ジャパンネット銀行の定期預金について

手軽に作れて満期まで賢く運用したいなら、この銀行の定期預金!

三井住友銀行とヤフーが大株主として出資する銀行、それがジャパンネット銀行です。いわゆるネットバンクの一角ですが、ジャパンネット銀行の取り扱う定期預金はどのような概要となっているのか、以下簡単にご紹介致します。

ジャパンネット銀行の定期預金

商品名がネット定期となっているジャパンネット銀行の定期預金ですが、定期預金を作成するのに先ずは普通預金口座開設が前提となります。

預入期間は、1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、5年、7年、10年となっており、満期日を指定するタイプの定期預金もあります。預入額は1万円以上1円単位となっており、これは以前に照会したセブン銀行の条件と同じですね。

満期後は3つの選択によって預金が扱われることになります。

①元利自動継続
②元金自動継続
③自動解約

元利自動継続と元金自動継続の違いについて簡単に説明いたしますが、元利自動継続は元金と利息の両方を同期間、定期預金として自動継続することを指し、元金自動継続は元金だけを新たに同期間の定期預金として預金することを指しています。その場合、利息は普通預金口座で振り込まれます。

ちなみに自動解約とは、満期で定期預金契約が終了となり、元金と利息すべてが普通預金口座に振り込まれます。満期日指定の定期預金をすると、上記の①と②の選択肢はなく、自動解約となることを覚えておきましょう。

ジャパンネット銀行のメリット

ヤフーオークションをする方は、ジャパンネット銀行利用での参加が非常に便利です。ヤフー株式会社が出資しているだけあって、ポイントや振込などの面において優遇されている銀行口座となっています。

使ってみると分かると思いますが、非常に便利でスムーズな取引が可能となります。ヤフーオークションをしている方又はこれからしたい方は、ジャパンネット銀行の開設に大きなメリットがあると言えるでしょう。

その他、ネットバンクならではの高金利定期預金となっていますし、何かと使いやすいジャパンネット銀行ですから、手軽に賢く定期預金をしたいと言うなら、ネットバンクの一員ジャパンネット銀行も一つの選択肢となるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加