定期預金と仕組み預金の徹底比較

定期預金と仕組み預金を徹底比較!二つの金融商品の違いとは

前回の記事で、定期預金と似ているようでかなり違う仕組み預金についてご紹介しましたが、ここでは定期預金と仕組み預金は具体的にどんな相違があるのか、徹底比較したいと思います。

金利が高いのはどっち?

預金をする上で誰もが注目するのが「金利」です。結局のところ、金利が定期預金の最大の醍醐味であり収益を成す部分となっています。ですから、定期預金と仕組み預金の金利を比較しないわけにはいきません。

結論から申しますと、金利に関しては仕組み預金の方がお得です。後で詳しくお話ししますが、仕組み預金は預入期間決定権利を放棄する代わりに高金利を手にすることのできる商品となっています。ですから、金利だけを考えるなら仕組み預金は定期預金より高い収益率であると言えます。

リスクが高いのは?

どんな資産運用をするにしても、リスクのない金融商品はありません。ですから、各金融商品を比較するのに、リスクを考慮しないわけにはいきません。では、定期預金と仕組み預金ではどちらの方がリスクが高いでしょうか?

簡単に言えば、仕組み預金の方がリスクの高い商品となります。定期預金は100%の元本保証付き商品です。仮に中途解約したとしても元本は必ず返金されます。しかし、仕組み預金の場合、中途解約すると違約金が高いため、たいていの場合元本割れとなります。

また、預入期間の決定権利ですが、仕組み預金の決定権利は銀行にあります。ですから、金利状況が変化しても収益率を上げられない仕組み預金は、収益の機会喪失リスクが高い商品となります。しかし、定期預金は預入期間を自由に選択できますし、商品によっては複利運用も可能です。

また、定期預金と違い、仕組み預金はデリバティブ商品(金融派生商品:先物取引、スワップ取引、オプション取引等)を組み込んだ金融商品となっています。預かった預金を銀行がそれら金融商品で運用するわけですから、それなりにリスクが高まります。

以上、比較項目をふまえると、自由で手堅い運用は間違いなく一般の定期預金となります。

堅実に資産運用したいなら定期預金

誰もが資産運用で少しでも高い収益を得たいと思うのは当然ですが、考慮しなければならないリスクとデメリット。それをふまえて金融商品を選択しなければならず、堅実な金融商品で且つ高収益を狙えるのは間違いなく定期預金です。定期預金なら簡単に運用を始められますので、さっそく銀行口座を開設して運用を始めることにしましょう!
(⇒簡単でビックリ!定期預金の始め方とは

このエントリーをはてなブックマークに追加