ペイオフの意味と定期預金との関係

銀行だって破綻するかも?緊急時に役立つペイオフを知っておこう

銀行の預金に関して、「ペイオフ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、この制度は私たち預金者を保護するものとなっています。とりわけこれから定期預金を始める方には大いに関係がありますから、ここでペイオフに関する知識を深めておきましょう。

ペイオフとは

ペイオフとは預金保険制度のことで、金融機関が破たんした時に預金者を保護する目的で設立されたものです。2005年4月からペイオフが全面解禁となったわけですが、このペイオフ制度があると・・・

【元本1000万円以下の預金と利息分全額が保護】

されます。預金者はこうした恩恵を受けられ、ペイオフ制度の最大の魅力とも言えるでしょう。また、預金保険制度とは言うものの、預金者が何か保険金を支払わなければいけないわけではないので、その点に関しては安心です。
(⇒ペイオフに関してさらに詳しく知りたい方はこちら

なぜペイオフ制度が始まったのか

そもそもなぜペイオフ制度が始まったのか、それはバブル崩壊後「失われた10年」を経た日本で、絶対破綻しないと言われた銀行や証券会社が破綻したことがきっかけとなりました。

銀行の相次ぐ破綻が不安をかきたて、預金者が破綻しそうもない銀行に預けている預金を引き出すこともありました。そんな状況をふまえ、銀行と預金のあり方が議論され、ついに2005年にペイオフ制度が全面解禁となったわけです。

1000万円以下の預金は心配なし!

定期預金を始める上で、1000万円以上定期預金をする方はそう多くはいないでしょうけども、1000万円以下の定期預金は銀行が破綻しても全額補償されます。ただし、同じ銀行で複数の口座がある場合、それら口座内の総額が1000万円を超えない場合にペイオフの対象となるので、その点には注意して下さい。
(⇒もしかしたらあなたはペイオフ対象外?

いずれにしろ、1000万円以下の預金が消えることはありませんから、金利やその他のメリットを比較考慮して、自分のニーズに合った銀行で定期預金を始めることにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加