などを計画的に貯めるお手伝いを、三井住友銀行がしてくれます。手元にあると、お金はどんどん使ってしまいがちですよね。銀行に預け入れておけば、無駄なものに使わなくて済みます。

三井住友銀行の金利

現在は、どこの都市銀行でも同じような低金利を叩きだしてしまっているのが現状です。景気がよければ、定期預金の金利もどんどん上がりますが、残念ながら現在の日本では定期預金の金利はあってないような利率なのです。

三井住友銀行もそのひとつです。0.025%ほどの低金利であるために、長く預けてもほとんどお金は増えないと考えられています。

ネット銀行と三井住友銀行を比較してみる

三井住友銀行のような都市銀行とネット銀行を比較してみると、金利はネット銀行の方が高いことがわかります。ネット銀行では、店舗がなく経費を削減できるため、その分を金利に回せるのです。ですから、金利の面だけを考えると、三井住友銀行よりもネット銀行での定期預金の方が有利と考えられます。

しかし、サービスの充実度は、ネット銀行よりも三井住友銀行の方が高いといえるでしょう。窓口でのていねいな接客はネット銀行にはのぞめません。また、歴史のある三井住友銀行の信頼感はなにものにも代えがたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加