定期預金の基礎知識・マメ知識

名寄せって何?ペイオフと意外な関係にあった名寄せとは

あってはならないことですが、万が一銀行が破綻した場合、私たちの預金がペイオフの対象となるかどうかチェックが入ります。具体的に言うと「名寄せ」が行われるわけです。ペイオフの名寄せとは一体何でしょうか?詳細を説明していきたいと思います。

名寄せとは?

銀行が破綻し預金保険制度のペイオフ方式が採用されると、金融機関が「名寄せ」を行ないます。個人・法人に関係なく同名義人の預金額を調査しまとめること、これを名寄せと言います。名寄せされた預金者に対して払い戻しが行われるわけです。

名寄せは、同じ銀行のすべての口座を対象に行われます。ですから、別支店の口座に預金を分けていたとしても、同一名義人の預金は一まとめとして計算されるわけです。つまり、M銀行のA支店とB支店それぞれに700万円の預金を行なっていたとしたら、合計1400万円の預金者として名寄せが行われるわけです。

ですから、同銀行別支店の口座に預金を分けることはペイオフ対策とはなりませんので、注意が必要です。

名義を変えれば大丈夫?

では、ペイオフ対策として、家族の名義を借りて預金すればペイオフの対策となるのでしょうか?これは少し難しい問題なのですが、単に家族の名義を借りただけの預金は「借名預金」と言われ、ペイオフの対象とはなりません。

しかし、基本的に、夫婦や親子はそれぞれ別個の預金者として名寄せされますので、それぞれの口座がペイオフの対象となります。現在の預金口座がどのような類のものかによってペイオフの対象となる場合もありますし、そうでないケースもあるでしょう。ひとまずここでは借名預金は避けなければならないということは、最低限覚えておきましょう。

また、余談ではありますが、預金の名義を別名義に変更すると、贈与税が課されることもありますので、税金面での注意も必要です。

事業用と個人用の預金は如何に?

個人経営をしている方は、事業用の銀行口座と個人用の口座が分かれているかもしれません。では、事業用と個人用の口座が同一の銀行の場合、名寄せはどうのように行われるでしょうか?

結論から申しますと、事業用と個人用口座は別々に名寄せされません。同一人の預金として名寄せされますので、合算して1000万円を超える場合には注意が必要です。事業用と個人用の銀行口座は、銀行そのものを分けるのが一つの対策法となるでしょう。

あなたはペイオフ適用になる?ペイオフ対象外の可能性も有り!

ここでペイオフについて簡単におさらいですが・・・

・利息の付かない銀行口座の預金全額
・利息の付く銀行口座は、1名義人につき上限1000万円とその利息が対象

以上がペイオフの対象でした。これらを参考に預金とその対策を立てれば良いわけですが、ペイオフの対象外となる口座もついでに覚えておくのは非常に賢明です。では、以下にペイオフの対象外口座について説明していきたいと思います。

ペイオフの対象外口座とは

ペイオフの対象となる金融機関は、日本国内にある金融機関(銀行、信用金庫、労働金庫等)の口座です。ですので、外国に本店がある在日支店の銀行口座や、日本国内に本店のある銀行の海外支店は【対象外】となります。まずはこの点を覚えておきましょう。

ペイオフの対象となる口座は以前ご紹介しましたが、普通預金や定期預金、貯蓄預金、当座預金、決済用預金口座でした。しかし、普通預金や定期預金、貯蓄預金は利息が付く口座ですから、1名義人につき1000万円以下がペイオフの対象です。
(⇒ペイオフの対象口座の詳細について

ここで覚えておきたいのはこれら預金口座はすべて円口座であり、外貨預金ではない、という点です。つまり、外貨預金はペイオフの対象外となり、銀行が破綻した場合に全額返還される保証はありません。破綻した銀行の清算見込み額によって払い戻しが行われますので、全額払い戻される保証はないのです。
(⇒外貨預金の詳細について

