各金融機関の金利アップキャンペーン

「もっと金利アップしないかな~?」注目!各金融機関のキャンペーン

金利アップキャンペーン

中央銀行(日本銀行)の超低金利政策により、超低金利時代の現代にあっても、各金融機関は、定期預金の金利アップキャンペーンを張っています。例えば、「じぶん銀行」は、2012年12月から2013年1月末日までの申し込み分に限り、金利を従来より0.1%アップの0.65%(税引き前金利)に引き上げて、顧客獲得を図っています。

堅実な経営で知られる地方銀行の「静岡銀行」では、2012年11月1日~2013年2月28日の16時受付分まで、同行に口座を開設している顧客向けに、定期預金の金利を、1年預け入れ商品で0.45%、3年預け入れ商品で0.50%に引き上げています。

「東京スター銀行」では、10万円からの預け入れで、1週間と言う短期間の定期預金の金利を、0.25%(税引き前金利)としています。1週間経過してもさらに預け入れる事が可能な商品で、継続は自動的に更新されます。

全国の「セブン銀行」、「ゆうちょ銀行」のATM、MICS(全国キャッシュサービス、Multi Integrated Cash Service)の表示のある全国の提携金融機関ATMを利用する事が可能となっています。ただし、インターネット限定商品のため、店舗での取り引きは出来ません。

ネットバンクに多いキャンペーン

この様に、各金融機関、特に、ネットバンクが、定期預金の金利引き上げキャンペーンを張っており、インターネットで検索をかけて行くと、様々な商品がヒットします。手元にボーナスなどのまとまった金額がある人は、各金融機関が多様なキャンペーンを張っているこの時期に、定期預金の開設を検討してみるのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加