ゆうちょ銀行の各定期預金の紹介

他の銀行とは一味違う、日本が誇るゆうちょ銀行の定期預金とは

今ではゆうちょ銀行という名前ですが、ゆうちょ銀行の歴史は明治時代から始まっており、日本が誇る老舗の銀行と言えるでしょう。詳細は以前の記事をご覧くださいね。
(⇒貯金、預金と日本の歴史の関わりについて

ここでは、ゆうちょ銀行が取扱う定期預金の中から、代表的な商品をご紹介したいと思います。

定期貯金

預入金額:1000円以上1000円単位
預入期間:1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年
利息:預入期間3年未満は単利運用、3年以上は複利運用で計算
満期時の取扱:自動解約、元利自動継続または元金自動継続の中から選択

こうしてみると、他行と条件はほぼ同じ、あえて言うならば、預入金額が1000円単位である点に相違が見られますね。

自動積立定期貯金

通常貯金(一般の銀行の普通預金口座にあたる)から自動で毎月積み立てる定期預金、それが「自動積立定期貯金」です。詳細は以下の通りです。

預入金額:1000円以上1000円単位
積立金額:1000円以上/回(1000円単位)
積立期間:最初の積立日から6年以内
利息:預入期間が3年未満のものは単利、3年以上の場合は半年複利で計算

毎月少しずつ貯金したい方、貯金して且つ運用したい方には向いている商品です。

まだまだある他の定期預金商品

上では2種類の定期預金をご紹介しましたが、他にもまだまだ商品はあります。例えば・・・

◆担保定期貯金
◆満期一括受取型定期貯金
◆ゆうちょ年金定期
◆ニュー福祉定期貯金

などなど種類は豊富です。それぞれの定期預金商品をよく調べ、自分のニーズや今後のフィナンシャル・プランに合った商品で貯蓄・運用することにしましょう。

ゆうちょ銀行は、国のバックアップがあると思うだけで安心の銀行・・・と感じる方もいるでしょう。しかし、今後はさらに民営化が進んでいくかもしれません。どの銀行で定期預金するにしろ、金利を含む様々な角度で銀行を調査・比較し、最善と思われる銀行で定期預金を始めれば、納得の資産運用となるでしょう。
(⇒金利がお得なのは、間違いなくネットバンク!

このエントリーをはてなブックマークに追加