さらに気を付けたい注意点とは

それなら円建てで1000万円以下の預金であるなら問題はない、と考えがちですが、さらに気を付けたい点があります。上述しましたが、1名義人につき1000万円以下の預金とその利息が保証されるのがペイオフです。つまり、同じ銀行で利息の付くすべての口座の預金総額が1000万円以下ならばペイオフの対象となるということです。

M銀行に定期預金500万円、普通預金600万円していたとしましょう。M銀行が破綻した場合、まずは普通預金の600万円とその利息分が払い戻しされ、次に定期預金の400万円とその利息分が払い戻されます。定期預金の残りの100万円とその利息については、銀行の清算見込み額によっては消失してしまう可能性があるというわけです。

ですから、同じ銀行に預金をする場合には、必ず1000万円以下にとどめること。もし1000万円を超えて預金をしたいなら違う銀行に預金をすること。これがペイオフの対策法となりますので、しっかり覚えておいて下さい。

私はペイオフの恩恵に与れるのか?気になるペイオフの対象とは

定期預金をする時に欠かせない「ペイオフ」への理解ですが、ペイオフに関しては概要をお伝えしましたね。では、あなたが今保有している銀行口座はペイオフの対象になるのでしょうか?ここで、ペイオフの対象になるものを一挙ご紹介致します。

ペイオフ対象口座

以下、ペイオフの対象となる口座を列挙したいと思います。

◆普通預金口座
◆定期預金口座
◆貯蓄預金口座
◆当座預金口座
◆決済用預金口座

上記の口座すべてペイオフの対象となりますが、上3つの普通預金口座、定期預金口座、貯蓄預金口座に関しては、1000万円以下の預金全額+利息分が保険の対象となります。下2つの当座預金口座と決済用預金口座については、全額保証となります。

ペイオフの注意点

上記口座ならペイオフの対象だと思って、自分の預金をテキトーに取り扱うと痛い目にあうことがあるかもしれません。というのは、普通預金、定期預金、貯蓄預金口座はすべて利息がつく口座ですが、利息の付く口座は、1口座名義につき1000万円以下がペイオフの対象です。

つまり、普通預金口座に500万円、定期預金口座に700万円入れておいて銀行が破綻した場合、あなたの預金総額は1200万円ですから、ペイオフの対象となるのは1000万円のみです。超えた200万円分は返還されない可能性があるという事です。ですから、1口座に1000万円以下なら問題がないわけではないのです。大切なポイントは・・・

【同じ銀行で利息の付くすべての口座(普通預金、定期預金、貯蓄預金)に1000万円以下】

以上がペイオフの対象となりますので、誤解のないようにしましょう。

預金1000万円以上ある人の対策法とは

では、預金が1000万円以上ある人は、どんな対策法を立てたら良いのでしょうか?少なくとも以下の二つの方法がありますから、その対策法をご紹介します。

・同じ銀行の複数の口座に預金したい場合、1000万円を超える分は利息の付かない口座(当座預金・決済用預金)に入金する
・一銀行での預金額を1000万円にとどめ、1000万円を超える分は他の銀行に預金する

以上の対策法があれば、利息を貰いながらの定期預金が可能で且つ万が一の場合にも全額預金は戻ってくるでしょう。ペイオフへの理解を深め、賢い対策法を持って預金を行なうことにしましょう。

銀行が万が一破綻したら・・・資金援助方式が作動するので安心!

銀行が破綻したとき、預金保険制度であるペイオフが発動し、預金者の預金が1000万円以下に限り全額保護されることは、以前学びましたね。しかし、預金保険制度は、実はペイオフだけではなかったのですが、もう一種の預金保険制度をご存知でしたか?

