定期預金のつくり方と始め方

こうして始まる定期預金!意外に簡単な定期預金のつくり方とは

定期預金を始めるのに作らなければならない二つのものがあります。それは・・・

◆資金
◆銀行口座

の二つです。その二つがなければ定期預金を始めることはできません。資金は仕事をすれば作り出せるものですが、ここでは銀行口座のつくり方、そして定期預金の始め方をご紹介致します。

ステップ1:口座開設申請

銀行で定期預金をするには、先ず銀行での口座を開設しなければなりません。これが最初のステップであり、一番肝心なこととも言えるでしょう。

銀行口座の開設の仕方ですが、たいてい3通りでの方法で口座開設が可能です。銀行窓口、郵送、インターネットのいずれかで申請可能ですから、自分が利用したい銀行が採用する方法且つ自分の都合に合わせて口座開設申請をすることにしましょう。

ステップ2:預入期間と預入額の選択

口座開設が済んだら、次に自分が運用したい金額と預入期間を選択することにしましょう。銀行は、たいていいくつもの預入期間と預入額を採用し、それによっては金利も異なりますしリスクも若干異なります。これに関しても自分のニーズに応じて選択する必要があるでしょう。

預入期間と預入額の選択が頭の中で済んだら、開設した銀行口座に必要な資金を入れておきます。余談ですが、定期預金は普通預金口座から振り替える形が一般的です。ですから、先ずは普通預金口座に定期預金資金を入れることになります。

ステップ3:条件の確認

定期預金を申込む前に、定期預金の条件を確かめましょう。とりわけ中途解約は可能かどうか、可能ならペナルティ金利はいくらか等、事前に調べておくことがあります。

また、何かキャンペーンを開催していないかどうかのチェックも忘れないでください。銀行は時折キャンペーンを実施し、通常の金利よりお得な金利での定期預金を提供します。それらを活用すればよりお得な定期預金が可能ですから、キャンペーンのチェックを怠らないようにしましょう。

以上3ステップで定期預金を始めることができます。思ったより簡単だと思いませんか?そうなんです、定期預金の始め方は難しくありません。ただし、確認しなければならない項目がありますから、その点に留意すれば誰でも簡単に定期預金を始められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加