結婚資金としての定期預金の利用

何時か結婚するでしょう?結婚資金として利用しない手はない定期預金

結婚資金を定期預金でまかなう

若年層では、ボーナスの支給時に、定期預金を開設する事で、結婚資金を用意している人が多いと推測されます。月給が手取りで20万円程度、プラス夏期と冬期のボーナスが1~2か月分程度見込める懐事情でしたならば、結婚資金として、2~3年程度を費やして100万円程度を貯める事が出来、その分を結婚資金として、定期預金を開設する事が可能でしょう。

ボーナスは、会社の業績次第で支給金額が決定されますので、毎回、一定の額を支給されるわけではありません。そこで、予想より多く支給された時期には、予想より多く支給された金額を貯金に回すと、順調にまとまった金額を定期預金に回す事が可能となります。

ネットバンクや各種キャンペーンの利用

定期預金の開設時には、ネットバンクなどの方が、市中銀行より高めの金利設定となっている場合が多いので、結婚資金の様に預金の目的が明確な場合は、ウエブサイト上から、自分自身に最も適した定期預金の開設を行っておくと良いでしょう。

市中銀行、ネットバンクであれ、インターネットで検索すると、何がしかのキャンペーンにヒットします。どの金融機関(銀行)でも、1年に数回は、定期預金の金利アップキャンペーンを張っていますので、これらのキャンペーンを利用しない手はありません。ネットバンクを利用すると、金利アップキャンペーンを張っていない期間でも、それぞれのネットバンクが用意している「特典」に与る事の可能となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加