では、ここで預金保険制度に関する詳細を見ていくことにしましょう。

資金援助方式

預金保険制度は、ペイオフと「資金援助方式」の2つの仕組みから成る制度となっていますが、資金援助方式とはどんな救済方式なのでしょうか。資金援助方式を簡単に説明すると、破綻した銀行の資金や業務が受け皿となる銀行に移される方式となります。

しかし、銀行が破綻して、破綻した銀行の受け皿となってくれる銀行がすぐに見つかるわけではありません。その場合、先ずは承継銀行(ブリッジバンクとも呼ばれる)が選定され、その承継銀行が破綻した銀行の業務を行い、それと同時に受け皿銀行を探すことになります。

なぜそのような資金援助方式が採用されるのか、それは混乱を防ぐためです。銀行の破綻=信頼の破綻となりますから、預金者は一斉に銀行に詰め寄り、自分の預金を引き出そうとします。そうなると、その混乱が他銀行にまで影響を及ぼし、関係のない企業の資金繰りにまで影響がでます。そうした一連の混乱を防ぐための仕組み、それが資金援助方式なのです。

資金援助方式とペイオフ方式の違いとは

資金援助方式とペイオフ方式の相違点は、破綻した銀行が消滅するか否かという点です。資金援助方式の場合、破綻銀行が国の管理下になるだけで消滅はしません。しかし、ペイオフ方式の場合、破綻した銀行は消滅します。もちろん、預金保険機構が預金1000万円以下の払い戻しを行なってくれますので、心配は要りません。

以上のように、預金保険制度には「資金援助方式」と「ペイオフ方式」の2種類があること、お分かりいただけたと思います。銀行が破綻したとき、まずは資金援助方式が採用され、最悪ペイオフ方式が採用されることになっています。

定期預金を始め銀行に預金を行なっている人すべての保護となる制度ですから、安心して定期預金を始められますね。

銀行だって破綻するかも?緊急時に役立つペイオフを知っておこう

銀行の預金に関して、「ペイオフ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、この制度は私たち預金者を保護するものとなっています。とりわけこれから定期預金を始める方には大いに関係がありますから、ここでペイオフに関する知識を深めておきましょう。

ペイオフとは

ペイオフとは預金保険制度のことで、金融機関が破たんした時に預金者を保護する目的で設立されたものです。2005年4月からペイオフが全面解禁となったわけですが、このペイオフ制度があると・・・

【元本1000万円以下の預金と利息分全額が保護】

されます。預金者はこうした恩恵を受けられ、ペイオフ制度の最大の魅力とも言えるでしょう。また、預金保険制度とは言うものの、預金者が何か保険金を支払わなければいけないわけではないので、その点に関しては安心です。
(⇒ペイオフに関してさらに詳しく知りたい方はこちら

なぜペイオフ制度が始まったのか

そもそもなぜペイオフ制度が始まったのか、それはバブル崩壊後「失われた10年」を経た日本で、絶対破綻しないと言われた銀行や証券会社が破綻したことがきっかけとなりました。

銀行の相次ぐ破綻が不安をかきたて、預金者が破綻しそうもない銀行に預けている預金を引き出すこともありました。そんな状況をふまえ、銀行と預金のあり方が議論され、ついに2005年にペイオフ制度が全面解禁となったわけです。

1000万円以下の預金は心配なし!

定期預金を始める上で、1000万円以上定期預金をする方はそう多くはいないでしょうけども、1000万円以下の定期預金は銀行が破綻しても全額補償されます。ただし、同じ銀行で複数の口座がある場合、それら口座内の総額が1000万円を超えない場合にペイオフの対象となるので、その点には注意して下さい。
(⇒もしかしたらあなたはペイオフ対象外?

いずれにしろ、1000万円以下の預金が消えることはありませんから、金利やその他のメリットを比較考慮して、自分のニーズに合った銀行で定期預金を始めることにしましょう。

こんな金融商品もあるのか、外貨仕組み預金をご紹介!

