資産運用としての国債

手軽に始められる資産運用は定期預金?それとも国の保証付きの国債?

定期預金と国債の相違点

定期預金と国債のと相違点は、金利の生じ方にあります。定期預金は、預け入れ時の金利が継続する固定金利制です。個人向け国債(個人のみが購入・保有できる国の債券)は、5年物は固定金利制の設定となっていますが、10年物の国債は半年ごとに金利を見直し、変動します。

金利面では圧倒的に個人向け国債が、定期預金の金利を上回っています。従って、金利による収入を見ると、個人向け国債の方がより多くの金利が生じます。個人向け国債は、上記の通り、5年物は固定金利制が適用されますが、変動金利制が適用される商品も発行されており、金利は市中金利により変動します。金利が上昇すれば受け取り可能金利も、当然、増加します。

定期預金と国債の中途解約の制限にも相違点はがあります。定期預金が、諸般の事情により中途解約が可能なのに対し、個人向け国債は発行から1年から2年は、中途解約は出来ません。また、定期預金はいつでも契約可能である商品であるのに対し、国債の発行時期は、商品により定まっていると言う大きな相違点があります。

定期預金と国債との最も大きな相違点は、定期預金を保証するのが民間金融機関であるのに対して、国債を保証するのが国である点と言えましょう。国債は、国に預け入れる、売買可能な定期預金と考えれば分かりやすいでしょう。

定期預金と国債両商品ともに低リスク

投資の対象としては、定期預金より国債の方がリスクが高い言われていますが、両商品の相違点を鑑みると、数多い投資商品の中では、両商品共に、安全度の高い商品であると断言出来ましょう。

定期預金は貯蓄、国債は債券という相違点はありますが、両商品ともに、リスクの低い、安全性の高い利息収入を目的とした金融商品として、資産運用に広く用いられていると言えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加