貴方にピッタリの預金の選び方とは

先々の入用のため?学資?貴方にピッタリの預金の選び方とは?

定期預金は金利や目的などを目安に選択

定期預金は、将来生じるであろう入用のために、開設する人が多いでしょう。また、万が一、満期前に入用が生じた場合に使えるように開設する人もいるでしょう。定期預金を開設する際には、数ある商品の中から金利など目安に選択するのが良いでしょう。また、可能ならば目的別(学資資金、住宅購入の頭金など)に分けて、開設する事をお勧めします。

この様に、将来必要となるであろう金額を逆算し、毎月の積立額を決めるのが、定期預金の賢明な利用方法と言えます。つまり資金の目的などを鑑みて開設する様にすると良いでしょう。

超長期の商品か短・中期の商品か

資金の目的と性質をしっかりと考える事で、超長期の定期預金を開設するか、あるいは、いざというときは現金化しなければいけない場合が想定される場合は短・中期的な商品を選択するか、定期預金を活用する場合、目的によって、選択する商品を使い分ける事が肝要です。

超低金利時代の現在にあっても、原則的に、商品によっては、定期預金は預金額に応じて金利が増加する作りとなっています。当然、預金額が100万円、300万円、1000万円以上と大きくなる程、金利は高くなります。金利の変動を受ける商品の中には、100万円を1年間預金して、1.1%の高い金利が生じる商品も発売されています。一方で、金利を考慮した場合、満期まで金利が変動しない商品もあります。

ペイオフ制度の適用

定期預金にはペイオフ(預金保険制度)という制度が適用されます。これは万が一、金融機関(銀行、信用金庫等)が破綻した場合、預金者の預金を守るための制度です。定期預金の場合、元本と生じた利息が保証されます。ですから、金利、運用目的等を加味して、定期預金は安心して商品を選択する事が可能なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加