円仕組み預金は、受取時の通貨が「円」と決まっているのですが、それとは対照的に受取通貨が定まっていない流動型の仕組み預金があります。それが「外貨仕組み預金」です。外貨仕組み預金とはどんな預金なのか、具体的に解説していきたいと思います。

外貨仕組み預金とは

まず、はっきりさせておきたいのは、仕組み預金は円建てであっても外貨建てであっても定期預金よりリスクの高い金融商品となります。仕組み預金は定期預金とほとんど変わらない金融商品と誤解されがちですが、そんなことはありませんので、最初にその点を確認しておきたいと思います。
(⇒定期預金と仕組み預金の違いとは

ここで詳しくご紹介する外貨仕組み預金ですが、外貨仕組み預金の最大の特長は、受取通貨が外貨の場合がある、という点です。必ず外貨になるとは限りません、外貨になるオプション付きと考えて良いでしょう。

外貨仕組み預金のその他特長は、預入期間、金利、受取通貨種類が預金前に確定されていない流動型タイプがあるという点です。簡単に言えば、金利が高い分、預入期間や受取通貨の決定権を銀行に譲渡する、と考えられます。

外貨仕組み預金には、満期特約型と元本通貨変動型の2種類があり、それぞれ特徴が異なりますから、その点をさらに詳しく見ていきましょう。

満期特約型と元本通貨変動型

<満期特約型>
・金利:預金開始の時点で設定、変更なし
・預入期間:変更あり
・受取通貨:預入通貨と同じ通貨
・中途解約:原則不可

<元本通貨変動型>
・金利:預金開始の時点で設定、変更なし
・預入期間:変更なし
・受取通貨:預入通貨と違う通貨へ変更の可能性あり
・中途解約:原則不可

以上のように、外貨仕組み預金にも種類があり、それぞれに特長があることお分かりいただけたと思います。どちらの種類に関しても言えることですが、不確実性が高い金融商品となっており、その分金利が高い商品であるということです。それなりのリスクとデメリットを覚悟しなければなりません。

一般の定期預金

外貨仕組み預金は金利が高いというメリットはあるものの、一般の定期預金よりもリスクが高く、堅実な資産運用をしたいならやはり定期預金がオススメです。一般定期預金の概要はと言うと・・・

<一般の定期預金>

・金利:預金開始の時点で設定、変更なし
・預入期間:変更なし
・受取通貨:円
・中途解約:原則不可、しかし元本保証の中途解約可

一般の定期預金と比較すると一目瞭然ですが、安心の資産運用は間違いなく定期預金です。余裕資金を手堅く運用するための賢い選択ができることを願います。

仕組み預金にもいろいろあった、円仕組み預金ってどんな商品?

仕組み預金とはどんな金融商品なのかは、前回までの記事でお分かりいただけたと思いますが、仕組み預金には円仕組み預金というものがあります。円というのは日本円のことですが、なぜ円仕組み預金という商品があるのか、具体的に説明していきたいと思います。

円仕組み預金とは

円仕組み預金とは、簡単に言えば一般の仕組み預金と変わりません。なんで「円」という文字を仕組み預金に付けているかというと、外貨仕組み預金という金融商品があるからです。外貨仕組み預金と区別をつけるために円仕組み預金という言葉があると考えていただいてOKです。

外貨仕組み預金は円仕組み預金とどう違うのか、それはまた後程お伝えできればと思います。
(⇒外貨仕組み預金の詳細はこちら

円仕組み預金の概要

円仕組み預金は文字どおり円での取引となりますので、満期で受取れる金額すべて円で受取ることになります。もちろん利息も円で受取れます。

円仕組み預金の最大のメリットは、高金利という点でしょう。現在、普通預金の金利は無いにも等しいものですが、それに比べたらかなり高い金利となっています。定期預金よりも高金利ですから、収益率を上げたい方にはメリットのある資産運用法となります。

申込時や満期時に手数料がかかることはほとんどありませんが、中途解約には多額の違約金(解約手数料)を支払うことになります。ですから、たいていの場合は元本割れとなりますので注意が必要です。

ただし、銀行が破綻した場合は別で、ペイオフ制度が適用になります。1000万円までの元本と利息は預金保険の対象となりますので、その点は安心して運用ができるでしょう。ただし、仕組み預金に限らず、資産運用はあくまでも余裕資金で行うものです。余裕資金が1000万円もある方は、仕組み預金よりもさらに相応しい資産運用方法があると思われます。

預入期間は?

