みずほ銀行の主な定期預金商品について

メガバンクの一角みずほ銀行、どんな定期預金が取扱われている?

みずほ銀行は日本が誇る有数の銀行ですが、みずほ銀行ではどんな定期預金商品が取り扱われているでしょうか。ここで、簡単に各商品をご紹介したいと思います。

みずほスーパー定期

スーパー定期には2種類ありまして、「みずほスーパー定期」と「みずほスーパー定期300」があります。簡単に言えば預入額の違いで、スーパー定期は1円以上300万円未満の定期預金、スーパー定期300は300万円以上の定期預金となっています。

その他預入額などの条件はほぼ同じです。預入期間は1カ月、2カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、10年から選択できますし、1か月超10年未満で満期日を指定することも可能です。

注意点ですが、店頭窓口とインターンネット支店の金利は異なります。もちろんインターネット支店の方が金利がお得ですから、その点は忘れないようにしましょう。以前もご紹介しましたが、ネットバンクまたはインターネット支店の金利は優遇されていることが一般的です。
(⇒ネットバンクって何?って思う方はこちら

みずほ大口定期預金

他のメガバンクと同じで、大口定期預金もしっかり用意されています。個人・法人問わず利用可能な定期預金です。預入期間は上記スーパー定期と変わりませんが、大口定期預金の突出している点は、預入額が1000万円以上、という点でしょう。

もちろん利息が付く定期預金ですから、万が一の場合1000万円以上の元本と利息分が返還されない場合があります。よく考えて利用することをオススメします。
(⇒1000万円以上の定期預金とペイオフの関係とは

その他定期預金商品

・みずほ変動金利定期預金
3年間の定期預金商品で、半年ごとに適用金利が見直される定期預金となっています。実勢金利が反映される定期預金と言えるでしょう。

・みずほ期日指定定期預金
最低1年最長3年の複利運用が定期預金です。最低預入期間1年を経過すれば、いつでも満期日指定可能となります。

・みずほ据置型定期預金
半年間(最長5年)の複利運用型定期預金です。最低預入期間である6カ月を経過すればいつでも引出可能です。

以上、みずほ銀行の定期預金商品を簡単にご紹介しましたが、お客のニーズに応じた様々な定期預金商品が取り扱われていること、お分かりいただけたと思います。

ただし、上述しましたが、金利に関してはネットバンクの方が断然お得です。それらネットバンクの金利と比較して定期預金は始めるのが何よりも賢明な選択となるでしょう。
(⇒ネットバンクの金利はなぜお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加