クレジットカード延滞、定期預金で心配なし

残高不足でクレジットカードの引き落としが!定期預金があれば大丈夫

クレジットカードの引き落とし時に普通預金が残高不足でも、定期預金があると安心

普通預金にある程度まとまった金額がある場合、定期預金を開設すると得策ですが、超低金利時代の現代にあっては、普通預金の金利が都市銀行で概ね0.02%、定期預金を開設しても、預け入れ期間1年の商品で金利は0.03%程度の商品が多数を占めますから、定期預金の開設をしない人も増加しています。

ただ、定期預金を開設しておくと、貯蓄性では、はやり定期預金に軍配が上がります。また、クレジットカードの支払いは、普通預金から引き落としています。定期預金を開設しておくと、万が一、普通預金口座が残高不足に陥ってしまった場合、貸し付けを行ってくれますので、クレジットカード等の支払い延滞事故を起こしてしまう事もありません。定期預金を開設しておくと、安心です。

定期預金は担保としての扱いも

クレジットカードの審査に通りにくい自営業、フリーターなどの人は、どこかの銀行に定期預金を開設しておくと、その銀行系のクレジットカードを容易に作る事が可能となります。何故かと言うと、定期預金を開設しておく事は、銀行は担保とみなすからで、定期預金の開設と同時に、クレジットカードも作りたい旨を申し出ると、容易にクレジットカードを所持する事が出来るのです。

この様に、定期預金はクレジットカードを作る際の担保としても有効ですし、銀行から融資を受ける際に、不動産などの物的担保と、保証人と言った人的担保が必要となるのと同時に、担保として、融資を受ける銀行に定期預金を開設する事が条件とされる場合も多く、手元にある程度まとまった金額がある場合、定期預金は、1つは開設しておくと、その貯蓄性の他に、何かと便利な側面も持ち合わせています。

このエントリーをはてなブックマークに追加