普通預金の定義及び定期預金との関係

定期預金と実は深い関係!?理解しておきたい普通預金とは

『定期預金が目的だから普通預金には興味がない』

こんな風にお考えの方はいらっしゃるでしょうか。そうだとしたら、その考えには調整が必要です。一般的に普通預金と定期預金は密接な関係がありますし、たいていの銀行ではまず普通預金口座を開設しなければ定期預金を始めることができません。

ですから、定期預金を始めるつもりでも、先ずは普通預金に関する理解を深めておくことは欠かせません。

普通預金とは?

普通預金とは、定期預金と異なり、いつでも入金・出金ができる預金口座のことです。定期預金については以前お話ししましたが、定期預金を始めるときに預入期間が決められ、その期間中は出金原則不可となっていました。しかし、普通預金に関してはそのような規定はなく、自分のお金を自由に動かせることができるのが大きな特長となっています。

普通預金口座の主な目的を挙げると・・・

・給料などの受取り
・公共料金や各種返済の口座振替
・一時的な預貯金

以上の目的のために利用されるのが普通預金口座です。

普通預金のその他特長

普通預金はペイオフの対象となっていますので、1000万以下ならば万が一銀行が倒産しても預金全額戻ってきます。それなら定期預金などせずに、普通預金口座にお金を預けて、必要な時にお金を自由に出し入れした方が良いのでは・・・?と思うかもしれませんね。

しかし、普通預金と定期預金の決定的な差は「金利」にあります。定期預金でお金を預ければ普通預金よりも収益が高くなりますから、資産運用としては普通預金より定期預金がより相応しい手法と言えるのです。

ちなみに普通預金はキャッシュカードでいつでもお金の出し入れが可能です。取引銀行に直接赴いても良いですし、最近では24時間営業のコンビニATMでも取引ができます。

これらをふまえて言えるのは、資産運用なら断然定期預金がお得ですが、流動性のあるお金を預けておきたいなら、普通預金口座での管理がベストです。この二つの口座の違いと用途をしっかり認識しておきましょう。
(⇒定期預金はこうして作れる!

このエントリーをはてなブックマークに追加