円仕組み預金の預入期間は、たいてい3~10年、または5~10年というものが多いです。なぜ、3~5年のように期間に幅があるのかというと、最低契約期間と最大契約期間を銀行と契約するからです。

最低期間が3年で最大10年の場合、3年経過したときから1年ごとに契約を延長するか否か、銀行から伝えられることになります。契約延長ならその分金利が高くなることがほとんどですが、契約解除となるとその時点で預金契約終了となり、利息を加えた元本が返金されます。

大切なポイントは、預入期間は預金者が決めるのではなく銀行に決める権限があるという点です。景気状況によっては、預金者が損することやリスクを背負うこともありますので、注意が必要です。

定期預金と仕組み預金を徹底比較!二つの金融商品の違いとは

前回の記事で、定期預金と似ているようでかなり違う仕組み預金についてご紹介しましたが、ここでは定期預金と仕組み預金は具体的にどんな相違があるのか、徹底比較したいと思います。

金利が高いのはどっち?

預金をする上で誰もが注目するのが「金利」です。結局のところ、金利が定期預金の最大の醍醐味であり収益を成す部分となっています。ですから、定期預金と仕組み預金の金利を比較しないわけにはいきません。

結論から申しますと、金利に関しては仕組み預金の方がお得です。後で詳しくお話ししますが、仕組み預金は預入期間決定権利を放棄する代わりに高金利を手にすることのできる商品となっています。ですから、金利だけを考えるなら仕組み預金は定期預金より高い収益率であると言えます。

リスクが高いのは?

どんな資産運用をするにしても、リスクのない金融商品はありません。ですから、各金融商品を比較するのに、リスクを考慮しないわけにはいきません。では、定期預金と仕組み預金ではどちらの方がリスクが高いでしょうか?

簡単に言えば、仕組み預金の方がリスクの高い商品となります。定期預金は100%の元本保証付き商品です。仮に中途解約したとしても元本は必ず返金されます。しかし、仕組み預金の場合、中途解約すると違約金が高いため、たいていの場合元本割れとなります。

また、預入期間の決定権利ですが、仕組み預金の決定権利は銀行にあります。ですから、金利状況が変化しても収益率を上げられない仕組み預金は、収益の機会喪失リスクが高い商品となります。しかし、定期預金は預入期間を自由に選択できますし、商品によっては複利運用も可能です。

また、定期預金と違い、仕組み預金はデリバティブ商品(金融派生商品:先物取引、スワップ取引、オプション取引等)を組み込んだ金融商品となっています。預かった預金を銀行がそれら金融商品で運用するわけですから、それなりにリスクが高まります。

以上、比較項目をふまえると、自由で手堅い運用は間違いなく一般の定期預金となります。

堅実に資産運用したいなら定期預金

誰もが資産運用で少しでも高い収益を得たいと思うのは当然ですが、考慮しなければならないリスクとデメリット。それをふまえて金融商品を選択しなければならず、堅実な金融商品で且つ高収益を狙えるのは間違いなく定期預金です。定期預金なら簡単に運用を始められますので、さっそく銀行口座を開設して運用を始めることにしましょう!
(⇒簡単でビックリ!定期預金の始め方とは

似ているけどちょっと違う?定期預金とは違う仕組み預金をご紹介

預金を始めるときに預入期間を決めるのが一般的な定期預金ですが、それとちょっと似ている預金方法があります。それが「仕組み預金」です。定期預金と仕組み預金には共通点もありますし相違点もあります。では、具体的に仕組み預金とはどんな資産運用方法なのか見ていきましょう。

仕組み預金とは

仕組み預金は、長期間お金を銀行に預けるという観点から言えば定期預金と同じですが、預入期間は基本的に銀行が決めるという点が大きな相違点となっています。

一般の定期預金は、1年、2年、3年、5年等々、預入者が預入期間を決める権利を有しています。しかし、仕組み預金は、基本的に銀行が満期を決める権利を持っていて、その分通常の定期預金よりも高い金利で預金をすることができる金融商品となっています。
(⇒定期預金と仕組み預金を徹底比較!

