オリックス銀行の定期預金について

オリックス銀行ってどんな銀行?利用するのにメリットはある?

イチローがCMをやっていることで有名なオリックス銀行ですが、オリックス銀行は1993年8月、バブルがはじけて間もない「失われた10年」の期間中に設立された銀行です。資本金450億円、オリックス株式会社が100%出資する銀行で、財務基盤は非常にしっかりしている銀行として評判です。

では、オリックス銀行の定期預金の概要はどのようになっているでしょうか?詳しく見ていくことにしましょう。

オリックス銀行の定期預金

オリックス銀行のインターネット取引専用定期預金、通称「eダイレクト預金」ですが、国内に住んでいて且つオリックス銀行のeダイレクト普通預金口座を持っている方なら、誰でも定期預金を組むことが可能です。

定期預金は3種類あり、それぞれの預入額は以下の通りです。

◆スーパー定期:100万円以上300万円未満
◆スーパー定期300:300万円以上1000万円未満
◆大口定期:1000万円以上

預入期間は、6カ月、1年、2年、3年、5年となっており、その他ネットバンクと比較すると選択肢は少ないですね。例えば、以前に紹介した住信SBIネット銀行の預入期間は「1カ月、2カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年」から選択できます。

また、満期後の預金取扱に関してですが、その他銀行と同じで3つの中から選択することになります。

・元利自動継続(元本と利息を継続して定期預金)
・元金自動継続(元金のみ継続して定期預金)
・自動解約(満期で契約解除)

オリックス銀行のメリットを挙げると・・・

各銀行には各種各様の特長があるわけですが、オリックス銀行のメリットを挙げるならば、高金利という点でしょう。ネットバンクは往々にして高金利なのですが、その中でも常に上位ランクインするほど高金利に設定されています。とりわけ5年の定期預金金利は往々にして高い傾向にあります。

そのため、長期間の定期預金をオリックス銀行で運用する方が少なくなく、人気を呼んでいます。長期間の定期預金を考えている方は、オリックス銀行を選択肢の一つに入れておくのは必須かもしれませんね。もちろん金利は常に変動しますから、定期預金を始めるときに金利の確認は怠らないように。
(⇒金利が上下する理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加