定期預金の金利と日本銀行との関係

定期預金の金利と日本銀行が密接な関係にあるって本当?

『定期預金の金利と日本銀行が密接な関係にあるって本当?』

本当です。簡単に言えば、日本銀行が決定する政策金利が定期預金の金利を決めています。金利と日本銀行がどんな関係にあるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

日本銀行の役割とは

日本銀行は、日本の銀行の銀行となっています。というのは、日本の民間銀行は中央銀行に当座預金口座を持っているわけですが、この口座を通して日本銀行とのお金のやり取りをしています。日本銀行にお金を預けたり、お金を借りたりするので、日本銀行は「銀行の銀行」と言えるわけです。

そもそも日本銀行の役割というと、景気を調整したり物価を安定させたり、または日本経済の成長を維持することが主な役割となります。この目的を果たすために、民間銀行との取引を活発に行うことによって金融政策を実施しているわけなのです。

日本銀行は政府とも深いつながりにありますが、基本的には政府とは別の機関です。というのも、政府が日本銀行を牛耳り金融政策を行なうことのないようにするため、日本銀行の公共性を保つように組織されています。もちろん、日本政府との意思疎通がなければ日本の経済動向の行き先に混乱が生じますから、密接に連絡を取り合い、連動して金融政策を行なっていることに違いはありません。

日本銀行と定期預金の金利の関係

日本銀行の役割は上の通りですが、では、日本銀行と定期預金の関係はいかがでしょうか。上述したように、日本銀行は民間銀行にお金を貸したりするわけですが、その時は金利がかかります。

この金利がいわば日本銀行の政策金利となるのですが、この金利が民間銀行の金利に間接的に影響を及ぼしているのです。つまり、日本銀行が民間銀行に貸す際の金利が、定期預金の金利に影響を及ぼしているというわけです。

日本銀行はやみくもに金利を決めるわけではありません。有識者たちで話し合い、その時の経済動向やインフレ・デフレ状況によって金利を決めています。ですから、日本銀行が決める金利は定期預金の金利に影響を及ぼすだけでなく、日本の経済全体に大きな影響があると言えるでしょう。

以上、日本銀行と定期預金の金利の関係の概要をご紹介しましたが、お分かりいただけたでしょうか。金利の基礎を知ることによって今後の定期金利による資産運用法を賢く立てられますから、金利の基本と日本銀行との関係を覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加