仕組み預金のメリットとデメリット

仕組み預金の最大のメリットは、なんといっても「高金利」でしょう。満期時期を決める権利を手放す代わりに、高い金利を受取るというのが仕組み預金の醍醐味となっています。

しかし、仕組み預金のデメリットは小さくありません。満期時期を預金者は決められないという点は、大きなデメリットでありリスクとなります。例えば、最大10年満期の仕組み預金があったとしましょう。5年が経った時点で銀行は預金を満期とするか、それとも預金を延長するか選択できます。

仮に、仕組み預金開始から5年後、一般の金利状況が上向きにあり、その他銀行の金利の方が高くなったとしても、仕組み預金の金利は基本的に変わりません。そうすると、他の銀行で得られるはずの収益が得られなくなるというリスクが生じるのです。得られるはずの利益が得られない資産運用は、お世辞にも成功とは言えません。

仕組み預金は、原則元本割れはありませんが、途中解約すると元本割れが生じます。ですから、金利は高い分リスクも高い金融商品となっているというわけです。

定期預金よりもリスクの高い商品である仕組み預金、もし仕組み預金で資産運用したいなら、通常の定期預金よりも更なる余裕資金での運用が必須となります。最低5年以上は手元になくても大丈夫な余裕資金があれば、仕組み預金という金融商品も一つの選択肢になるかもしれません。

こうして始まる定期預金!意外に簡単な定期預金のつくり方とは

定期預金を始めるのに作らなければならない二つのものがあります。それは・・・

◆資金
◆銀行口座

の二つです。その二つがなければ定期預金を始めることはできません。資金は仕事をすれば作り出せるものですが、ここでは銀行口座のつくり方、そして定期預金の始め方をご紹介致します。

ステップ1:口座開設申請

銀行で定期預金をするには、先ず銀行での口座を開設しなければなりません。これが最初のステップであり、一番肝心なこととも言えるでしょう。

銀行口座の開設の仕方ですが、たいてい3通りでの方法で口座開設が可能です。銀行窓口、郵送、インターネットのいずれかで申請可能ですから、自分が利用したい銀行が採用する方法且つ自分の都合に合わせて口座開設申請をすることにしましょう。

ステップ2:預入期間と預入額の選択

口座開設が済んだら、次に自分が運用したい金額と預入期間を選択することにしましょう。銀行は、たいていいくつもの預入期間と預入額を採用し、それによっては金利も異なりますしリスクも若干異なります。これに関しても自分のニーズに応じて選択する必要があるでしょう。

預入期間と預入額の選択が頭の中で済んだら、開設した銀行口座に必要な資金を入れておきます。余談ですが、定期預金は普通預金口座から振り替える形が一般的です。ですから、先ずは普通預金口座に定期預金資金を入れることになります。

ステップ3:条件の確認

定期預金を申込む前に、定期預金の条件を確かめましょう。とりわけ中途解約は可能かどうか、可能ならペナルティ金利はいくらか等、事前に調べておくことがあります。

また、何かキャンペーンを開催していないかどうかのチェックも忘れないでください。銀行は時折キャンペーンを実施し、通常の金利よりお得な金利での定期預金を提供します。それらを活用すればよりお得な定期預金が可能ですから、キャンペーンのチェックを怠らないようにしましょう。

以上3ステップで定期預金を始めることができます。思ったより簡単だと思いませんか?そうなんです、定期預金の始め方は難しくありません。ただし、確認しなければならない項目がありますから、その点に留意すれば誰でも簡単に定期預金を始められます。